[GA4] アクセス権とデータ制限の管理

Google アナリティクスのアカウントまたはプロパティで、役割の割り当ておよびデータ制限によりアクセス権を管理する方法を確認する

この記事では、Google アナリティクス 4 とユニバーサル アナリティクスのアクセス権とデータ制限の管理について説明します。Google アナリティクス 4 とユニバーサル アナリティクスではいずれも、役割を割り当ててアクセス権を管理します。Google アナリティクス 4 では、以下で説明するデータ制限オプションのいずれかまたは両方を選択して、データ制限を管理します。ユニバーサル アナリティクスでは、ユーザーにさまざまなレポートビューへのアクセス権を付与することでデータ制限を管理します。

この記事の内容:

Google アナリティクス 4

アクセス権とデータ制限は、アカウント単位とプロパティ単位で管理できます。

役割とデータ制限を割り当てる手順は次のとおりです。

  1. [管理] の [アカウント] または [プロパティ] で [アカウントのアクセス管理] または [プロパティのアクセス管理] をクリックします。
  2. 新規または既存のメンバー(ユーザーやグループなど)に役割を割り当てます。詳しくは、ユーザーの追加と編集についての記事をご確認ください。

有効な権限とは、他のリソース(例: 組織、ユーザー グループ、現在のプロパティが含まれるアカウント)を通じてメンバーに割り当てられた役割とデータ制限、および現在のリソースに明示的に割り当てられたすべての直接権限です。

直接権限とは、現在のリソース(例: 組織、アカウント、プロパティ)に対してメンバーに明示的に割り当てられた役割とデータ制限です。

次の 5 つの役割と 2 つのデータ制限が使用可能です。

役割 説明
管理者

アナリティクスのすべてを管理できる権限です。ユーザーの管理(ユーザーの追加および削除、役割およびデータ制限の割り当て)を行うことができます。アカウントまたはプロパティでこの役割を持つすべてのユーザー(自分自身を含む)に完全な権限を付与できます。

「編集者」役割の権限が含まれます。

(以前の「ユーザー管理権限」に代わるものです)

編集者

プロパティ単位の設定をすべて管理できる権限です。ユーザーを管理することはできません。

「アナリスト」役割の権限が含まれます。

(「編集権限」の新しい名称です)

マーケティング担当者

オーディエンス、コンバージョン、アトリビューション モデル、イベント、計測期間を作成、編集、削除できます。

「アナリスト」役割の権限が含まれます。

アナリスト

特定のプロパティ アセットを作成、編集、削除できます。共有アセットの共同編集を行うことができます。

「閲覧者」役割の権限が含まれます。

(「共同編集権限」の新しい名称です)

プロパティ アセットにはデータ探索ツールなどがあります。

閲覧者

設定とデータの表示、レポートに表示するデータの変更(比較の追加、セカンダリ ディメンションの追加など)、管理画面または API を介した共有アセットの表示が可能です。この権限で共有アセットを共同編集することはできません。「閲覧者」役割を持つユーザーは、たとえば共有したデータ探索を参照することはできますが、編集はできません。

(「表示と分析権限」の新しい名称です)

なし ユーザーにこのリソースの役割が割り当てられていません。別のリソースの役割が割り当てられている可能性があります。

 

データ制限 説明
費用指標なし

費用に関連する指標は表示されません。

レポート、データ探索ツール、オーディエンス、インサイト、アラートでは、費用指標を使用できません。詳しくは以下をご確認ください。

収益指標なし

収益に関する指標は表示されません。

レポート、データ探索ツール、オーディエンス、インサイト、アラートでは、収益指標を使用できません。詳しくは以下をご確認ください。

 

費用指標と収益指標

以下のリストに記載された各指標に加えて、費用指標および収益指標には、費用指標または収益指標として認識されるカスタム指標と、費用指標または収益指標から派生したすべての指標が含まれます。

このリストは、アナリティクスに費用指標または収益指標が追加されると更新されます。

費用指標

Google 広告の費用

Google 広告のクリック単価

Google 広告の動画費用

コンバージョン単価

Google 広告以外の費用

Google 広告以外のクリック単価

Google 広告以外のコンバージョン単価

広告費用対効果

Google 広告以外の費用対効果

収益指標

広告収益

Google 広告優先のラストクリック モデルに基づいて貢献度が割り当てられた収益額

平均日次収益

平均イベント収益

商品の平均収益

商品の平均価格

購入による平均収益

ユーザーあたりの平均購入収益

購入者あたりの平均収益

有料ユーザーあたりの平均収益(ARPPU)

ユーザーあたりの平均収益(ARPU)

複合収益(コホートの初回起動の合計数あたり)

複合収益(コホートの初回アクセスの合計数あたり)

複合収益(コホートの初回アクセスと初回起動の合計数あたり)

データドリブン アトリビューションに基づく収益

e コマースでの購入数量

e コマースの収益

イベントの値

イベント収益

ファースト クリック モデルに基づいて貢献度が割り当てられた収益額

商品価格

アイテムの払い戻し

アイテムの収益

ラストクリック モデルに基づいて貢献度が割り当てられた収益額

全期間の広告収入

ライフタイム バリュー(LTV)

線形モデルに基づいて貢献度が割り当てられた収益額

1 日の最高収益

1 日の最低収益

接点ベースモデルに基づいて貢献度が割り当てられた収益額

予測収益

商品の収益

購入による収益

払い戻し

広告費用対効果

Google 広告以外の費用対効果

収益

減衰モデルに基づいて貢献度が割り当てられた収益額

広告収入合計

総収益

親レベルの役割はデフォルトで継承されます(例: アカウント > プロパティ)。たとえば、ユーザーにアカウント単位で役割を付与すると、ユーザーはそのアカウントのすべてのプロパティに対し同じ役割を持つことになります。

ユーザーの有効な権限は、そのリソースに対する最も制限の少ない役割に相当します。

たとえば、アカウントに対する「編集者」役割がユーザーに付与されている場合、そのユーザーは、そのアカウントに含まれるすべてのプロパティに対して「編集者」の権限を持つことになります。権限がより限定された役割が割り当てられたプロパティがある場合も、「編集者」役割は影響を受けません。

また、あるプロパティで、アカウント単位で付与されている役割よりも制限の少ない役割がユーザーに付与されている場合は、制限の少ない役割がそのプロパティに適用されます。

データ制限を直接権限として追加することもできますが、継承権限として有効になっている場合は削除できません。たとえば、ユーザーにアカウント単位で「費用指標なし」が付与されている場合、そのアカウント内のすべてのプロパティで費用指標は表示されません。ただし、そのアカウント内の 1 つ以上のプロパティに「収益指標なし」制限を追加することはできます。

管理者が各ユーザーに設定されている役割を確認するには、次の 2 つの方法があります(アカウント単位またはプロパティ単位の [ユーザー管理] ページで確認)。

  • 役割を確認するユーザー名を検索します。
  • アカウントの [役割] 列見出しをクリックして、リストを役割ごとに並べ替えます。

データ制限がアナリティクスの他の機能に与える影響

データ制限は、アナリティクスの管理画面と、類似の Analytics API 呼び出しの両方に適用されます。

データ制限は、アナリティクスのアクセス管理を通じて作成および適用されます。アナリティクスにリンクされた他の Google サービスの権限に基づいてアナリティクスに対する権限が付与されているユーザーの場合、これらのデータ制限の対象とならないことがあります。

機能 効果
レポート

制限付き指標の値と、制限付き指標から派生した値は、レポートに表示されません。代わりに「0」が表示されます。

レポートに関連付けられた制限付き指標は、指標選択ツールで使用できます(レポートをカスタマイズする場合など)。データ制限の対象となるユーザーは、これらの指標を追加できますが、結果を表示することはできません(たとえば、カスタム レポートに指標を追加することはできますが、指標値を表示することはできません)。

データ探索ツール

制限付き指標はデータ探索ツールに表示されません。

データ探索に関連付けられた制限付き指標は、指標選択ツールで使用できます(データ探索を作成する場合など)。データ制限の対象となるユーザーは、これらの指標を追加できますが、結果を表示することはできません(たとえば、データ探索ツールに指標を追加することはできますが、指標値を表示することはできません)。

オーディエンス

オーディエンスに関連付けられた制限付き指標は、指標選択ツールで使用できます。データ制限が適用されるユーザーは、制限付き指標に基づいてオーディエンスを作成したり、作成後にオーディエンス名を編集したりできますが、次の制限が適用されます。

制限付き指標を含むオーディエンス(ディメンション フィルタなど)は使用できません。

制限付き指標を含むオーディエンスの数は表示できません。

制限付き指標に基づいてオーディエンス トリガーをオーディエンスに追加できません。

自動インサイト 制限付き指標に基づく自動インサイトは、管理画面に表示されません。
カスタム インサイト

権限を持つユーザーは、制限付き指標に基づいてカスタム インサイトを作成および編集できます。

カスタム インサイトは、管理画面に表示されず、メールで受信できません。

カスタム指標 権限を持つユーザーは、カスタム指標を作成し、その指標に費用または収益のデータが含まれていることを表示できます。対応するデータ制限の対象となっているユーザーは、カスタム指標に費用または収益のデータが含まれているという表示を削除することはできません。このようなカスタム指標へのアクセスには、この記事に記載されているすべての制限が適用されます。
アナリティクスと Firebase のリンク

Firebase プロジェクトをアナリティクス プロパティにリンクすると、Firebase プロジェクトのユーザーにアナリティクスの役割が自動的に付与されます。

  • プロジェクト内の Firebase ユーザーは、最も高い Firebase 向け firebaseanalytics の権限に基づいて、次の 4 つの Firebase 仮想ユーザーのいずれかに割り当てられます。
    • Firebase プロジェクト <プロジェクト番号> 編集者
    • Firebase プロジェクト <プロジェクト番号> マーケティング担当者
    • Firebase プロジェクト <プロジェクト番号> 閲覧者(データの制限なし)
    • Firebase プロジェクト <プロジェクト番号> 閲覧者(コストおよび収益に関するデータへのアクセス権なし)
  • Firebase 仮想ユーザーには、同様に、リンクされたアナリティクス プロパティのデフォルトの役割が割り当てられます。
所有している Firebase の役割または権限 割り当てられる Firebase 仮想ユーザー 割り当てられるアナリティクスの役割

firebaseanalytics.resources.

googleAnalyticsEdit

Firebase プロジェクト <プロジェクト番号> 編集者

編集者

データ制限なし

firebaseanalytics.resources.

googleAnalyticsAdditionalAccess

Firebase プロジェクト <プロジェクト番号> マーケティング担当者 マーケティング担当者

firebaseanalytics.resources.

googleAnalyticsReadAndAnalyze

Firebase プロジェクト <プロジェクト番号> 閲覧者

閲覧者

データ制限なし

firebaseanalytics.resources.

googleAnalyticsRestricedAccess

Firebase プロジェクト <プロジェクト番号> 閲覧者

閲覧者

コストおよび収益に関するデータへのアクセス権なし

 

アナリティクスのアクセス管理では、各 Firebase 仮想ユーザーは、リンクされた Firebase プロジェクト内のユーザー グループを表します。

アナリティクス管理者は、プロパティの Firebase 仮想ユーザーに割り当てられているアナリティクスの役割とデータ制限を変更できます。Firebase 仮想ユーザーに割り当てられているアナリティクスの役割とデータ制限を変更した場合、その仮想ユーザーに割り当てられている Firebase プロジェクト内のすべてのユーザーに影響します。

役割(ロール)の割り当てとデータ制限は、Firebase プロジェクトとアナリティクス プロパティ間のリンクが削除されるまで維持されます。

アナリティクスの管理者は、[管理] > リンクしたプロパティ > [プロパティのアクセス管理] で Firebase での役割におけるアクセス権を編集できます。

2023 年 1 月 4 日より前に Firebase プロジェクトを Google アナリティクス 4 プロパティにリンクしていた場合、Firebase にリンクしたユーザーのアナリティクスでの役割とアクセス権は、上記の表とは異なる可能性があります。

 

アナリティクスと Google 広告のリンク

Google 広告アカウントをアナリティクス プロパティにリンクすると、Google 広告のユーザーにアナリティクスの役割が自動的に付与されます。Google 広告からアナリティクスのオーディエンスを作成するなど、Google 広告のユーザーが Google 広告内でアナリティクスの機能を使用できるように、アクセス権を管理できます。

  • Google 広告アカウントのユーザーは、その Google 広告アカウントのアクセス権に応じて、次の 5 種類の Google 広告リンク済みユーザーのいずれかに割り当てられます。
    • Google 広告アカウント <アカウント番号> 管理者
    • Google 広告アカウント <アカウント番号> 標準
    • Google 広告アカウント <アカウント番号> 読み取り専用
    • Google 広告アカウント <アカウント番号> 請求
    • Google 広告アカウント <アカウント番号> メール専用
  • Google 広告リンク済みユーザーには、アナリティクスの管理者によって、リンクされたアナリティクス プロパティの役割が割り当てられます。
    • Google 広告内でアナリティクスのオーディエンスを作成するには、リンクされたプロパティの管理者、編集者、またはマーケティング担当者である必要があります。
所有している Google 広告アカウントのアクセス権 割り当てられる Google 広告リンク済みユーザー 割り当てが推奨されるアナリティクスの役割

管理者

Google 広告アカウント <アカウント番号> 管理者

編集者

標準

Google 広告アカウント <アカウント番号> 標準

マーケティング担当者

読み取り専用

Google 広告アカウント <アカウント番号> 読み取り専用

閲覧者

請求

Google 広告アカウント <アカウント番号> 請求

閲覧者

メール専用

Google 広告アカウント <アカウント番号> メール専用

閲覧者

 

アナリティクスのアクセス管理では、各 Google 広告リンク済みユーザーは、リンクされた Google 広告アカウント内のユーザー グループを表します。

アナリティクス管理者は、プロパティの Google 広告リンク済みユーザーに割り当てられているアナリティクスの役割とデータ制限を変更できます。Google 広告リンク済みユーザーに割り当てられているアナリティクスの役割とデータ制限を変更した場合、リンク済みユーザーに割り当てられている Google 広告アカウント内のすべてのユーザーに影響します。

役割の割り当てとデータ制限は、Google 広告アカウントとアナリティクス プロパティのリンクが解除されるまで保持されます。

アナリティクスの管理者は、[管理] > リンクされたプロパティの [Google 広告のリンク] で Google 広告リンク済みユーザーのアクセス権を表示および編集できます。また、他のユーザーと同様に、ユーザーのアクセス権を設定することも可能です。

各ユーザーに設定されている役割を確認するには、次の 2 つの方法があります(アカウント単位またはプロパティ単位の [アカウント アクセス管理] ページで確認)。

  • 権限を確認するユーザー名を検索します。
  • [アカウントのアクセス許可] 列見出しをクリックして、リストを権限ごとに並べ替えます。

 

ユニバーサル アナリティクス

アナリティクスでは、アカウント、プロパティ、ビューの各単位でユーザー権限を割り当てることができます。

権限を設定するには:

  1. [管理] をクリックします。
  2. [アカウント]、[プロパティ]、または [ビュー] 列の [アクセス管理] をクリックします。
  3. 新規または既存のメンバー(ユーザーやグループなど)に役割を割り当てます。詳しくは、ユーザーの追加と編集についての記事をご確認ください。

有効な権限とは、他のリソース(例: 組織、ユーザー グループ、現在のプロパティが含まれるアカウント)を通じてメンバーに割り当てられた役割とデータ制限、および現在のリソースに明示的に割り当てられたすべての直接権限です。

直接権限とは、現在のリソース(例: 組織、アカウント、プロパティ)に対してメンバーに明示的に割り当てられた役割とデータ制限です。

次の 5 つの役割と 2 つのデータ制限が使用可能です。

役割 説明
管理者

アナリティクスのすべてを管理できる権限です。ユーザーの管理(ユーザーの追加および削除、役割およびデータ制限の割り当て)を行うことができます。アカウントまたはプロパティでこの役割を持つすべてのユーザー(自分自身を含む)に完全な権限を付与できます。

「編集者」役割を含みます。

(以前の「ユーザー管理権限」に代わるものです)

編集者

プロパティ単位の設定をすべて管理できる権限です。ユーザーを管理することはできません。

「アナリスト」役割を含みます。

(「編集権限」の新しい名称です)

マーケティング担当者

機能的には、ユニバーサル アナリティクスの「アナリスト」役割と同じです。

アナリスト

プロパティ アセットの作成、編集、削除、共有、および共有アセットの共同編集を行うことができます。

「閲覧者」役割を含みます。

(「共同編集権限」の新しい名称です)

プロパティ アセットには次が含まれます。

閲覧者

レポートと設定データの表示、レポート内でのデータ操作(比較の追加、セカンダリ ディメンションの追加など)、個人アセットの作成と共有、管理画面または API を介した共有アセットの表示が可能です。この権限で共有アセットを共同編集することはできません。

(「表示と分析権限」の新しい名称です)

なし ユーザーにこのオブジェクトの役割が割り当てられていません。別のオブジェクトの役割が割り当てられている可能性があります。

 

管理者が各ユーザーに設定されている役割を確認するには、次の 2 つの方法があります(アカウント、プロパティ、またはビューの各単位の [アカウント アクセス管理] ページで確認)。

  • 権限を確認するユーザー名を検索します。
  • [アカウントのアクセス許可] 列見出しをクリックして、リストを権限ごとに並べ替えます。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
17518940128744539964