在宅勤務からオフィス勤務に戻すことをご検討中のお客様は、Chrome OS の活用方法をご覧ください。

Windows レジストリを使用して Chrome ポリシーを管理する

Chrome ブラウザで管理対象のアカウントにログインしている Windows ユーザーを対象としています。

管理者は各 Microsoft® Windows® パソコンの Windows レジストリを変更して、そのパソコン上の Chrome ブラウザの設定を変更できます。レジストリの作業に慣れているユーザーであれば、ユーザー自身で変更を加えることもできます。そうでない場合は、管理者が変更を行ってください。

レジストリを使用する場面

  • グループ ポリシー管理エディタを使用した管理の対象でない設定を行う場合。
  • Microsoft® Active Directory® ドメインに参加していない Windows パソコンに設定を適用する場合。

レジストリを使用して Chrome ポリシーを管理する

重要: レジストリを変更すると、パソコンに悪影響を及ぼす可能性があります。ユーザー環境に展開する前に、すべての変更をテストするようにしてください。

企業向け Chrome ブラウザ バンドルに含まれるレジストリ ファイル(.reg)のサンプルを使用すると、設定の定義をカスタマイズできます。

Windows パソコンで設定を行う

  1. Chrome ブラウザ バンドルの zip ファイルをダウンロードします。
  2. バンドルを開き、Configuration 次に examples フォルダに移動します。
  3. chrome.reg ファイルをコピーします。
  4. 任意のエディタで .reg ファイルを開きます。このファイルはどのテキスト エディタでも編集できます。
  5. 必要な変更を加え、ファイルを保存します(以下の例をご覧ください)。
  6. 任意の方法で、設定を対象のパソコンにプッシュします。
ユーザーが chrome.reg ファイルを実行すると、レジストリキーが
HKEY_LOCAL_MACHINE 次に SOFTWARE 次に Policies 次に Google 次に Chrome に保存されます。
レジストリキーを追加、変更、削除する方法については、Microsoft のドキュメントをご覧ください。

設定例

すぐにお使いいただける設定を以下にご紹介します。ポリシーの一覧については、ポリシーリストをご覧ください。

設定名
(Windows レジストリ内)

ポリシー名
(グループ ポリシー内)
説明
ExtensionInstallBlocklist 拡張機能インストールの拒否リストを設定する(Extensions フォルダ) インストールをユーザーに許可しない拡張機能を指定します。拒否リストに登録した拡張機能がすでにインストールされている場合、その機能は無効になります。
HomepageLocation ホームページの URL を指定する(Home page フォルダ) デフォルトのホームページの URL を設定します。
MetricsReportingEnabled 使用状況とクラッシュ関連データのレポートを有効にする 匿名データを Google に送信するかどうかを決定します。
ShowHomeButton ツールバーにホームボタンを表示する ツールバーにホームボタンを表示します。

グループ ポリシーとレジストリを使用する際の考慮事項

グループ ポリシーでポリシーを設定し、その後レジストリで異なる設定を行った場合、ポリシーの方が優先されます。レジストリ設定が上書きされないようにするには、グループ ポリシーのポリシーを [未設定] に設定する必要があります。未設定のポリシーはレジストリに表示されません。管理対象デバイスで特定の Chrome ポリシーのソースを確認する方法については、デバイスの現在の Chrome ポリシーを表示するをご覧ください。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
410864
false