Chrome ブラウザ クラウド管理を設定する

Chrome ブラウザ クラウド管理

Chrome ブラウザ クラウド管理にお申し込みいただくと、Google 管理コンソールを使用して次のようなことが可能になります。

  • Microsoft Windows、Apple Mac、Linux、iOS、Android の各種デバイスで動作する Chrome ブラウザを、クラウドベースの単一の管理コンソールで管理できます。追加料金はかかりません。

  • 管理対象デバイス上の Chrome ブラウザを使用するすべてのユーザーに対して、100 種類以上の Chrome ポリシーを適用できます。これにより、Windows のグループ ポリシーのようなオンプレミスのツールと同じように管理できます。

    ポリシーは、ユーザーが Google アカウントにログインしない場合や、ユーザーに Google アカウントがない場合にも適用されます。

  • 組織全体で不審な拡張機能をブロックしたり、その他の一般的な IT タスクを行ったりすることができます。
  • 組織全体に導入されている Chrome ブラウザの現在のバージョン、インストールされているアプリや拡張機能、適用されているポリシーなど、Chrome ブラウザに関するレポートを表示できます。
  • ガイドページで説明された手順に沿って、組織への Chrome ブラウザの展開を進められます。ガイドページでは、組織を構成し、管理対象 Chrome ブラウザをデプロイする方法も確認できます。管理コンソールのホームページで、[デバイス] 次へ [Chrome] 次へ [ガイド] を選択します。

設定の手順

  1. Chrome ブラウザ クラウド管理に申し込みます。
  2. クラウド管理型の Chrome ブラウザを登録します。
  3. Chrome ブラウザのレポートを有効にします。
  4. 登録したブラウザにポリシーを設定します。

設定を開始

要件

  • Windows、Mac、Linux、Android、iOS 版 Chrome ブラウザ。Chrome ブラウザ クラウド管理では、Chrome ブラウザの直近 12 バージョンとの互換性が維持されます。
  • Google アップデータなどの Chrome コンポーネントが変更または無効化されていないことを確認します。予期しない動作を引き起こす可能性があるため、デフォルト以外の構成を使用した Chrome のインストールはサポートされなくなります。

サポート オプション

Google および関連するマークとロゴは Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は関連各社の商標です。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー