Chrome でパスワードをインポートする

Chrome で、他のアプリから Google パスワード マネージャーにパスワードをインポートできます。

ステップ 1: パスワードを .csv ファイルとしてエクスポートする

重要: Google パスワード マネージャーには、.csv ファイル形式のパスワードのみインポートできます。Google 以外のアプリから .csv ファイルとしてパスワードをエクスポートするには、そのアプリのドキュメントをご確認ください。

パスワードをエクスポートする方法については、次のリソースをご覧ください。

ヒント: パスワードが正しい形式であることを確認するには、エクスポートしたパスワード ファイルの 1 行目に次の列名が含まれているかどうかを確認してください。

  • “url”
  • “username”
  • “password”

含まれていない場合は、ファイルを更新し、1 行目に列名として "url"、"username"、"password" を追加します。

ステップ 2: パスワードをインポートする

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン その他 次へ [パスワードと自動入力] 次へ [Google パスワード マネージャー] 次へ [設定] を選択します。
  3. [パスワードをインポート] で [ファイルを選択] をクリックします。
  4. インポートする .csv ファイルを選択します。
  5. 画面上の手順に沿ってインポートを完了します。

ヒント: 一度に 3,000 件のパスワードをインポートできます。3,000 件を超えるパスワードをインポートする場合は、複数の .csv ファイルに分割し、個別にインポートします。Google アカウントでは最大 10,000 件のパスワードを保存できます。

ステップ 3: .csv パスワード ファイルを削除する

重要: パスワード ファイルを削除しない場合、デバイスを使用できるユーザーであれば誰でもファイルを開いてパスワードにアクセスできます。

パスワード ファイルを削除するには、デバイスのドキュメントをご確認ください。

安全でないパスワードがあるかどうかを確認する

パスワードをインポートしたら、それらのパスワードがデータ侵害により漏洩していないか、脆弱で推測されやすい可能性がないかどうかを確認できます。パスワードを管理する方法について

関連リソース

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー