Google Chat でスクリーン リーダーを使用する

Google Chat では、1 人または複数のユーザーにダイレクト メッセージを送信できます。チームでの継続的な会話用に、スペースを作成して全員にまとめてメッセージを送信できます。

アプリがあればそれを使用して作業を自動化することもできます。Google Chat でアプリを使用するには、仕事用アカウントまたは学校用アカウントを使用する必要があります。また、Google Workspace 管理者の方にアプリのインストールを許可してもらう必要があります。

はじめに

この記事は見出しのある複数のセクションに分かれています。以下のリンクをクリックすると、特定のセクションに移動できます。

クイック スタート

この記事は chat.google.com ページを対象としており、Chat の使用に役立つ多くの役立つ情報が含まれています。全体を読むのに時間がかかる可能性があるため、すぐに使い始めたい場合は、以下の簡単なヒントを参考にしてダイレクト メッセージやスペースでメッセージを送受信してください。

  • JAWS の場合: 仮想カーソルをオフにします。
  • NVDA の場合: フォーカス モードに切り替えます。
  • ChromeOS の場合: キー固定モードをオフにします。
  • macOS の場合: Quick Nav をオフにします。

受信したチャットの内容を読み上げるには:

  1. H キー、C キーの順に押して、チャットのリストにフォーカスを合わせます。
  2. ↑ キーまたは ↓ キーを押して、目的のチャットにフォーカスを合わせます。
  3. Enter キーを押してチャットを開き、メッセージの編集欄にフォーカスを移動してメッセージを入力します。
  4. Esc キーを押してメッセージの編集欄を終了し、メッセージのリストにフォーカスを移動します。
  5. ↑ キーまたは ↓ キーを押してメッセージの内容を確認します。
  6. R キーを押して、メッセージの編集欄にフォーカスを戻します。

メッセージの編集欄にフォーカスしたまま最近のメッセージを確認するには:

  • Windows の場合: Alt+[数字] キーを押します。
  • ChromeOS の場合: Alt+Shift+[数字] キーを押します。
  • macOS の場合: Option+[数字] キーを押します。
  • [数字] は、1~9 で置き換えます(直近 9 件のメッセージの場合)。

他のユーザーとチャットを開始するには:

  1. Ctrl+K キーを押して、[ユーザーを 1 人以上追加してください] コンボボックスを開きます。
  2. 相手ユーザーの名前またはメールアドレスを入力します。完全に一致する名前またはメールアドレスが聞こえたら、Ctrl+Enter キーを押します。近い一致を確認するには、↓ キーを押します。
  3. フォーカスがメッセージの編集欄に移動します。メッセージを入力して Enter キーを押します。
ヒント: 編集モードになっていない場合、Q ショートカットは Ctrl+K キーと同じように動作します。

スペースを読むには:

  1. H キー、R キーの順に押して、スペースのリストにフォーカスを移動します。
  2. ↑ キーまたは ↓ キーを押して目的のスペースを見つけます。
  3. Enter キーを押して、スペースのトピックのリストにフォーカスが移動します。
  4. ↑ キーまたは ↓ キーを押すと、別のトピックにフォーカスが移動します。
  5. 目的のトピックの画面上で → キーを押すと、トピックが開きます。↑ キーまたは ↓ キーを使用して、トピック内のメッセージを読みます。
  6. ← キーを押すと、トピックのリストに戻ります。
  7. R キーを押してメッセージの編集欄にフォーカスを移動します。メッセージを入力します。Enter キーを押して、トピックにメッセージを追加します。
  8. Ctrl + S キーを押して、新しいトピックを開始します。

操作方法

推奨されるブラウザとスクリーン リーダー

Google Chat では Chrome に加えて以下をおすすめします。

  • NVDA または JAWS(Windows)
  • ChromeVox(Chrome OS)
  • VoiceOver(MacOS)

Chat をウェブ アプリケーションとして使用する

chat.google.com をウェブページではなくウェブ アプリケーションとして使用できます。chat.google.com をウェブ アプリケーションとして使用する場合は、次のことをご確認ください。

  • スクリーン リーダーのウェブブラウジングのショートカットを無効にします。詳しくは、後述のスクリーン リーダーを設定するをご覧ください。
  • スクリーン リーダーのコマンドの代わりに Chat のキーボード ショートカットを使用して、操作や読み上げができます。詳しくは、後述の Chat を操作するをご覧ください。

ヒント: chat.google.com をウェブ アプリケーションとして使用し、スクリーン リーダーのブラウザ コマンドを使用する必要がある場合もあります。このような場合はお知らせします。

スクリーン リーダーを設定する

Chat をウェブ アプリケーションとして使用するには、スクリーン リーダーの設定がいくつか必要です。

  • JAWS: 仮想カーソルをオフにします。「オフ」と聞こえるまで Insert+Z キーを押します。
  • NVDA: フォーカス モードをオンにします。キーボードでの入力時の音に似たクリック音が聞こえるまで Insert+Space キーを押します。
  • ChromeVox: キー固定モードをオフにします。「キー固定モードは無効」と聞こえるまで、検索をすばやく 2 回押します。
  • VoiceOver: Quick Nav をオフにします。「クイック ナビゲーションは無効」と聞こえるまで、← キーと → キーを押します。

Chat を開く

chat.google.com にアクセスします。Chat を開くと、上部のバナーボタンのランドマーク内のメインメニュー ボタンにキーボード フォーカスが移動します。初めて Chat を開くときは、次のセクションで説明するように、ウェブページとして操作することをおすすめします。終わったら、上記のスクリーン リーダーを設定するの説明に沿って、Chat をウェブ アプリケーションに切り替えることをおすすめします。

Chat のインターフェースについて

Chat には主に 4 つのエリアがあります。

  • バナーのランドマークとしてスクリーン リーダーで読み上げるトップのエリア。ステータス、検索バー、他のアプリやユーザー アカウントに切り替えるための Google バーなど、全般的な設定とコントロールが含まれます。
  • ナビゲーションのランドマークとして読み上げられる左側のナビゲーション エリア。左側に Chat の会話、スペースのコンテンツ、会議のそれぞれの見出しが含まれます。
  • メインのランドマークとして読み上げられる Chat コンテンツ。現在選択されている Chat の会話、スペースのコンテンツ、会議の情報が含まれます。このエリアには、過去のメッセージのリスト、新しいメッセージの編集欄、操作ボタンも表示されます。
  • 補足ランドマークとして読み上げられる右側のサイドパネル。カレンダー、Keep、ToDo リスト、コンタクトなどの Google サービスへの埋め込みアクセスを提供します。

1 人またはグループとチャットすると、メッセージのリストが作成されます。履歴はデフォルトでオフになっており、メッセージは届いてから 24 時間経過すると表示されなくなります。スペースは、チームまたはグループで長期にわたってアクティブに会話する場合に適しています。履歴はデフォルトでオンになります。スペースは、2 レベルの会話ツリーを作成するトピックに整理できます。

Chat でメイン コンテンツを操作する

Chat とスペースのコンテンツには、編集モードとナビゲーション モードの 2 つのモードがあります。メッセージの編集欄にフォーカスを移すと、チャットは編集モードになります。編集モードからナビゲーション モードに切り替えるには、Esc キーを押します。

タブキーと矢印キーの動作は、モードによって異なります。

  • 編集モードの場合: ↑ キーを押すと最後に投稿されたメッセージに移動するので、編集して再送信できます。
  • ナビゲーション モードの場合:
    • ↑ キーは最新のメッセージに移動し、次に古いメッセージに移動します。
    • メッセージで Tab キーを押すと、[リアクションを追加](絵文字)、[メッセージを編集](そのメッセージを投稿した場合)、[未読にする]、[その他の操作] などのボタンに移動します。
    • トピックが指定されたスペースでの操作:
      • トピック内で ↑ キーまたは ↓ キーを押して移動します。
      • ← キーでトピックのリストに移動し、次に ↑ キーまたは ↓ キーでトピック間を移動します。
      • → キーを使用して、トピック内のメッセージに移動します。

基本操作

Tab キーと矢印キーは基本的な操作に使用します。Chat をさらに移動するには、次のコマンドを使用します。

  • 左側のナビゲーション エリアにある Chat とスペースの場合:
    • 別の会話を選択するには、↑ キーまたは ↓ キーを使用します。
    • Shift+↑ キーまたは ↓ キーを押すと、前の会話または次の未読の会話に移動できます。
    • Ctrl+↑ または ↓ を押すと、Chat、スペース、Meet の間を移動できます。
    • Chat またはスペースの会話にフォーカスがある場合: → キーまたは Enter キーを押して有効にします。
  • メイン メッセージ エリア: Tab キー、↑ キー、↓ キーで移動します。
  • メッセージの編集欄にフォーカスがある場合:
    • 最後に送信したメッセージを編集するには上矢印をクリックします。
    • すべてのメッセージを確認するには、Esc キーを押してから ↑ キーまたは ↓ キーを押します。
  • スペースのトピックにフォーカスがある場合:
    • ← キーを押すと左側のナビゲーション エリアに移動します。
    • → キーを押すと選択したトピックのメッセージに移動します。
  • スペースで、メッセージにフォーカスがある場合: ← キーを押すとトピックにフォーカスが移動します。
  • トピックのないスペースをフォーカスすると、メッセージの編集欄にフォーカスが移ります。

高度なナビゲーション

Chat の使用に慣れたら、キーボード ショートカットを使用してチャットを実際に行うのが最も効率的です。

Chat にキーボード ショートカットの一覧を表示する

  1. スクリーン リーダーの仮想カーソルまたはブラウズ モードをオフにします。
  2. メッセージの編集欄にフォーカスがある場合は、Esc キーを押します。
  3. ? キー(Shift+/)を押します。

キーボード ショートカットを読み上げるには、Chat をウェブページとして使用します。スクリーン リーダーで仮想カーソルまたはブラウズ モードをオンにします。キーボード ショートカットの一覧は表で表示されるため、スクリーン リーダーの表読み上げコマンドを使用すると簡単に移動できます。最初のタブ位置は、一部のキーボード ショートカットを有効または無効にするためのリンクです。その他のキーボード ショートカットを使用できるように、リンクに [無効] と表示されていることを確認します。

Google Chat のキーボード ショートカットを新しいブラウザタブで開くことができます。

一般的なショートカット

ショートカットは Chrome デバイスと Windows デバイスで使用できます。Mac の場合は、Ctrl キーの代わりに Command キーを、Alt キーの代わりに Option キーを使用します。

  • スクリーン リーダーを使用すると、Chat の会話やスペースのトピック内の過去 9 件のメッセージを Alt+[数字] で読み上げることができます。ChromeVox の場合は、Alt+Shift+[数字] を使用します。VoiceOver の場合は、Option+[数字] を使用します。[数字] は、最新のメッセージなら 1、次のメッセージなら 2 というように置き換えます。フォーカスは移動しません。
  • 会話内の最新のメッセージにフォーカスを移動するには、Ctrl+J キーを押します。この機能は、編集モードに関係なく動作します。前述の基本的なナビゲーションで説明したように、Esc キーの代わりに使用できます。
  • 左側のナビゲーション エリアで Chat のメッセージにフォーカスを移動するには、H キーを押してから C キーを押します。
  • 左側のナビゲーション エリアでスペースのメッセージにフォーカスを移動するには、H キーを押してから R キーを押します。
  • ユーザー、グループ、スペースを追加、作成、検索するには、Ctrl+K キーを押します。編集モードになっていない場合、Q ショートカットは Ctrl+K キーと同じように動作します。
    • 追加または作成するには、↓ キーを押して目的のアイテムに移動します。
    • 既存の会話を検索するには、名前の一部を入力し、↓ キーを使用して目的の一致アイテムに移動します。
  • ユーザー、スペース、メッセージを検索するには、編集モードになっていない状態で / キーを押します。
  • スペースで新しいトピックを開始したり、Chat で新しいメッセージを開始したりするには、Ctrl+S キーを押します。
  • チャットまたはスペースのメニューを開くには、Ctrl+G キーを押します。詳しくは、後述のメッセージとスペースのオプションにアクセスする方法をご覧ください。
  • 会話またはトピックに返信してメッセージの編集欄にフォーカスを移動するには、R キーを押します。

各種要素の操作について詳しくは、後述の Chat で一般的なタスクを行うと、ご利用のスクリーン リーダーのドキュメントをご確認ください。

スクリーン リーダーを使用して Chat の一般的なタスクを行う

ダイレクト メッセージ

ダイレクト メッセージ(DM、チャットとも呼ばれます)は、1 人以上のユーザーとの会話です。ダイレクト メッセージでは、メッセージ リストには 1 レベルしかありません。

ダイレクト メッセージを読み上げる

  1. Esc キー、H キー、C キーを順に押して、左側のナビゲーション エリアの [Chat] に移動します。
  2. ↑ キーまたは ↓ キーを押してメッセージを送った相手ユーザーを選択してから、Enter キーを押します。
  3. ナビゲーション モードに切り替えるには、Esc キーを押します。
  4. ↑ キーまたは ↓ キーを押すと、チャット内の前のメッセージを確認できます。
  5. メッセージにリンクが含まれている場合は、Tab キーを押してリンクにフォーカスを移動し、Enter キーを押してリンクを開きます。

メッセージの編集欄にフォーカスしたまま最近のメッセージを確認するには:

  • Windows の場合: Alt+[数字] キーを押します。
  • ChromeOS の場合: Alt+Shift+[数字] キーを押します。
  • macOS の場合: Option+[数字] キーを押します。
  • [数字] は、1~9 で置き換えます(直近 9 件のメッセージの場合)。

ダイレクト メッセージを切り替える

メッセージを送った相手(ユーザーまたはグループ)を確認するには:

  1. Ctrl+K キーを押して、[ユーザーを 1 人以上追加してください] コンボボックスを開きます。
  2. 相手ユーザーまたはグループの名前を入力します。入力を開始すると、名前が読み上げられます。
  3. 名前を選択します。
    • Chat で目的の名前が読み上げられたら、Ctrl+Enter キーを押します。
    • Chat で目的の名前が読み上げられない場合は、その名前が読み上げられるまで ↓ キーを押してから Ctrl+Enter キーを押します。
    • それでも相手の名前が読み上げられない場合は、ユーザー名全体を入力してから Enter キーを押します。

以前のメッセージ リストでメッセージを開くには:

  1. Esc キーを押してから ← キーを押すと、左側のナビゲーション エリアに移動します。
  2. ↑ キーまたは ↓ キーを押してメッセージの送信先のユーザーを見つけます。
  3. Enter キーを押します。

ヒント: 左側のナビゲーション エリアを移動すると、ダイレクト メッセージまたはスペースの未読メッセージがある場合に通知されます。次の未読メッセージに移動するには、Shift+↓ キーを押します。

ダイレクト メッセージに返信する

  1. 返信するユーザーを見つけたり、そのユーザーに移動したりするには、前のセクションの手順で操作します。ナビゲーション モードで R キーを押すと、フォーカスがメッセージの編集欄に戻ります。
  2. メッセージ テキストを入力し、Enter キーを押します。
  3. 編集モードを使用していないときは、絵文字でメッセージにリアクションできます。
    1. Tab キーを押して [リアクションを追加] ボタンに移動し、Space キーを押します。
    2. 絵文字の名前の一部を入力します。
    3. 一致する結果のリストを表示するには Tab キーを 2 回押します。
    4. ↓ キーを押して目的の絵文字に移動し、Enter キーを押します。

スマート リプライを使用する

重要: 一部のメッセージにはスマート リプライがご利用いただけません。

  1. メッセージの編集欄にフォーカスを合わせた状態で、3 つの返信候補ボタンのいずれかに到達するまで Shift+Tab キーを押します。
  2. Space キーを押して返信を選択し、メッセージの編集欄に読み込みます。
  3. 必要に応じてコンテンツを追加し、Enter キーを押して返信を送信します。

複数のユーザーにダイレクト メッセージを送信する

  1. Ctrl+K キーを押して、[ユーザーを 1 人以上追加してください] コンボボックスを開きます。
  2. 追加するユーザーの名前を入力します。入力を開始すると、名前が読み上げられます。
  3. 名前を選択します。
    • Chat で目的の名前が読み上げられたら、Ctrl+Enter キーを押します。
    • Chat で目的の名前が読み上げられない場合は、その名前が読み上げられるまで ↓ キーを押してから Ctrl+Enter キーを押します。
    • それでも相手の名前が読み上げられない場合は、ユーザー名全体を入力してから Enter キーを押します。
  4. 手順 3 と 4 を繰り返して、すべてのユーザーをメッセージに追加します。
  5. Enter キーを押して、新しい Chat の [メッセージ編集] 欄にフォーカスを移動します。
  6. メッセージを入力し、Enter キーを押します。

投稿したメッセージを編集する

自分が投稿した最新のメッセージを編集するには、メッセージの編集欄で ↑ キーを押します。メッセージを編集し、Enter キーを押して再投稿します。Esc キーを押すと変更をキャンセルできます。

ダイレクト メッセージの履歴をオンまたはオフにする

管理者が許可している場合、メッセージの履歴を保存することができます。会話のメッセージの編集欄にフォーカスを移すと、履歴がオンかオフかが読み上げられます。

  1. 左側のナビゲーション エリアで、履歴設定を変更する会話を選択し、Enter キーを押します。
  2. Ctrl+G キーを押して会話のメニューを開きます。
  3. ↓ キーを押して [履歴] に移動し、Space キーまたは Enter キーを押して現在の設定を変更します。履歴の設定の一部は変更できません。

スペース

スペースは、チームまたはグループで長期にわたってアクティブに会話する場合に適しています。スペースのメンバーシップは、ユーザーが会話に参加したり退出したりすると、時間とともに変化する可能性があります。

スペースは 1 レベルまたは 2 レベルにすることができます。トピックがないスペースは Chat の会話のように 1 レベルで、最初にフォーカスされるのはメッセージの編集欄です。トピック付きのスペースには 2 レベルがあります。レベル 1 は、会話トピックのリストです。レベル 2 はトピック内のメッセージです。スペースを開くと、最も古い未読トピックがフォーカスされます。未読トピックがない場合は、最新トピックがフォーカスされます。

スペースのメッセージを読み上げる

  1. 編集欄(編集モード)がフォーカスされている場合は、Esc キーを押してナビゲーション モードに切り替えます。
  2. H、R キーの順に押すと、左側のナビゲーション エリアのスペースのセクションに移動します。
  3. ↑ または ↓ キーを押して目的のスペースに移動し、Enter キーを押します。未読コンテンツがあるスペースに移動するには、Shift+↑ キーまたは ↓ キーを使用します。
  4. スペースにトピックがない場合は、Chat メッセージのようにメッセージ編集欄がフォーカスされます。
  5. スペースにトピックがある場合は、↑ キーまたは ↓ キーを押して各トピックに移動します。
  6. → キーを押すとトピックが開きます。
  7. メッセージを読み上げるには、↑ キーまたは ↓ キーを押します。
  8. ← キーを押すと、トピック レベルに戻ります。

編集欄にフォーカスしたまま最近のメッセージを確認するには:

  • Windows の場合: Alt+[数字] キーを押します。
  • ChromeOS の場合: Alt+Shift+[数字] キーを押します。
  • macOS の場合: Option+[数字] キーを押します。
  • [数字] は、1~9 で置き換えます(直近 9 件のメッセージの場合)。

スペース内のメッセージに返信する

  1. ショートカットの R キーを押して編集欄にフォーカスを移動します。
  2. メッセージを入力し、Enter キーを押します。
  3. 別のトピックに移動するには、Ctrl+J キー(Mac では ⌘+J キー)を押せば前のトピックに、↑ キーを押せば新しいトピックに移動します。このトピックに返信するには、R ショートカットを押して編集欄にフォーカスを移動します。
ヒント: スペースでは、スマート リプライを使用することもできます。

スペースに会話トピックを作成する

  1. 任意のトピックにフォーカスを移動します。
  2. Ctrl+S キーを押して、メッセージの編集欄を開きます。
  3. 新しいトピックについて説明するメッセージ テキストを入力し、Enter キーを押します。

あなたのメッセージがトピックの最初のメッセージになり、トピックの名前になります。

ヒント: フォーカスしている編集欄の名前によって、新しいトピックが作成されることを確認できます。

  • 新しいトピックの名前は、「Message」の後にスペース名が続きます。
  • 既存のトピックへの返信は「返信」という名前にが付きます。

スペースを作成する

  1. Ctrl+I キーを押して、[スペースを作成] ダイアログを開きます。
  2. [スペース名] (必須)を入力します。
  3. 自分が唯一のメンバーであるスペースを作成するには、Enter キーを押します。
  4. その他のオプションについては、Tab キーを押せば次の操作ができます。
    • スペースの説明を追加する。
    • スペースにユーザーまたはグループを追加する。
    • 新しいスペースに参加できるユーザーを指定する。
    • 職場や学校以外のユーザーがスペースに参加できるようにするかどうかを指定する。
    • [詳細設定] ボタンを押して、[会話をトピック別に整理する] チェックボックスをオンにする。
    • [キャンセル] ボタンまたは [作成] ボタンを押す。

既存のスペースに参加する

  1. Ctrl+O キーを押します。
  2. 名前の任意の部分を入力します。
  3. ↑ キーまたは ↓ キーを使って、スペースのリスト内を移動します。
  4. 参加するスペースが見つかったら、Tab キーを押して [参加中のスペース] のチェックボックスに移動し、Space キーを押してオンにします。
  5. Enter キーを押して参加し、新しいスペースを開きます。

スペースにユーザーを追加する

  1. 更新するスペースを選択します。
  2. Ctrl+G キーを押して、スペースのメニューを開きます。
  3. ↓ キーを押して [メンバーを管理] に移動し、Enter キーを押します。
  4. Tab キーで [追加] ボタンに移動し、Enter キーを押します。
  5. 追加するユーザーの名前を入力します。入力し始めると、一致する名が読み上げられます。
  6. 名前を選択します。
    • Chat で目的の名前が読み上げられたら、Ctrl+Enter キーを押します。
    • Chat で目的の名前が読み上げられない場合は、その名前が読み上げられるまで ↓ キーを押してから Ctrl+Enter キーを押します。
    • それでも相手の名前が読み上げられない場合は、ユーザー名全体を入力してから Enter キーを押します。
  7. Tab キーを何度か押して [追加] ボタンまで移動し、Enter キーを押します。

スペース内のファイル

スペースにファイルを投稿してディスカッションをしたり、スペースのメンバーと共有したりできます。スペースを開くと、メッセージの編集欄または最新のトピックの先頭がフォーカスされます。編集欄で Shift+Tab キーを押すと、[Google Workspace ツール] ボタンにフォーカスを移動できます。ここでドライブのファイルまたはカレンダーの招待状を追加できます。

他のユーザーから投稿されたファイルを表示するには、Ctrl+G キーを押してスペースのメニューに移動し、次に Tab キーを何回か押して [Chat] タブに移動します。→ キーを押して [ファイル] タブに移動し、Enter キーを押します。[ファイル] タブを開くと、フォーカスが [ファイルを追加] ボタンに移動します。ファイルを共有している場合は、Tab を押してファイルごとに次の 3 つの要素をチェックできます。

  1. [ファイルの詳細]: ファイル名、投稿者、日付。Enter キーを押すと新しいブラウザタブでファイルが開きます。
  2. [ドライブ内を移動] または [ドライブにショートカットを追加] オプション。
  3. [Chat で表示] オプションを使うと、ファイルが追加された場所にフォーカスが移り、詳細が読み上げられます。

アプリ

重要: Google Chat でアプリを使用するには、仕事用アカウントまたは学校用アカウントを使用する必要があります。また、Google Workspace 管理者の方にアプリのインストールを許可してもらう必要があります。

アプリは、人とチャットするのと同じようにチャットできる特別なアカウントです。アプリと会話することで、情報を検索したり、会議のスケジュールを設定したり、その他の作業を行ったりすることができます。Chat で利用できるアプリには、Google が作成して管理しているアプリ(Google Meet アプリや Google ドライブ アプリなど)があります。サードパーティ ソフトウェアのベンダーが作成して管理しているその他のアプリも利用できます。

アプリを検索

  1. Ctrl+K キーを押して、[ユーザーを 1 人以上追加してください] コンボボックスを開きます。
  2. ↓ キーを何度か押して [アプリを探す] まで移動し、Enter キーを押します。
  3. 名前の一部を入力するか、Tab キーと矢印キーを使用して、提供されているコンテンツを探索します。
  4. アプリで Enter キーを押し、ダイアログの説明を確認します。アプリを Chat に追加するボタンが最初にフォーカスされます。
  5. Enter キーを押して、このアプリを Chat の一連の会話に追加します。
  6. スペースにアプリを追加するには:
    1. Tab キーを押して [スペースに追加] ボタンに移動します。
    2. Enter キーを押して [スペース名を入力] ダイアログを開きます。
    3. 名前の一部を入力するか、アプリを追加したいスペースまで ↓ キーで移動します。
  7. いずれかのボタンを押すと、アプリが追加され、ダイアログが閉じます。

ヒント: 以上は、アプリを見つけて Chat またはスペースに追加する方法です。次のセクションでは、追加の手順を行わずにアプリを現在のスペースに追加する方法を説明します。

スペースにアプリを追加する

  1. 更新するスペースを選択します。
  2. Ctrl+G キーを押して、メニューを開きます。
  3. ↓ キーを押して [アプリと統合] まで移動し、Enter キーを押します。
  4. Tab キーを押して [アプリを追加] ボタンに移動し、Enter キーを押します。
  5. 追加するアプリの名前を入力します。入力し始めると、一致する名が読み上げられます。
  6. 名前を選択します。
    • 目的の名前が読み上げられたら、Enter キーを押します。
    • ↓ キーを押して目的の名前が聞こえたら Enter キーを押します。
  7. Tab キーを何度か押して [追加] ボタンまで移動し、Enter キーを押します。

スペースでアプリにメッセージを送信する

  1. アプリが追加されているスペースを開きます。
  2. Ctrl + S キーを押して、新しいトピックを開きます。
  3. 「@appname」に続けてメッセージを入力します。「appname」はアプリの名前に置き換えてください。
  4. Enter キーを押して、応答を待ちます。

アプリで使用できるコマンドを見る

  • アプリとのダイレクト メッセージで、「help」と入力します。
  • スペースで「@appname help」と入力します。「appname」はアプリの名前に置き換えてください。

検索

Chat またはスペース内のコンテンツを検索するには:

  1. 編集モードになっていない場合は / を押します。
  2. 検索キーワードを入力します。最初に一致するのはユーザー、グループ、またはスペースです。
  3. ↑ キーを押すと、[その他の検索結果] の最後のオプションに移動します。
  4. Enter キーを押して、検索キーワードを含むメッセージをすべて表示します。結果は時系列に沿って新しい順に表示されます。
  5. ↓ キーを押すと、検索キーワードを含むメッセージが表示されます。

ヒント: 検索結果をフォーカスして、結果を含む Chat メッセージまたはスペース トピックに移動します。ブラウザの「戻る」ショートカットを使用して検索結果に戻ります。検索結果を閉じるには、ブラウザの「戻る」ショートカットをもう一度使用します。

通知設定を変更する

Chat アプリまたは会話ごとに通知方法を変更できます。会話のオプションについては、後述のメッセージとスペースのオプションにアクセスするをご覧ください。

Chat アプリの設定を開くには:

  1. ナビゲーション モードに切り替えるには、Esc キーを押します。
  2. / を押すと、[ユーザー、スペース、メッセージを検索] 欄にフォーカスが移動します。
  3. Tab キーを押して [設定] ボタンに移動し、Enter キーを押して、通知設定を含む設定ダイアログを開きます。
  4. 変更を加えたら、Tab キーを使用して [完了] ボタンに移動し、Enter キーを押します。

メッセージとスペースのオプションにアクセスする

Ctrl+G キーを押して、Chat メッセージとスペースのオプション メニューを開きます。このメニューには次の項目があります。

  • メンバーの表示またはメンバーを管理する
  • アプリと統合
  • 会話を Chat またはスペースに固定する
  • この会話の通知設定
  • 履歴のオンとオフを切り替える
  • 会話をブロックする

スマート リプライを使用する

Chat では、受信した特定のメッセージに対して、クイック返信に使用できる提案が表示されます。

スマート リプライがオンになっていることを確認する

  1. 前のセクションの説明に沿って [設定] を開きます。
  2. Tab キーで [ウェブとパソコンでスマート リプライを有効にする] チェックボックスに移動します。
  3. Space キーを押すと、オンとオフが切り替わります。


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
11374091079509814554
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true