読み込みに関する問題の解決方法

Google カレンダーに情報を読み込む際にエラーが発生したり、読み込んだ情報の表示が誤っていたりする場合は、下記の方法を使用して問題を解決してください。

注: 次の解決手順はパソコンのみを対象にしています。スマートフォンやタブレットでは使用できません。

最初に書き出しと読み込みで使用した手順を確認する

  1. Google カレンダーから書き出すための手順を参照するか、別のカレンダー アプリケーションからの書き出しに関するヘルプ情報を確認します。
  2. Google カレンダーに読み込むための手順を参照します。

読み込み中のエラー

次のいずれかのエラーが表示される場合は、パソコンでそれぞれの解決手順をお試しください。

「0 件の予定を処理しました」

ZIP ファイルの読み込み

  1. パソコンで ZIP ファイルを探します。
  2. ファイルをダブルクリックして開きます。それぞれのカレンダーの ICAL ファイル(末尾が「ics」)が表示されます。
  3. パソコンで Google カレンダーを開きます。
  4. 右上にある設定アイコン 設定 > [設定] をクリックします。
  5. [カレンダー] タブを開きます。
  6. [マイカレンダー] と [他のカレンダー] の間にある [カレンダーをインポート] をクリックします。
  7. [参照] をクリックして ICAL ファイルを選択します。末尾に「ics」が付いているそれぞれのファイルを個別に読み込む必要があります。
  8. 読み込んだ予定を追加するカレンダーを選択します。既定では、メインのカレンダーに予定が読み込まれます。
  9. [インポート] をクリックします。各ファイル(末尾が「ics」)ごとに読み込みの手順を繰り返します。

CSV ファイルと ICAL ファイルの読み込み

[インポート] ボタンを複数回クリックした場合も、「0 件の予定を処理しました」エラーが表示されます。最初のクリックでファイルは正常に読み込まれており、2 回目のクリックでは新しく処理する予定がないためエラー メッセージが表示されます。カレンダーにすべての予定が表示されていることを確認してください。

この方法で問題が解決しない場合は、CSV ファイルまたは ICAL ファイルの形式を確認してください。

「x/y 件の予定を処理しました」

通常このエラーは、Google カレンダーでファイル内の一部の予定を読み取れない場合に発生します。

Google カレンダーでは、Microsoft Outlook、Apple カレンダー、Yahoo カレンダーなどの主要なカレンダー アプリケーションで作成されたファイルのみを使用できます。これらのアプリケーションから書き出したファイルでエラーが発生した場合は、もう一度書き出して Google カレンダーに読み込んでみてください。

この方法で問題が解決しない場合は、CSV ファイルまたは ICAL ファイルの形式を確認してください。

「Google カレンダーは一時的にご利用いただけません」

ファイルサイズが大きすぎる

これは通常、ファイルが大きすぎる場合に発生します。Google カレンダーは 1 MB 以下のファイルに対応しています。

ファイルが大きすぎる場合は、元のアプリケーションから書き出す期間を短くしてください。CSV または ICAL コードを手動で編集することに抵抗がなければ、ファイルをより小さいファイルに分割することもできます。

読み込みを 2 回行った

[インポート] ボタンを複数回クリックした場合も、「0 件の予定を処理しました」エラーが表示されます。最初のクリックでファイルは正常に読み込まれており、2 回目のクリックでは新しく処理する予定がないためエラー メッセージが表示されます。カレンダーにすべての予定が表示されていることを確認してください。

この方法で問題が解決しない場合は、CSV ファイルまたは ICAL ファイルの形式を確認してください。

「サーバーへの接続がリセットされました」

これは通常、ファイル形式が不適切な場合に発生します。形式を修正するには、CSV ファイルまたは ICAL ファイルの形式を確認してください。

読み込み後のエラー

次のいずれかのエラーが発生した場合は、パソコンを使用してそれぞれの解決手順を行ってください。

予定の時間が誤って表示される

最初にタイムゾーンを確認する

Google カレンダーと元のカレンダー アプリケーションのタイムゾーンが一致していることを確認します。

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。
  2. 右上にある設定アイコン 設定 > [設定] をクリックします。
  3. [現在のタイムゾーン] で、プルダウン メニューからタイムゾーンを選択します。
  4. ページの一番下までスクロールして [保存] をクリックします。

書き出し元のカレンダー アプリケーションでもタイムゾーン設定を確認する必要があります。詳しくは、そのアプリケーションのヘルプ情報を確認してください。

次にもう一度読み込む

タイムゾーンを確認したら、もう一度ファイルを書き出して Google カレンダーに読み込みます。

定期的な予定が機能しない

一部のカレンダー アプリケーションは、定期的な予定を単一の予定の集合として書き出します。Google カレンダーは元のカレンダー アプリケーションが書き出した予定をそのまま読み取るので、これらは 1 回限りの予定として読み込まれます。

フォーマット エラー

ファイルの形式が間違っていると、読み込み時にエラーが発生する可能性があります。下記からファイルタイプを選択してファイルの形式を確認してください。

CSV ファイル(末尾が「csv」のファイル)

ファイルの区切り文字としてカンマが使用されていることを確認する

Google カレンダーは、セミコロン(;)またはコロン(:)を使用してフィールドが区切られたファイルに対応していません。すべてのフィールドがカンマで区切られている必要があります。

ファイルのフィールド ヘッダーが正しいことを確認する

CSV ファイルを読み込みに適した形式にする必要があります。詳しくは、CSV ファイルの作成と編集をご覧ください。 

ファイルサイズを確認する

Google カレンダーは 1 MB 以下のファイルにのみ対応しています。

ファイルが大きすぎる場合は、元のアプリケーションから書き出す期間を短くしてください。CSV コードを手動で編集することに抵抗がなければ、ファイルをより小さいファイルに分割することもできます。

ICAL ファイル(末尾が「ics」のファイル)

ヘッダーとフッターの形式を確認する

ICAL ファイルを読み込みに適した形式にする必要があります。詳しくは、ICAL ファイルの作成と編集をご覧ください。

ファイルサイズを確認する

Google カレンダーは 1 MB 以下のファイルにのみ対応しています。

ファイルが大きすぎる場合は、元のアプリケーションから書き出す期間を短くしてください。ICAL コードを手動で編集することに抵抗がなければ、ファイルをより小さいファイルに分割することもできます。

問題が解決しない場合

問題が継続する場合は、Google カレンダー ヘルプ フォーラムで問題の解決方法について質問してみてください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。