Google Chat でスマート作成を使用する

機械学習を活用したスマート作成により、メッセージをすばやく作成できます。スマート作成では、テキストを入力し始めると候補が表示されます。

重要:

  • スマート作成は英語、スペイン語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語でご利用いただけます。スマート作成はユーザーが求める内容が提示されるように設計されているわけではなく、必ずしも事実に基づいた正しい情報が候補として表示されるわけではありません。
  • スマート作成を使用するには、スマート機能とコントロールを有効にする必要があります。詳しくは、Google サービスのスマート機能とコントロールをご覧ください。

Chat でスマート作成を使用する

  1. パソコンで Google Chat にアクセスします。
  2. 右上の設定アイコン 設定 をクリックします。
  3. [スマート作成] で、[ウェブとデスクトップ アプリでメッセージを作成するときに入力候補を表示する] の隣にあるチェックボックスをオンにします。

Gmail 版 Chat でスマート作成を使用する

  1. パソコンで Gmail にアクセスします。
  2. 右上にある設定アイコン 設定 次に [すべての設定を表示] をクリックします。
  3. 上部の [チャットと Meet] 次に [チャットの設定を管理] をクリックします。
  4. [スマート作成] で、[ウェブとデスクトップ アプリでメッセージを作成するときに入力候補を表示する] の隣にあるチェックボックスをオンにします。
ヒント: 候補を採用するには、キーボードの Tab キーを押します。

機械学習の詳細

言語理解モデルでは、何十億もの一般的な語句や文章を使用して現実世界の情報を自動的に学習するため、人間の認知バイアスが反映されることもあります。

このような懸念を認識し、どう対応していくかについて現在も議論が続いています。

Google では、すべてのユーザーが効果的に利用できるサービスを提供することを目指しており、意図しないバイアスや、バイアスを軽減する戦略の研究に積極的に取り組んでいます。

関連リソース

パソコン Android
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー