業務時間と勤務場所を設定

職場や学校のアカウントをご利用の場合、業務時間と空き情報を設定できます。業務時間または勤務場所のオプションが表示されない場合は、所属している組織の管理者の方がこのオプションをオフにしている可能性があります。管理者を確認する

特定の日付の勤務場所を変更する

重要: カレンダーを共有して、予定の有無を確認する権限以上の権限を共有相手に付与すると、そのユーザーはあなたの予定の有無と勤務場所を確認できるようになります。

普段の勤務場所を週ごとに他のユーザーに知らせることができます。

  1. Google カレンダー アプリ "" を開きます。
  2. 勤務場所を変更する曜日または場所バーをタップします。
  3. 勤務場所を選択します。
    • オフィス 
    • 自宅 
    • 未指定 
    • 場所を追加 Edit task: 勤務場所として特定の場所を指定する場合は、その場所を追加します。
ヒント: 勤務場所をオフにするには、パソコンで Google カレンダーの設定に移動し、[業務時間と勤務場所] セクションで [勤務場所を有効にする] チェックボックスをオフにします。

不在にする日付を指定する

不在にする期間を指定すると、その間の会議への招待をすべて自動的に辞退できます。

  1. Google カレンダー アプリ カレンダー を開きます。
  2. 右下の作成アイコン 追加 次に [不在] をタップします。
  3. 不在にする日付を選択します。時間を指定することもできます。
  4. (省略可)定期的に繰り返す「不在」の予定をスケジュール設定するには、選択した日時の下の [繰り返さない] をタップ 次に 繰り返す間隔を選択します。
  5. (省略可)辞退の設定を変更し、辞退メッセージを編集します。
  6. [保存] をタップします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
88
false