検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

ご利用の Chrome 端末で Wi-Fi 接続の問題が発生している場合: 今すぐ修正する

チュートリアル: Chrome アプリを作成する

この記事は、Chrome 管理者と Chrome アプリケーションの開発経験があるデベロッパーを対象としています。

学校や企業では、学校の行事予定や人事部のウェブサイトを参照するようなブックマーク アプリケーションを作成したり、このようなアプリケーションを生徒のパソコンにプレインストールしたりできると便利です。

現在のところ、Chrome 設定ページでホームページの URL や、起動時に読み込むページを指定することはできますが、Chrome で新しいタブを開いたときに表示されるブックマーク アプリケーションをプレインストールしたい場合は、次の手順で行います。

Chrome ウェブ アプリケーションでサイトにリンクするには、リンク先のサイトを所有していて、Google ウェブマスター ツールで確認しておく必要があります。

ステップ 1: アプリケーションを作成する

  1. アプリケーションは manifest.json ファイル形式で作成します。それには、Windows のメモ帳や Mac の TextMate のようなテキスト エディタで .txt ファイルを作成し、manifest.json という名前で保存します。このファイルをデスクトップ上のフォルダに保存し、フォルダ名をアプリケーションの名前にします。
ブックマーク アプリケーションの manifest.json ファイルの例:
{
"manifest_version": 2,
"name": "G Suite Certification app",
"description": "Link to G Suite Certification website",
"version": "1.1",
"icons": {
"128": "128.png"
},
"app": {
"urls": [
"http://certification.googleapps.com/app-info/"
],
"launch": {
"web_url": "http://certification.googleapps.com/"
}
},
"permissions": [
"unlimitedStorage",
"notifications"
]
}
  1. アプリケーションのロゴを 128×128 ピクセルのサイズで作成します。このファイルを 128.png という名前で保存して、e folder as the manifest.json ファイルと同じフォルダに入れます。
  2. JSON ファイルとロゴを App Engine または独自のウェブサーバーでホストします。
    • たとえば、Google サイトや企業のウェブサーバー、App Engine でファイルをホストすることができます。G Suite、G Suite for Government、G Suite for Education をご利用の場合、割り当て量の範囲内であれば App Engine で無料でホスティングできます。

ステップ 2: アプリをテストする

  1. Chrome を起動して メニュー > [ツール] > [拡張機能] にアクセスします。
  2. [デベロッパー モード] > [パッケージ化されていない拡張機能を読み込む] をクリックします。
  3. manifest.json ファイルとロゴがあるフォルダにアクセスして選択します。
    • ファイルがすぐに読み込まれない場合は、JSON Validator で JSON コードの書式を確認します。
  4. Chrome で新しいタブを開いて、アプリケーションが読み込まれて正しく動作するかどうか確認します。うまくいかない場合は、ブラウザで正しく動作するまで調整とテストを行います。

ステップ 3: アプリケーションをパッケージ化する

  1. アプリケーションの準備ができたら、Chrome で [ツール] > [拡張機能] にアクセスし、[拡張機能のパッケージ化] をクリックします。
  2. manifest.json ファイルがあるデスクトップ上のフォルダを選択します。秘密鍵の入力は省略できます。
  3. [拡張機能のパッケージ化] をクリックします。確認ウィンドウが開き、.pem ファイルを安全な場所に保管し、削除しないよう求めるメッセージが表示されます。
  4. デスクトップに保存した .crx ファイルを、manifest.json ファイルと同じフォルダに入れます(crx は .zip ファイルの一種です)。
  5. パッケージ化されたアプリケーションと競合しないように、パッケージ化されていない Chrome アプリケーションをアンインストールします。
  6. 新しい .crx ファイルを Chrome ブラウザにドラッグ&ドロップして、パッケージ化されたアプリケーションをインストールします。

ステップ 4: アプリケーション ID を探す

  1. Chrome ID Finder 拡張機能をダウンロードしてアプリケーションの ID を取得します。現在のところ、アプリケーションの ID を取得する唯一の方法は、ここをクリックして Chrome ブラウザに Chrome ID Finder 拡張機能をインストールすることです。
  2. ブラウザの右上にあるパズルのピース型の拡張機能アイコンをクリックして拡張機能を起動します。新しいページが開き、インストール済みの Chrome アプリケーションとそのアプリケーション ID が一覧表示されます。目的のアプリケーションの ID をコピーして貼り付けます。
  3. 下記を参照して auto-update.xml ファイル()を作成し、ホスティング場所にアップロードします。これで、新しいバージョンを作成すれば URL のアプリケーションが更新されます。
  4. アプリケーション ID と、パッケージ化されたアプリケーションを保存する場所(App Engine、Google サイト、独自のサーバーなど)を挿入します。
auto-update.xml ファイルの例:
<?xml version='1.0' encoding='UTF-8'?>
<gupdate xmlns='http://www.google.com/update2/response' protocol='2.0'>
 <app appid='odomlgbibdfgoclgndddglpfhjkmapkj'>
   <updatecheck codebase='https://sites.google.com/a/googleapps.com/deployment-specialist/Home/app-info/google-apps-certification.crx' version='1.2' />
 </app>
</gupdate>

このファイルを auto-update.xml という名前で保存します。.xml ファイルの作成には TextMate や Adobe Dreamweaver のようなプログラムを使用できます。

  1. .crx ファイルと .xml ファイルをアプリケーションのフォルダに入れ、このフォルダをホスティング場所にアップロードします。

ステップ 5: アプリケーションを公開する

アプリケーションの公開には、一般公開と限定公開の 2 種類があります。どちらの場合も、公開したアプリケーションをプレインストールしたり、ユーザーに対して推奨したりできます。Chrome ウェブ アプリケーションの公開の詳細については、こちらをご覧ください。

アプリケーションを一般公開する:

アプリケーションの準備ができたら、Chrome デベロッパー ダッシュボードにアップロードします。アプリケーションを公開する前に、デベロッパー ダッシュボードの説明にあるとおりに製品の画像を追加する必要があります。

アプリケーションを限定公開する:

こちらの手順で、アプリケーションを限定公開コレクションに公開します。先に、組織の限定公開コレクションを作成しておく必要があります。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。