予定を削除する

カレンダー表示したくない予定がある場合は、Google カレンダーから削除するか、非表示にしてください。

自分が作成した予定を削除する

自分が作成した予定、または編集権限がある予定は削除できます。削除した予定は、自分のカレンダーから削除されるほか、招待されているすべてのユーザーのカレンダーからも削除されます。

  1. iPhone または iPad で Google カレンダー アプリ カレンダー を開きます。
  2. 削除する予定を開きます。
  3. 右上のその他アイコン その他メニュー をタップします。
  4. [削除] 次に [予定を削除] の順にタップします。

重要: 予定の主催者ではない場合、[削除] をクリックすると自分のカレンダーからのみ削除されます。

予定を削除したのに、他のユーザーのカレンダーには引き続き表示される

  • 予定を削除しても、その予定が他のユーザーのカレンダーから削除されるまでにはしばらく時間がかかることがあります。
  • 自分が主催者ではない予定を削除した場合、主催者がその予定を削除するまでは他のユーザーのカレンダーからは削除されません。

予定を削除したのに、他のデバイスには引き続き表示される

予定を削除しても、他のデバイスからは直ちに削除されないことがあります。手動で同期すると削除処理を速めることができます。

iOS での手動同期

カレンダー アプリを一旦閉じてから、もう一度開きます。

招待を受けた予定を削除する

招待されている予定で、編集権限が付与されていない場合でも、その予定を自分のカレンダーから削除できます。

この場合、その予定は自分のカレンダーからは削除されますが、予定に招待された他のすべてのユーザーには引き続き表示されます。

  1. iPhone または iPad で Google カレンダー アプリ カレンダー を開きます。
  2. 削除する予定を開きます。
  3. 右上のその他アイコン その他メニュー をタップします。   
  4. [削除] 次に [削除] の順にタップします。

定期的な予定を削除する

定期的に繰り返す予定を削除する場合、下記のオプションが表示されます。ただし、他のユーザーが作成した定期的な予定を削除する場合、これらのオプションは表示されません。​

  • この予定: この予定だけ削除され、以降の予定はすべてそのまま残ります。 
  • 以降すべての予定: この予定と以降のすべての予定が削除されます。 
予定を変更する権限がない場合、自分のカレンダーから削除できる予定は一度に 1 件ずつのみです。

削除した予定をゴミ箱で表示する(パソコンのみ)

自分が作成した予定、または編集権限がある予定を削除すると、そのカレンダーのゴミ箱内に 30 日間保存されます。ゴミ箱を開くと、予定を復元したり、完全に削除したりできます。

注: カレンダーの「予定の変更権限」または「変更および共有の管理権限」があるユーザーなら誰でも、ゴミ箱内の予定を表示、移動できます。

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。
  2. 右上の設定アイコン 設定 次に [ゴミ箱] の順にクリックします。このカレンダーから削除した予定が表示されます。
    • 予定を 1 件ずつ完全に削除するには、削除する予定の横にある削除アイコン ゴミ箱 をクリックします。
    • 選択したすべての予定を完全に削除するには、リストの一番上にある削除アイコン ゴミ箱 をクリックします。
    • 予定を 1 件ずつ元に戻すには、元に戻す予定の横にある元に戻すアイコン 元に戻す をクリックします。
    • 選択したすべての予定を元に戻すには、リストの一番上にある元に戻すアイコン 元に戻す をクリックします。
    • すべての予定を完全に削除するには、[ゴミ箱を空にする次に [空にする] の順にクリックします。
メール通知をオフにしたい

ゴミ箱に移動した予定をこれまで削除したことがない場合、ゴミ箱から予定を削除すると、Google カレンダーから通知メールが届きます。この通知をオフにすることはできませんが、これ以外にゴミ箱に関する通知メールが届くことはありません。

削除したのに [ゴミ箱] に表示されない予定がある

削除したのにカレンダーの [ゴミ箱] に表示されない予定がある場合は、次のいずれかの原因が考えられます。

  • 削除した予定はカレンダーの [ゴミ箱] に 30 日間しか保存されません。
  • 予定の作成に使用されたカレンダーの編集権限を持っていないと、予定を削除しても [ゴミ箱] には表示されません。
  • カレンダーごとに個別の [ゴミ箱] があります。他のカレンダーの [ゴミ箱] を開いてみてください。
  • カレンダーの編集権限を持つユーザーなら誰でも予定を完全に削除したり、復元したりできます。あなた以外にもカレンダーの編集権限を持っているユーザーがいる場合は、そのユーザーが予定を移動していないか確認してください。

注: 定期的な予定を削除した場合は、下の「定期的な予定を削除した」セクションをご覧ください。

復元した予定に出欠確認の返答が表示されない

予定をゴミ箱から復元した場合は、もう一度ゲストに出欠確認を行ってもらう必要があります。

予約していた会議室が利用できなくなっている場合、カレンダーの予定ではその会議室にバツ印が付きます。

定期的な予定を削除した

定期的に繰り返すよう設定した一連の予定を 1 件ずつ削除する

ゴミ箱には、削除した予定が 1 行に 1 件ずつ表示されます。

定期的に繰り返すよう設定した一連の予定を複数件ずつ削除する

ゴミ箱には、1 行に 1 件ずつ予定が表示されるのではなく、すべての予定がまとめて 1 行に表示されます。この予定を復元すると、削除した一連の予定がすべて復元されます。

関連リソース

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。