検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

フォームに自動入力する

Chrome の自動入力機能を使うと、オンライン フォームに情報が自動的に入力されるので、自分で入力する手間を省くことができます。

お支払いフォームの入力後に、クレジット カード情報を保存するかどうかを確認するメッセージが表示されることがあります。Chrome の自動入力機能に情報を追加する場合は、[保存] をクリックします。

メールアドレス、電話番号、その他の情報を追加または編集する

住所を保存すると、自動入力機能では次の情報が保存される可能性があります。

  • 名前
  • 組織
  • 国、郵便番号、州 / 都道府県、都市 / 区町村郡、番地
  • 電話番号
  • メールアドレス

保存された情報は、いつでも追加、変更、削除することができます。

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 画面右上で、その他アイコン その他 次へ [設定] の順にクリックします。
  3. 下の方にある [詳細設定] をクリックします。
  4. [パスワードとフォーム] で [自動入力の設定] をクリックします。
  5. 次の方法で住所を追加、編集、削除します。
    • 追加: [住所] の横の [追加] をクリックします。
    • 編集: 編集する住所の右側で、その他アイコン その他 次へ [編集] の順にクリックします。
    • 削除: 削除する住所の右側で、その他アイコン その他 次へ [削除] の順にクリックします。

注: Google ペイメントに保存されている住所は、自動入力設定から削除することはできません。住所を変更または削除するには、[編集] をクリックしてログインした後、Google ペイメントで操作します。

クレジット カードを追加または編集する

Chrome の自動入力機能にクレジット カード情報を保存しておくと、購入情報を入力する手間を省くことができます。

  1. Chrome を開きます。
  2. 画面右上で、その他アイコン その他 次へ [設定] の順にクリックします。
  3. 下の方にある [詳細設定] をクリックします。
  4. [パスワードとフォーム] で [自動入力の設定] をクリックします。
  5. 次の方法でクレジット カードを追加、編集、削除します。
    • 追加: [クレジット カード] の横の [追加] をクリックします。
    • 編集: 編集するクレジット カードの右側で、その他アイコン その他 次へ [編集] の順にクリックします。
    • 削除: 削除するクレジット カードの右側で、その他アイコン その他 次へ [削除] の順にクリックします。

Chrome にログインしている場合は、Google ペイメントに保存されているカードと住所もフォームに表示されます。詳しくは、ペイメントにカードを追加するをご覧ください。

注: クレジット カードが Google ペイメントに保存されている場合は、payments.google.com でクレジット カードを管理できます。

オンライン ショッピングでクレジット カードを自動入力する

オンライン ショッピングで支払い方法を指定する際には、Chrome と Google ペイメントに保存したクレジット カードがプルダウン リストに表示されます。

フォームへの入力時に自動入力候補が表示されない場合、そのウェブサイトは自動入力を使用するのに十分安全ではない可能性があります。

詳しくは、クレジット カード情報の保存と保護に関する Google のポリシーをご覧ください。

買い物の際のクレジット カードの確認

カードを選択した後、CVC 番号の入力を求められることがあります。最初の入力で番号を間違えた場合はもう一度入力することができます。2 回続けて入力に失敗した場合、再度入力するにはしばらく時間を置く必要があります。

Chrome で毎回カードの確認を行わなくても済むようにするには、確認を無効にします。

  1. フォームへの入力時に、自動入力候補の中から使用するクレジット カードを選択します。
  2. CVC 番号の入力を求められたら、入力します(CVC 番号は通常、クレジット カードの裏面に記載されています。American Express カードの場合、CVC 番号は表に記載されています)。
  3. [このデバイスにこのカード情報のコピーを保存する] チェックボックスをオンにします。
  4. [確認] をクリックします。

自動入力機能と Google ペイメントにクレジット カードを保存する

Chrome にログインしている場合は、Google ペイメントに保存されているカードと住所も自動入力候補として表示されます。

デフォルトでは、自動入力機能に保存したカードは Google ペイメントにも保存されます。

自動入力機能に保存したクレジット カードがペイメントに保存されないようにするには、同期オプションを無効にします。Chrome では支払い情報が引き続き保存されます。

  1. Chrome を開きます。
  2. 画面右上で、その他アイコン その他 次へ [設定] の順にクリックします。
  3. 上部にある [ユーザー] で [同期] をクリックします。
  4. [Google ペイメントのクレジット カードと住所] をオフにします。

自動入力設定の情報を削除する

フォームの入力時に自動入力候補が表示された場合、その場で削除できます。

  1. プルダウンでキーボードの矢印キーを使って、自動入力候補を選択します。
  2. 次の方法で削除します。
    • Windows: Shift+Delete キーを押します。
    • Mac: shift+fn+delete キーを押します。

自動入力設定で項目を削除することもできます。

特定の自動入力項目を削除する
  1. Chrome を開きます。
  2. 画面右上で、その他アイコン その他 次へ [設定] の順にクリックします。
  3. 下の方にある [詳細設定] をクリックします。
  4. [パスワードとフォーム] で [自動入力の設定] をクリックします。
  5. 削除する項目の右側で、その他アイコン その他 次へ [削除] の順にクリックします。

注: Google ペイメントに保存されている項目は、自動入力設定から削除することはできません。この項目を変更または削除するには、[編集] をクリックしてログインした後、Google ペイメントで操作します。

自動入力の項目をすべて消去する
  1. Chrome を開きます。
  2. 画面右上で、その他アイコン その他 をクリックします。
  3. [その他のツール] 次へ [閲覧履歴を消去] の順にクリックします。
  4. [次の期間のアイテムを消去] の横で期間を選択します。すべての履歴を削除するには [すべて] を選択します。
  5. [自動入力フォームのデータ] チェックボックスをオンにします。他にも消去するデータタイプがある場合は選択します。
  6. [閲覧履歴データを消去する] をクリックします。

自動入力を無効にする

保存した個人情報がフォームへの入力時に毎回表示されないようにする場合は、自動入力機能を無効にできます。

  1. Chrome を開きます。
  2. 画面右上で、その他アイコン その他 次へ [設定] の順にクリックします。
  3. 下の方にある [詳細設定] をクリックします。
  4. [パスワードとフォーム] で [自動入力の設定] をオフにします。

「ログイン情報は保護されません」または「お支払い情報は保護されません」というメッセージについて

「ログイン情報は保護されません」または「お支払い情報は保護されません」というメッセージが表示される場合は、安全性に関するステータスをご確認ください。

  • 情報 保護されていません: このサイトでは、パスワードやクレジット カードなどの機密情報を入力しないようにしてください。サイトのより安全なバージョンにアクセスできるかお試しください。
  • 危険 危険: このページでは個人情報や機密情報を入力しないようにしてください。できれば、サイト自体、利用しないことをおすすめします。詳しくは、危険なサイトに関する説明をご覧ください。

関連リンク

このページを作成した Google Chrome のエキスパートに下からフィードバックを送信し、この記事の改善にご協力ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。