この記事では、Google アナリティクス 4 プロパティについて説明します。ユニバーサル アナリティクス プロパティを使用している場合は、ヘルプセンターのユニバーサル アナリティクスのセクションをご覧ください。

[GA4] 目標到達プロセスデータ探索

目標到達プロセスデータ探索では、ユーザーがコンバージョンに至るまでのステップをビジュアル表示し、各ステップでのユーザーの動向をすばやく確認できます。たとえば、見込み顧客がどのように買い物客になり、その後どのように顧客に変わるか、一見客がどのようにリピーターになるのかといったことです。この情報から、非効率なカスタマー ジャーニーや、放棄されるカスタマー ジャーニーの改善を図ることができます。

目標到達プロセスデータ探索を作成する

  1. Google アナリティクスにログインします。
  2. 左側にある [探索] を選択します。
    1. データ探索ワークスペースが表示されます。
  1. 画面上部で [目標到達プロセスデータ探索] テンプレートを選択します。
  2. 以下で説明されているオプションを使用してデータ探索を設定します。
目標到達プロセスのステップを追加するまでは、「このセグメント、値、フィルタ、期間の組み合わせのデータはありません。変数または設定を編集するか、削除してください。」というメッセージが表示されます。

ビジュアリゼーション

[標準の目標到達プロセス](ステップ)または [使用する目標到達プロセスのグラフ](折れ線グラフ)を選択します。使用する目標到達プロセスのグラフでは、すべてのステップを同時に表示することも、ビジュアリゼーションの上部にあるステップ名をクリックして特定のステップを詳しく調べることもできます。

[目標到達プロセスをオープンにする] の切り替えボタン

目標到達プロセスは、ユーザーがプロセスに入ったかどうかを判定する方法によって、「オープン」型と「クローズド」型に分けられます。

  • オープンな目標到達プロセスでは、プロセスの途中のステップから開始したユーザーもすべてカウントされます。
  • クローズドな目標到達プロセスでは、プロセスの最初のステップを経たユーザー以外は無視されます。

いずれの方式でも、ユーザーがプロセスを辿ったと判定されるのは、指定の順序どおりにステップを踏んだ場合のみです。途中のステップを抜かした場合は、後続のステップを完了しても、プロセス内の行動としてはカウントされません。

次の 2 種類の目標到達プロセスを作成してあるとします。

目標到達プロセス ステップ オープン / クローズド
目標到達プロセス 1 A、B、C オープン
目標到達プロセス 2 A、B クローズド


4 人のユーザーが、目標到達プロセスの期間内にサイトを訪問し、それぞれ以下のステップの条件を満たす行動を取ったとします。

ユーザー 条件を満たしたステップ
1 A、B、C
2 B、C
3 A、C
4 C

 

各目標到達プロセスにおいて、各ユーザーが完了したと判定されるステップは次のとおりです。

目標到達プロセス 1:

ユーザー 完了したと判定されるステップ
1 A、B、C
2 B、C
3 A
4 C

 

目標到達プロセス 2:

ユーザー 完了したと判定されるステップ
1 A、B、C
3 A


説明:

目標到達プロセス 1 はオープン型なので、途中のステップから開始したユーザーもカウントされます。4 人全員がプロセスに入ったものと判定されていますが、順序どおりに辿ったステップでなければカウントされないため、ユーザー 3 はステップ A のみを完了した扱いです(ステップ B を抜かしたため、ステップ C の完了は無視されています)。

目標到達プロセス 2 はクローズド型なので、最初のステップ(ステップ A)を経たユーザー以外は無視されます。このため、カウントされているのはユーザー 1 および 3 のみです。

セグメントの比較

最大 4 つのセグメントを適用して、特定のユーザーセットのみに焦点を当てることができます。データ表を右クリックすると、データからセグメントを作成できます。

ステップ

ステップでは、測定するカスタマー ジャーニーを定義します。各目標到達プロセスのステップは最大 10 個まで定義できます。

ステップを並べ替えるには、[タブの設定] でステップを新しい位置にドラッグします。

目標到達プロセスのステップの編集

ステップを追加または編集するには、鉛筆アイコン 編集 をクリックして、次の操作を行います。

  1. 各ステップにわかりやすい名前を付けます。
  2. ユーザーが目標到達プロセスの各ステップに含まれる条件を、1 つ以上追加します。

    条件は、ユーザーがトリガーするイベント、またはユーザーが共有するディメンション値に基づいて設定できます。たとえば、「ユーザー獲得発生キャンペーン」ディメンションが「サマーセール」と等しい、または「purchace」イベントのパラメータ「value」を「>= 100」と設定します。
    指標に基づいて目標到達プロセスのステップを定義することはできません。
  3. 条件に句を追加するには、[AND] または [OR] をクリックします。
  4. 目標到達プロセスにステップを追加するには、[ステップを追加] をクリックします。
  5. 追加するステップと前のステップの関係([次の間接的ステップ] または [次の直接的ステップ])を指定します。 
    1. [次の間接的ステップ] の場合、前のステップとの間に別のアクションが挟まっていても、プロセスを辿ったものと判定されます。
    2. [次の直接的ステップ] の場合、前のステップの直後に所定のアクションを完了しなければ、プロセスを辿ったものと判定されません。
  6. 所定のアクションを完了するまでの時間に制限を設ける場合は、[以内] のチェックボックスをオンにして、制限時間を入力します。
  7. [適用] をクリックします。
目標到達プロセスを作成すると、右側の [サマリー] カードが更新され、条件がデータとどのように一致しているかを確認できます。

ステップをコピーまたは削除したり、選択したステップの上下に追加したりするには、その他アイコン その他のオプション。 をクリックします。

内訳

表のデータ系列を分割するために使用するディメンションを選択します。

ディメンションあたりの行数

表に含めるデータ系列の数を設定します。

[経過時間を表示する] の切り替えボタン

この設定をオンにすると、目標到達プロセスの各ステップ間の平均経過時間が表示されます。

次の操作

目標到達プロセスの各ステップの後に最も多く見られるユーザー行動を表示するディメンションを選択します。

フィルタ

指定された条件に基づいて、データ探索に表示されるデータを絞り込みます。フィルタに複数の条件がある場合、フィルタが適用されるにはすべての条件を満たす必要があります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false