サードパーティにサポートを依頼する

Google マイビジネスについて

Google マイビジネスを使うと、Google 検索や Google マップを利用するユーザーにお客様のビジネスを簡単に見つけてもらうことができます。ビジネス リスティングを作成し、オーナー確認の手続きを完了すると、ユーザーへの第一印象が良くなるように Google サービスで表示するビジネス情報をご自身で管理して、常に最新の状態に維持できます。Google サービスにお客様のビジネス情報が表示されるようになると、その情報に関するユーザー行動のインサイトを取得して、ユーザーがどのような方法でお客様のビジネス情報を発見し、利用しているかを把握できます。

サードパーティを利用する

Google マイビジネスは、お客様のビジネスの成功を後押しするツールです。しかし、場合によっては効果的なビジネス リスティングを作成、管理する時間が十分に取れないこともあるでしょう。そのような場合にサポートや、エキスパートによるアドバイスをご希望の場合は、サードパーティのご利用をおすすめします。数百社もの顧客を抱える大企業から個人経営のウェブ コンサルタントまで、幅広い種類の豊富な企業の中からお選びいただけます。

サードパーティにサポートを依頼するには

Google マイビジネスは無料のツールですが、サードパーティに依頼するリスティングの管理業務は、多くの場合有料になります。サードパーティが提供するサービスは、リスティングを最新の状態に維持する、ユーザーに関するインサイトを知らせる、質問に答える、クチコミに対応するといった便利なサービスです。サードパーティを利用することが投資収益率の改善につながるかどうかを判断するには、利用するサービスのメリットをよく把握することが大切です。

そこで、サードパーティを選んで利用するポイントとして、次の 5 項目を参考にしてください。

  1. よく調べる。サポートを依頼するサードパーティを選ぶ際には、事前に次の点を調べましょう。
    • これまでにビジネス リスティングを管理した経験があるか。
    • お客様と同じような予算やターゲット ユーザーのビジネスを管理した経験があるか。
    • お客様のビジネスの発展に役立つ他のサービスを提供しているか。
  2. 1 つのサードパーティに絞る。同時に複数のサードパーティにサポートを依頼して、成果の高い会社を見極めたいと思われるかもしれませんが、一度に利用するサードパーティは 1 つに絞ってください。Google サービスに表示できるビジネス リスティングは 1 つに限られるため、同時に複数のサードパーティをテストすることはできません。
  3. 仕組みを理解する。Google マイビジネスの仕組みと使い方を理解するのに、それほど時間はかかりません。まずは Google マイビジネスの基本に関するリソースとよくある質問をご覧になり、そのうえでご不明な点がある場合はヘルプセンターをご確認ください。Google マイビジネスの仕組みを理解しておくと、そうした知識に基づいてサードパーティに的確な指示を出すことができます。
  4. 経験を重視する。 Google サービスで数多くのビジネスを管理した実績のある会社であれば、Google マイビジネスについても豊富な知識があると見込まれます。サポートを依頼するサードパーティを決める際には、それまでに Google サービスでビジネスを管理した経験がどの程度あるかを事前に確認してください。
  5. 成果を評価する。Google マイビジネス アカウントにはさまざまなインサイトが表示され、ユーザーが Google サービスでお客様のビジネス情報をどのように発見し、利用しているかを把握することができます。ぜひ月に 1 度はお客様のビジネス リスティングの成果を確認し、サポートを依頼しているサードパーティの実績を評価してください。写真が更新されているか、営業時間が最新の情報になっているか、オンラインでお客様のビジネス情報が発見される経路がどのように変わっているかなどをチェックしましょう。

不正な行為

ほとんどのサードパーティはお客様の利益のために活動していますが、中には信頼できないサードパーティも存在します。サポートを依頼するサードパーティや利用中のサードパーティについては、次のような要注意項目に該当しないかご確認ください。

  • 情報が提供されない。お客様には、ビジネス リスティングの表示回数やクリック数など、ユーザーがお客様のビジネス情報をどのように利用しているのかを詳しく知る権利があります。
  • Google サービスでの掲載順位を保証している。Google 検索や Google マップでお客様のビジネス情報が掲載される順位をサードパーティが操作することは不可能です。詳しくは、ローカル検索結果での掲載順位に関する説明をご覧ください。
  • Google の社員だと主張する。サードパーティの担当者が Google の社員であると主張する場合は、社員と名乗る人の名前を確認し、(「@gmail.com」ではなく)「@google.com」のアカウントからメールを送るように依頼してください。
  • 脅される。お客様の明示的な許可なしに、サードパーティが Google サービスからお客様のビジネス情報を削除したり、ビジネス情報にアクセスしたりすることはできません。
  • 料金を偽る。悪意のあるサードパーティは、お客様と合意した料金を適用しない場合があります。サードパーティにサポートを依頼する際には、必ず正式な契約書を交わし、お客様が一部を保管してください。

サードパーティ ポリシー違反の報告

特定のサードパーティのパートナーがポリシーに違反していると思われる場合は、Google までご連絡ください(サードパーティ ポリシー違反の報告)。

個別に返信できない場合がありますが、ご報告内容につきましては、調査のうえ、適切な対応を取らせていただきます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。