広告主を管理する

広告主のプロパティを編集する

アカウント レベルの左側のメニューで [すべての広告主] をクリックし、プロパティを編集する広告主を選択します。または、新しい広告主のプロパティを設定する場合は [新規] をクリックします。

識別情報

名前: 広告主名は、キャンペーン マネージャー 360 の画面やレポートで広告主を識別するためのものです。広告配信、Floodlight、広告主 ID には影響しないので、いつでも更新できます。更新すると、レポートに表示される名前のみが変わります。

ステータス: 広告主のステータスは、デフォルトで [承認済み] に設定されています。その広告主の広告を配信している場合は「承認済み」のままにしておきます。

広告主のすべての広告を無効にするには、広告主のチェックボックスをオンにして、[ステータス] > [保留中として設定] をクリックします。広告主が保留中になっていると、その広告主のキャンペーン内の広告は配信されませんが、キャンペーンやプロパティを編集することはできます。なお、保留中の広告主を [承認済み] に設定する際には、すべての広告を手動で有効に設定し直す必要があります。

広告主を保留中として設定する前に、その広告主のキャンペーンを配信していないかどうか確認してください。

[ステータス] は、既存の広告主を編集する場合にのみ表示され、広告主を作成する場合やコピーする場合には表示されません。

広告主グループ: レポート作成を目的として広告主をグループ化し、グループごとにすべての広告主の集計情報を表示できます。広告主グループについて詳細をご確認ください。

サブアカウント: サブアカウントは、親アカウントに属するキャンペーン マネージャー 360 アカウントで、すべての機能を備えています。この項目は新しい広告主を作成するときにのみ編集できます。サブアカウントについて詳細をご確認ください。

請求

新しい広告主のお支払い情報を選択するには、[請求プロフィールを選択する] をクリックします。提案されている(デフォルトの)請求プロフィールを選択するか、使用可能な他の請求プロフィールをすべて参照できます。

請求プロフィールを選択したら、[適用]、[保存] の順にクリックします。選択した請求プロフィールに割り当てられている広告主の全リストを表示するには、プレビュー カードで [+_ その他...] をクリックします。

請求プロフィールを選択して編集できるのは、「アカウントの管理: フルアクセス」と「広告主の管理: フルアクセス」のユーザー役割のみです。それら以外のユーザー役割は、請求プロフィールを表示することはできますが、選択、編集することはできません。

不適切な請求プロフィールを選択すると、請求に大幅な遅延が生じる可能性があります。正しい請求プロフィールがわからない場合は、手順を進める前に、組織の請求担当の方にご相談ください。

ランディング ページ URL の接尾辞

ここでは、この広告主のすべてのキャンペーンの広告で使用されるランディング ページ URL に追加する接尾辞を入力できます。特定のキャンペーンまたは広告の接尾辞を変更するには、キャンペーンまたは広告の階層で編集できます。詳細

ダイナミック ターゲティング キー

ダイナミック ターゲティング キーは固有の、わかりやすいラベルで、広告、クリエイティブ、プレースメントに割り当てて、スタジオのダイナミック クリエイティブでのターゲティングに使用できます。このようなラベルを使用すると、ダイナミック フィード内で数値のキャンペーン マネージャー 360 ID(プレースメント ID など)を使用する場合に起きやすい誤りを防ぎ、時間を節約できます。

ターゲティング キーを指定するには、[新しいターゲティング キー] をクリックします。ダイナミック ターゲティング キーについて詳細をご確認ください。

イベントタグ

イベントタグを使用すると、広告のクリックやインプレッションに関する情報をキャンペーン マネージャー 360 の外部で記録できます。広告主またはキャンペーンでイベントタグを作成し、広告に自動的に適用するか、手動で追加するかを選択できます。詳細

クリエイティブ グループ

広告主のクリエイティブを独自のラベルでグループ化するには、クリエイティブ グループを使用できます。このグループは、広告主のすべてのキャンペーンで共有できます。クリエイティブは最大 2 つのグループに所属することができます。クリエイティブ グループには次の 2 つの用途があります。

  • 特定のグループに属するクリエイティブをまとめてキャンペーンに割り当てるためにクリエイティブ グループを使用します。1 つの広告にグループを 2 つまで同時に割り当てることもできます。

  • クリエイティブ グループごとに掲載結果データを表示するレポートを作成します。

クリエイティブ グループを作成するには、[新しいクリエイティブ グループ] をクリックします。クリエイティブ グループをキャンペーンに追加する方法については、キャンペーン プロパティの「クリエイティブ グループ」をご覧ください。

クリエイティブ グループは削除できません。クリエイティブの割り当てで、グループに対してクリエイティブの追加や削除を行うことができます。

関連付け

広告主と他のアカウントとの関連付けを設定します。

スタジオ: スタジオでの「関連付け」は、広告主とスタジオ内の広告主の関連付けを指します。スタジオの広告主は、リッチメディア クリエイティブのコピーをキャンペーン マネージャー 360 の広告主に送信できます。リッチメディア クリエイティブや特定のアップデートをキャンペーン マネージャー 360 で取得するには、これが唯一の方法です。広告主の関連付けについての説明をご覧ください。

第三者による測定

第三者測定パートナーを選択してください。パートナーが承認したら、プレースメント タグに自動的にタグラッパーを適用できます。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69192
false