在宅勤務からオフィス勤務に戻すことをご検討中のお客様は、Chrome OS の活用方法をご覧ください。

Chrome キオスクアプリの設定を管理する

この記事は、Chrome 管理者と Chrome アプリの開発経験があるデベロッパーを対象としています。

管理者は、管理コンソールを使用して Chrome キオスクアプリをカスタマイズできます。たとえば、キオスクで実行している Chrome のバージョンをアプリで管理したり、デジタル サイネージでキオスクアプリを自動的に起動したりできます。

Chrome デバイスでキオスクアプリを自動起動する

キオスクアプリを自動的に起動するように設定すると、Chrome OS 搭載デバイスを単一の用途に特化したデバイスとして使用することができます。デバイスには複数のキオスクアプリをデプロイできますが、デバイスの起動時に自動的に起動するように設定できるアプリは 1 つだけです。たとえば、ユーザーがキーボードとマウスを使用せずに操作するデバイスで、アプリが自動的に起動するように設定できます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページで、[デバイス] 次に [Chrome 管理] に移動します。
  3. [アプリと拡張機能] 次に [キオスク] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  5. [自動起動するアプリ] の横で、Chrome デバイスで自動的に起動するアプリを選択します。
  6. [保存] をクリックします。

キオスクアプリで Chrome のバージョンを管理する

Chrome 52 以降でサポートされています。

キオスクアプリで Chrome OS デバイスの Chrome のバージョンを管理すると、アプリやアプリの特定の機能が最新の Chrome リリースと互換性がない場合でも、デバイスの動作を安定させることができます。

次の場合にのみ、キオスクアプリで Chrome のバージョンを管理することをおすすめします。

  • テストのプロセスが Chrome OS アップデートの標準的なサイクル(6 週間)と一致しない場合
  • 安定性に問題が生じるかもしれない重大なリスクがある場合

手順 1: キオスクアプリのマニフェスト ファイルで OS バージョンを設定する

  1. 指定する Chrome OS のバージョンを確認します。
    1. CrOS-OmahaProxy CSV Viewer に移動します。
    2. 組織内で最も多く使用されているデバイスの chrome_version の値をメモしてください。
  2. アプリの manifest.json ファイル内の required_platform_version をその値で設定します。
    例: "required_platform_version”: “8350”
  3. Chrome OS のバージョンが準拠していない場合でもアプリを最新バージョンに自動更新するには、always_update を true に設定します。

この 設定例 では、required_platform_version を 8350 に設定し、アプリの自動更新を常に許可しています。

手順 2: キオスクアプリで Chrome のバージョンを管理する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページで、[デバイス] 次に [Chrome 管理] に移動します。
  3. [設定] 次に [デバイス] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  5. 自動起動のキオスクアプリの場合:
    1. [デバイスの更新設定] 次に [自動更新の設定] に移動します。
    2. [自動更新] メニューで、[自動更新を停止する] を選択します。
    3. [キオスクで更新を管理] までスクロールします。
    4. [キオスクアプリによる OS のバージョン管理を許可する] を選択します。
    5. アプリのマニフェスト ファイルに required_platform_version が記載されていることを確認して [OK] をクリックします。
    6. [保存] をクリックします。
  6. その他のすべてのキオスクアプリの場合:
    1. [デバイスの更新設定] 次に [アプリで更新を管理] に移動します。
    2. [OS のバージョン管理をアプリに許可する] で、[アプリを選択] をクリックします。
    3. Chrome ウェブストアでキオスクアプリを検索します。
    4. [アプリに対して OS のバージョンを固定する] をクリックします。
    5. [保存] をクリックして確認します。

手順 3: ポリシーが適用されていることを確認する

Chrome ポリシーの適用後に設定を有効にするには、ユーザーが Chrome デバイスを再起動する必要があります。管理者は、デバイスにポリシーが正しく適用されているか確認できます。
  1. 管理対象の Chrome デバイスで、chrome://policy にアクセスします。
  2. [ポリシーを再読み込み] をクリックします。
  3. 自動起動のキオスクアプリの場合:
    • AllowKioskAppControlChromeVersion の場合は、[ステータス] が OK で、[ポリシーの値] が true であることを確認してください。
    • DeviceAutoUpdateDisable の場合は、[ステータス] が OK で、[ポリシーの値] が true であることを確認してください。
  4. 特定のキオスクアプリの場合:
    • DeviceTargetVersionPrefix の場合は、[ステータス] が OK に設定されていることを確認してください。
    • DeviceTargetVersionPrefix の場合は、[ポリシーの値] がアプリのマニフェスト ファイルの required_platform_version に設定されている値と同じであることを確認してください。

一般的な使用方法

次の表では、デバイスの Chrome のバージョン管理を行うようキオスクアプリが設定されている場合のさまざまな事例について説明しています。
事例 結果

アプリのマニフェスト ファイルに required_platform_version マニフェスト キーが記載されていない場合

デバイスは、Chrome OS の最新バージョンが利用可能になると、最新バージョンに自動更新されます。

アプリのマニフェスト ファイルで、required_platform_version に無効な値が設定されている場合

アプリ デベロッパーがアプリを読み込もうとすると、chrome://extensions にエラー メッセージが表示されます。Chrome ウェブストアからアプリをインストールまたは更新するには、required_platform_version に有効な値が指定されている必要があります。

required_platform_version に、デバイスの現在のプラットフォーム バージョンより小さい値が指定されている場合

アプリはインストールされますが、required_platform_version をデバイスの現在の OS バージョンより大きな値に更新しない限り、デバイスの OS は更新されません。

注: Chrome ウェブストアから初めてアプリをインストールするときに required_platform_version の値が確認されますが、デバイスの現在のプラットフォーム バージョンとの比較は行われません。

required_platform_version が、デバイスの現在のプラットフォーム バージョンより小さい値に更新されている場合

アプリはインストールされず、クライアント デバイスでは引き続き旧バージョンのアプリが実行されます。

キオスクアプリがアクセスできる URL を指定する

キオスクアプリからアクセスできるウェブサイトを制限するために、アクセスをブロックまたは許可する URL を最大 1,000 個指定できます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページで、[デバイス] 次に [Chrome 管理] に移動します。
  3. [設定] 次に [デバイス] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  5. [キオスクの設定] で [URL のブロック] までスクロールし、必要に応じて URL を入力します。
    • ブロックされる URL - キオスクアプリからのアクセスをブロックする URL を指定します。
      構文と例については、[デバイス] > [ブロックされる URL] をご覧ください。
    • ブロックされる URL の例外 - キオスクアプリからのアクセスを許可する URL を指定します(URLAllowlist)。[ブロックされる URL] で同じ URL が指定されていても、アクセスが許可されます。
      構文と例については、[デバイス] > [ブロックされる URL の例外] をご覧ください。
  6. [保存] をクリックします。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
410864
false