キャンペーン マネージャーおよびディスプレイ&ビデオ 360 の自動タグ設定のオーバーライド

クリックデータにカスタム UTM 値を使用できます。
この機能は、Google マーケティング プラットフォームに含まれる Google アナリティクス 360 でのみご利用いただけます。
Google マーケティング プラットフォームの詳細

この機能は、アナリティクスでキャンペーン マネージャーの統合またはディスプレイ&ビデオ 360 レポート統合をご利用のお客様向けに提供されています。

デフォルトでは、キャンペーン マネージャーとディスプレイ&ビデオ 360 由来のデータは次のようにタグ設定されます。

  • キャンペーン マネージャー:
    • 参照元: dfa(utm_source パラメータ)
    • メディア: cpm(キャンペーン マネージャー由来の検索広告 360 トラフィックを除く)(utm_medium パラメータ)
    • キャンペーン: CM キャンペーン名(utm_campaign パラメータ)
  • ディスプレイ&ビデオ 360:
    • 参照元: dbm(utm_source パラメータ)
    • メディア: cpm(utm_medium パラメータ)

自動タグ設定のオーバーライド機能を使用すると、参照元、メディア、キャンペーンを手動でカスタム値に設定できます。たとえば、[参照元 / メディア] を「dfa / cpm」から「example.com / newsletter」に変更できます。

自動タグ設定のオーバーライド機能を有効にしたもののカスタム値を指定しなかった場合、デフォルト値が適用されます。たとえば、utm_source にカスタム値を設定し、utm_medium にカスタム値を設定しなかった場合、utm_medium にはデフォルト値が適用されます。

キャンペーン マネージャー データまたはディスプレイ&ビデオ 360 データの [参照元 / メディア] の値を変更すると、デフォルト チャネル グループではデータが自動的にディスプレイとして分類されない場合があります。このような場合、チャネル グループを編集してデータが目的のチャネルに表示されるようにする必要があります。

参照元、メディア、キャンペーンのカスタム値を使用して、クリック トラフィックをデフォルト チャネル グループMCF チャネル グループの特定のチャネルに分類することもできます。

:
  • このオーバーライド機能はクリックデータのみに適用され、インプレッション データには適用されません。
  • [集客] > [Google マーケティング プラットフォーム] のレポート群(「キャンペーン マネージャー」レポートや「ディスプレイ&ビデオ 360」レポートなど)は、このオーバーライド機能の対象になりません。これらのレポートでは、自動タグ設定された値が使用されます。

 

自動タグ設定のオーバーライドを有効にするには:

プロパティ設定を編集するには編集権限が必要です。

  1. Google アナリティクスにログインします。
    注: Google 広告アカウントからアナリティクスを直接開くこともできます。[運用ツール] タブ、[アナリティクス] の順にクリックし、以下の手順に従ってください。
  2. [管理] タブをクリックして、設定を編集するプロパティに移動します。
  3. [プロパティ] 列の [プロパティ設定] をクリックします。
  4. [詳細設定] を展開します。
  5. [DoubleClick Campaign Manager と DoubleClick Bid Manager のレポート統合で、手動タグ設定(UTM 値)による自動タグ設定(DCLID 値)のオーバーライドを許可します] をオンにします。
  6. [保存] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。