Google Play での書籍販売の仕組み

Google Play での書籍の販売は一部の国でのみ行われているため、このページで説明されている機能の一部はご利用いただけない場合があります。

出版社と著者向けの仕組み

書籍ファイルを提供する

書籍を提出するには、Google ブックス パートナー プログラムに登録してください。PDF または EPUB 形式のファイルを提供できます。両方の形式をアップロードすると、ユーザーは PDF ファイルのオリジナルのレイアウトと EPUB ファイルの柔軟性のあるフローテキストのどちらかを選択できます。

書籍の設定を指定する

Google Play ブックス パートナー センターで書籍設定と販売設定を管理できます。販売する国を指定し、デジタル著作権管理(DRM)を適用するかどうかを選択し、定価を指定します。Google が代理人を務めている場合、または出版社が設定した価格で Google が販売する必要がある場合を除き、Google は適切と判断した価格を設定する裁量を持ちます。ただし、販売から得られた収益はご指定いただいた正規価格に応じて分配されます。

Google がホスティング、販売、配信を処理する

書籍は Google Play で販売されます。Google Play はさまざまなプラットフォームを通して世界中で利用できるデジタル コンテンツ空間です。実際の書店で購入前に立ち読みできるのと同様、書籍の一部を Google ブックスでプレビューすることもできます。詳細なプレビューや販売レポートをダウンロードでき、また個々の販売における収益の大部分をお受け取りいただけます。

書籍を Google Play で販売する方法について詳しくは、手順のチェックリストをご覧ください。

メリット

Google は膨大な数のユーザーを擁しており、コンテンツを簡単に管理できる機能を提供します。また、Google が誇る優れた検索技術により、多くのユーザーに書籍を見つけてもらうことができます。ユーザーが場所と時間を問わずに読書できるようにするという Google の理念も多くの読者を引きつけています。対象地域は世界各地に及び、できる限り早急に対象地域を拡大することを目指しています。そのため、世界中のユーザーの関心を書籍に集めることができます。

Google が書籍の電子版を販売するうえで独占販売権を求めることはありませんので、書籍は Google Play と他の販売店の両方で販売できます。書籍を Google Play で販売するにあたり、費用は発生しません。個々の販売における収益の大部分をお受け取りいただけます。また、収益の分配は常にご指定いただいた正規価格に基づいています。

また、Google ではコンテンツのセキュリティを重視しています。詳細

購入者向けの仕組み

ユーザーは Google Play ストアで書籍を探すか、Google ブックスのプレビューからリンクをたどることで、書籍を探すことができます。書籍を購入すると、ウェブブラウザで直接読み始めることができ、外出中に Google Play ブックス アプリを使って読むこともできます。また、購入後は書籍をサポートされている電子書籍リーダーに転送することもできます。詳しくは Google Play ブックスの使用方法をご覧ください。

Google Play ブックス パートナー センターへの新しい出版社のお申し込みは、一時的に停止しています。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。