「Google Chrome がクラッシュしました」

問題

Google Chrome が予期せずに強制終了すると、このエラーが表示されます。

解決策

ブラウザを再起動する

Google Chrome では、可能な場合に前回のセッションが復元されます。

Internet Download Manager をインストールしている場合

Internet Download Manager をインストールしている場合は、IDM バージョン 6.03 ベータ版に更新するか、[Options] > [General] に移動して [Advanced browser integration] オプションを無効にします。

競合しているソフトウェアがあるかどうか確認する

アドレスバーに「about:conflicts」と入力して、Windows で競合しているソフトウェアがあるかどうかを調べることができます。Google Chrome のクラッシュの原因となることがわかっているソフトウェアがインストールされている場合は、このページ上でそのソフトウェアがハイライト表示されます。競合を解決するための推奨方法がある場合はその情報も表示されます。多くの場合、競合しているソフトウェアはウイルス対策ソフトウェアを使用して削除する必要がある不正なソフトウェアです。

ブラウザのユーザー プロフィールを新しくする必要があるかどうかを確認する

このエラー メッセージが繰り返し表示される場合は、ブラウザのユーザー プロフィールが破損している可能性があります。まず次の手順で「User Data」フォルダから「Default」サブフォルダを移動して、問題が解決するかどうかを確認します。

  1. キーボード ショートカットの Windows キー +E を使って Windows エクスプローラを開きます。
  2. 表示される Windows エクスプローラのウィンドウで、アドレスバーに次のように入力します。

    Windows

    • Windows XP: %USERPROFILE%\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\User Data\
    • Windows Vista/Windows 7/Windows 8: %LOCALAPPDATA%\Google\Chrome\User Data\

    Mac OS X: ~/Library/Application Support/Google/Chrome/Default

    Linux: ~/.config/google-chrome/Default

  3. [OK] をクリックします。
  4. 表示されるウィンドウで「Default」フォルダの名前を「Backup」に変更します。
  5. 「Backup」フォルダを「User Data」フォルダから 1 つ上の階層の「Chrome」フォルダに移動します。

引き続きエラーが表示される場合は、新しいユーザー プロフィールを作成し、現在のユーザー プロフィールと置き換えてみてください。

保護されているシステム ファイルに問題がないかどうかを確認する

  1. [スタート] > [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. SFC.EXE /SCANNOW」と入力します(SFC.EXE/SCANNOW の間にはスペースを入れます)。Microsoft のユーティリティが起動し、保護されているシステム ファイルのスキャンと問題の修復が行われます。

Google Chrome を起動し、エラー メッセージがまだ表示されるかどうかを確認します。

上記を行っても問題が発生する場合は、Chrome プロダクト フォーラム で問題を報告してください。

Google Chrome で使用統計データと障害レポートを Google に自動送信するよう設定して、クラッシュ防止に向けた改善にご協力ください。

この記事は役に立ちましたか?
はい
いいえ