Google カレンダーの予約枠の使用

この機能は、職場や学校の Google カレンダー アカウントでのみ利用できます。

自分のカレンダーに予約用の時間枠を設定して、他のユーザーが予約できるようにすることができます(教授が学生を招待して、週ごとにオフィスアワーを予約してもらうなど)。

予約枠は、あなたと会う必要がある不特定多数の人に自分の空き時間を知らせたい場合に便利です。カレンダー上の一定の時間に、他のユーザーが予約できる時間枠を設定することができます。たとえば、1 日のうちの 2 時間をミーティングの時間として確保し、その中に 30 分の予約枠を 4 個設定することができます。他のユーザーは、自分の都合に合わせてその予約枠のいずれかを予約します。

予約枠の設定と共有

予約枠と通常の予定の連携

予約用時間枠に複数の予約枠を作成しても、カレンダー上には 1 つの予定として表示されます。予約用時間枠の場合、その予定の左上に予約用時間枠のアイコン 予約 が表示されます。

ユーザーが予約枠のいずれかを予約すると、その予約が 1 つの予定としてそのユーザーのカレンダー上と、あなたのカレンダーの予約用時間枠の中に表示されます。

予約用時間枠を作成する
  1. パソコンで職場や学校のアカウントを使用して Google カレンダーを開きます。
  2. [] ビューまたは [] ビューを表示します。
  3. カレンダー上をクリックします。ポップアップ表示される予定のボックスで、[予約枠] をクリックします。
  4. タイトルなどの詳細を入力して、予定を表示するカレンダーを選択します。
  5. 場所や説明などの情報を追加するには、[その他のオプション] をクリックします。

ヒント: 作成した予約用時間枠を一定の間隔で繰り返すように設定する場合は、他のユーザーを招待する前に設定を行ってください。すでに予約が入っている既存の予約用時間枠を繰り返すように設定すると、予約済みの予約枠に新しい予約枠が重複して作成されるため、その予約枠が重複して予約される恐れがあります。既存の予定を定期的に繰り返すように設定する手順をご覧ください。

予約用時間枠にゲストを追加する

予約用時間枠にゲストを追加すると、その時間枠内のすべての予約枠にそのゲストが追加され、誰かが予約枠のいずれかを予約するたびに通知メールが届くようになります。たとえば、教授が助手をゲストとして追加して、オフィスアワーに同席してもらう場合などに使用できます。

予約用時間枠にゲストを追加するには、その時間枠の予定を開き、[ゲストを追加] をクリックします。 

ヒント: 予約枠を個別に予約する必要があるユーザーはゲストとして追加しないでください。そのようなユーザーには、予約ページへのリンクを送信してください。

他のユーザーを招待して予約枠を予約してもらう

予約用時間枠を設定したら、他のユーザーを招待して、予約ページへのリンクを使って予約枠を予約してもらいます。

  1. Google カレンダーを開きます。
  2. 目的の予約 次に [このカレンダーの予約ページに移動] の順にクリックします。
  3. 予約ページへのリンクをブラウザからコピーして貼り付けます。
  4. 予約枠を予約する必要があるユーザーにこのリンクを送信します。

ヒント: 他のユーザーは Google カレンダーを使用して予約枠を予約できます。必要であれば、相手に Google アカウントを作成してもらってください。

予約枠を予約する

  1. 予約ページへのリンクをクリックします(メール、メッセージ、または共有中の相手のカレンダーの予定に表示されています)。
  2. 予約可能な予約枠 次に [保存] の順にクリックします。

予約枠をキャンセルする

  1. Google カレンダーを開きます。
  2. 目的の予約枠をクリックします。
  3. [参加しますか?] セクションで [いいえ] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。