ウェブサイトを編集して最適化する

ウェブサイト作成ツールでは、編集できる要素とできない要素があります。サイトを最大限に活用するため、ユーザーが求めている情報に合わせて、サイトのコンテンツをカスタマイズしてください。

編集する

サイトに必要な基本的な設定を終えてから、以下の手順を行ってください。サイトの設定が終わっていない場合は、サイトの作成方法をご確認ください。

ウェブサイトを編集する手順は次のとおりです。

  1. Google マイビジネスにログインします。

  2. 複数のビジネス情報がある場合は、管理するビジネス情報を開きます。

  3. メニューで [ウェブサイト] をクリックします。
    • お客様のサイトを訪れた人の数が、ページ左上に表示されます。情報アイコン をクリックすると、サイトのトラフィックの詳細を確認できます。
  4. 画面左側のパネルを使って、サイトのどの部分を編集するかを選択します。選択した部分の編集が終わったら、完了アイコン をクリックします。

編集できる要素

サイトを最適化し、ユーザーにお客様のビジネスをもっとアピールするため、サイトのデザインが随時更新される場合があります。ただし、お客様が編集したサイトの要素(テーマ、写真、投稿など)は変更されません。
  • テーマ
  • [ヘッドライン] や [説明] などのテキスト項目
  • メインボタン: ユーザーに見せたいメインの操作ボタンを指定します。公開したサイトに表示されるボタンの操作内容はプレビューできます。
    • ルートを検索: ユーザーがこのボタンをクリックすると、Google マップが開いて店舗までのルートが表示されます。
    • 今すぐ電話: ユーザーがこのボタンをクリックすると、お客様のビジネスに直接電話がかかります。
    • メニューを表示: ユーザーがこのボタンをクリックすると、お客様が指定したリンク先が開きます。
    • 席を予約: ユーザーがこのボタンをクリックすると、お客様が指定したリンク先が開きます。
    • 注文を確定: ユーザーがこのボタンをクリックすると、お客様が指定したリンク先が開きます。
    • 予約する: ユーザーがこのボタンをクリックすると、お客様が指定したリンク先が開きます。
    • メッセージを送信(SMS): このボタンを押すと、電話番号に SMS メッセージが送信されます。SMS メッセージを受信できる携帯電話番号であることをご確認ください。メッセージ料金とデータ通信料金が適用される場合があります。
    • メッセージを送信(WhatsApp): このボタンを押すと、WhatsApp メッセージが携帯電話番号に送信されます。メッセージを受信するため、WhatsApp がインストールされていることをご確認ください。
    • 見積もり: このボタンを押すと、ユーザーがお客様のサービスについて問い合わせるためのフォームが開きます。ユーザーから問い合わせがあると、通知メールが届きます。
  • 写真: 画像をギャラリーにアップロードするには、ウェブサイトのツールバーで [写真] を選択します。カバー写真を変更するには、プレビューで [カバー写真を変更] をクリックします。ウェブサイトのカバー写真に指定した写真が、Google マイビジネスのリスティングにも表示されます。
  • お店やサービスの名前、住所、営業時間、電話番号、ビジネス カテゴリなどのビジネス情報(お客様のビジネスのオーナー確認が完了するまでビジネス情報への編集内容は Google マップに反映されませんが、ウェブサイトを公開することはできます)。
  • 注文や予約などの外部サイトへのリンク
  • レストランやヘアサロンなどのビジネス向けに、メニュー品目やサービスのリストを表示するオプションがあります。

注: ウェブサイトのコンテンツが Google のポリシーとお客様の国または地域の法律に準拠したものであることを確認してください。一部の国では、商業用のウェブサイトに著作権利者情報またはサイトの免責事項を記載していただく必要があります。お住まいの国で著作権利者情報の記載が必要な場合は、[説明] 欄を使用して該当の情報を追加してください。

ウェブサイトを最適化する

ウェブサイトを顧客にとって魅力的にするためのおすすめの方法を以下にご紹介します。

写真

  • カバー写真は Google でお客様のビジネスが検索された際に表示されるため、ビジネスとの関連性の高い高品質の写真を選択してください。
    • カバー写真は画像の上にヘッドラインなどのテキストとともに表示されるため、テキストのない画像を使用してください。お店のインテリア写真や商品の写真がおすすめです。
  • ピントが合っていて十分な明るさがある写真を使用します。
  • 商品、サービス、スタッフの写真、店舗の所在地などのビジネス情報は、他の写真を使って紹介します。たとえば、レストランの場合は、提供しているさまざまな料理の写真やレストランのインテリアの写真を使うことができるでしょう。
  • サイトには最大 9 枚の写真が表示されます。

詳しくは、ビジネス写真に関する実践的なヒント写真の基準に関する記事をご覧ください。

テキスト エディタ

  • テキスト エディタを使って、商品、サービス、顧客にアピールする点などを強調します。
  • 「ヘッドライン」は主なセールス ポイントを強調し、お客様のビジネスについてさらに詳しく知りたくなるような内容にします。
  • 「説明」と「概要のヘッダー」を使って、独自のセールス ポイントを簡単に説明します。
  • 「概要の本文」を使って、関連情報を提供します。たとえば、レストランなら、いくつかのサンプル メニューなどを記入するとよいでしょう。修理など専門的なサービスを提供している場合は、仕事の内容や、信頼性、対応時間、実績、価格などの特長を強調できます。
  • また、「概要の本文」を使って、オンライン注文や予約システム、顧客がお客様のビジネスについてさらに知ることができる Facebook ページなどのページにリンクすることもできます。

情報

ナビゲーション メニューの [情報] を使用して、基本的なビジネス情報を入力したり変更したりすることができます。

  • ユーザーが確実に連絡を取れるよう、営業時間、お店やサービスの住所、連絡先を間違いなく入力してください。
  • 「設備」、「特長」、「サービス」に加え、支払いポリシーや予約ポリシーを入力すると、ビジネスの詳細情報だけでなく予約方法や支払い方法もユーザーに知らせることができます。このような情報はウェブサイトには表示されませんが、リスティングに追加すると有益です。
  • 店舗コード、ラベル、Google 広告の住所表示オプションの電話番号を含めることもできます。

ヒント: 投稿、チャット、クチコミなどのツールを使うと、ユーザーと交流できます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。