この記事では、2023 年 7 月 1 日(アナリティクス 360 プロパティの場合は 2023 年 10 月 1 日)をもってデータ処理が停止されるユニバーサル アナリティクス プロパティについて説明します。まだ使用していない場合は、Google アナリティクス 4 プロパティの使用を開始してください。

拡張 e コマースのレポート

拡張 e コマースでは、分かりやすく実用的な各種レポートを利用できます。下記は、ビューに対して拡張 e コマースを有効にすることで、自由に利用できるようになるレポートの例です。

この記事の内容:

要件

  1. ec.js を使用してページにタグを付ける
  2. ビューに対して拡張 e コマースを有効にする

拡張 e コマースのレポートを表示する

拡張 e コマースのレポートにアクセスする方法は次のとおりです。
  1. アナリティクス アカウントにログインします。
  2. 目的のビューに移動します。
  3. [レポート] を開きます。
  4. [コンバージョン] > [e コマース] を選択します。

利用可能なデータ

サマリー レポートではビジネスの全体的な状況を確認できるほか、次の 3 つの関連指標のカテゴリが用意されています。

収益とコンバージョン率

  • 収益(e コマース トランザクションの合計収益。税金と配送料が含まれる場合があります)
  • e コマースのコンバージョン率(セッションに対するトランザクションの割合で、パーセント値で表されます)

トランザクション

  • トランザクション数(サイトで行われた合計トランザクション数)
  • 平均注文額(1 回の注文あたりの平均注文額)
  • 平均数量(トランザクションあたりの平均商品販売数)

マーケティング

内部プロモーションの表示回数

下記でのトランザクションの合計数、総収益、平均注文額

  • キャンペーン
  • オーダー クーポン コード
  • アフィリエーション

集計した指標に加えて、個々の商品、商品カテゴリ、商品ブランド別に収益に関する各指標を確認することもできます。

レポートの上部にあるグラフを使用して、指定した期間にわたって e コマースの 2 つの指標を比較します。

e コマースの概要

サマリー レポートには、次の内容が含まれます。

  • 収益
  • e コマースのコンバージョン率
  • トランザクション
  • 平均注文額
  • マーケティング(キャンペーン、内部プロモーション、オーダー クーポン コード、アフィリエーション)
  • ベストセラー(商品、カテゴリ、ブランド別)

ショッピング行動の分析

ショッピング行動の分析レポートでは、購入プロセスの各段階を含めたセッションの数、あるステップから次のステップへと至ったセッションの数、各段階におけるプロセスの放棄回数を確認できます。目標到達プロセスで放棄(ステップの下部にある赤い矢印)が示されている場合、ユーザーが 1 回のセッションにおいてプロセスの以降のステップを完了しなかったことを意味します。ユーザーは、(ステップの上部にある個々の青いバーで示される)任意の段階で目標到達プロセスに再度入ることが可能です。たとえば、ユーザーが 1 回のセッション中にカートに何かを追加してから、その後のセッションで購入を完了するために戻ってきた場合、目標到達プロセスでは、ユーザーが決済手続きに再度入ったとカウントされます。

商品の表示回数からトランザクションまで、ユーザーのショッピング エクスペリエンスを評価できます。

アナリティクスでは、タグ設定に基づいて目標到達プロセスのステップを決定します。購入プロセスのタグ設定に関する詳細をご確認ください。

目標到達プロセスを使用して、購入プロセスにおける強みと弱みを特定します。分析の例は、購入プロセスの成果の評価に関する記事をご覧ください。

目標到達プロセスを通過したセッションの数を把握できるだけでなく、商品の閲覧が含まれるセッションの数や決済時にプロセスを放棄したセッションの数というように、セッションのセグメントを作成することも可能です。セグメントは、目標到達プロセスのステップや放棄を示す矢印をクリックするだけで簡単に作成できます。詳しくは、目標到達プロセスからセグメントを作成する方法をご覧ください。

目標到達プロセス以外にも、セッション全般やユーザーが購入プロセスを放棄した間のセッションについていくつかのディメンションや指標を表で評価できます。

拡張 e コマースにおけるショッピングの段階のディメンションと目標到達プロセスのステップの指標との対応
ショッピングの段階のディメンション 目標到達プロセスのステップの指標
ALL_VISITS すべてのセッション
NO_SHOPPING_ACTIVITY ショッピング アクティビティなし
ヒットと詳細、追加、決済、購入アクションを送信せずに最初のステップを終了
PRODUCT_VIEW 商品表示が発生したセッション
ヒットと 1 つ以上の詳細アクションを送信
NO_CART_ADDITION カートへの追加なし
1 つ以上の詳細アクションを送信(追加、決済、購入アクションはヒットと送信しない)
ADD_TO_CART カートへの追加が発生したセッション
ADD_TO_CART_WITHOUT_VIEW カートへの追加が発生したセッション(上部スライス)
このステップで目標到達プロセスを開始(詳細アクションはヒットと送信しない)
ADD_TO_CART_WITH_VIEW カートへの追加が発生したセッション(下部スライス)
ヒットと 1 つ以上の詳細アクションを送信(前および現在のステップを含む)
CART_ABANDONMENT カートの放棄
1 つ以上の追加アクションを送信(決済および購入アクションはヒットと送信しない)
CHECKOUT 決済が発生したセッション
CHECKOUT_WITHOUT_CART_ADDITION 決済が発生したセッション(上部スライス)
このステップで目標到達プロセスを開始(追加アクションはヒットと送信しない)
CHECKOUT_WITH_CART_ADDITION 決済が発生したセッション(下部スライス)
ヒットと 1 つ以上の追加アクションを送信(前および現在のステップを含む)
CHECKOUT_ABANDONMENT 決済の放棄
1 つ以上の決済アクションを送信(購入アクションはヒットと送信しない)
TRANSACTION トランザクションが発生したセッション
ヒットと 1 つ以上の購入アクションを送信
TRANSACTION_WITHOUT_CHECKOUT トランザクションが発生したセッション(上部スライス)
このステップで目標到達プロセスを開始(決済アクションはヒットと送信しない)

決済行動分析

決済行動分析レポートでは、ユーザーが決済プロセスを正しく辿っているかを確認できます。決済プロセスは、あるステップから次のステップへと進んだユーザーの数や各ステップでプロセスを放棄したユーザーの数、各ステップでプロセスに流入したユーザーの数を示しています。

アナリティクスでは、タグ設定に基づいて目標到達プロセスのステップを決定します。決済プロセスに関する詳細をご確認ください。

目標到達プロセスを使用して、決済プロセスにおける強みと弱みを特定します。分析の例は、決済プロセスの成果をご覧ください。

目標到達プロセスを通過したセッションの数を把握できるだけでなく、ステップ 1 が含まれるセッションやステップ 1 からステップ 2 へのユーザーの移動が含まれるセッション、最終ステップでプロセスが放棄されたセッション、最終ステップで流入があったセッションというように、セッションのセグメントを作成することも可能です。セグメントは、目標到達プロセスのステップや移動、放棄を示す矢印、特定のステップでの流入(ステップの上部にあるバー)をクリックするだけで作成できます。詳しくは、目標到達プロセスからセグメントを作成する方法をご覧ください。

目標到達プロセス以外にも、セッション全般やユーザーが決済プロセスを放棄した間のセッションについて、いくつかのディメンションや指標を表で評価できます。

拡張 e コマースにおける決済行動のディメンションと目標到達プロセスのステップの指標との対応
決済行動のディメンション 目標到達プロセスのステップの指標
CHECKOUT_1 決済ステップ 1(請求など)
「ステップ = 1」が指定された 1 つ以上の決済アクション、またはステップが指定されていない 1 つ以上の決済アクションをヒットと送信
CHECKOUT_1_ABANDONMENT 決済ステップ 1 の放棄(請求の撤回など)
ステップが指定されていない、またはステップ 1 が指定された 1 つ以上の決済アクションをヒットと送信(以降の決済ステップまたは購入ステップは送信しない)
CHECKOUT_2_WITHOUT_CHECKOUT 決済ステップ 2(上部スライス)(配送など)
このステップで目標到達プロセスを開始(「ステップ = 1」が指定された決済アクションはヒットと送信しない)
CHECKOUT_2 決済ステップ 2(下部スライス)(配送など)
ヒットと 1 つ以上の決済アクションを送信(前および現在のステップを含む)
CHECKOUT_2_ABANDONMENT 決済ステップ 2 の放棄(配送の撤回など)
ヒットと「ステップ = 2」が指定された 1 つ以上の決済アクションを送信(以降の決済ステップまたは購入ステップは送信しない)
CHECKOUT_3_WITHOUT_CHECKOUT 決済ステップ 3(上部スライス)(支払いなど)
このステップで目標到達プロセスを開始(「ステップ = 2」が指定された決済アクションはヒットと送信しない)
CHECKOUT_3 決済ステップ 3(下部スライス)(支払いなど)
ヒットと 1 つ以上の決済アクションを送信(前および現在のステップを含む)
CHECKOUT_3_ABANDONMENT 決済ステップ 3 の放棄(支払いの撤回など)
ヒットと「ステップ = 3」が指定された 1 つ以上の決済アクションを送信(以降の決済ステップまたは購入ステップは送信しない)
CHECKOUT_4_WITHOUT_CHECKOUT 決済ステップ 4(上部スライス)(審査など)
このステップで目標到達プロセスを開始(「ステップ = 3」が指定された決済アクションはヒットと送信しない)
CHECKOUT_4 決済ステップ 4(下部スライス)(審査など)
ヒットと 1 つ以上の決済アクションを送信(前および現在のステップを含む)
CHECKOUT_4_ABANDONMENT 決済ステップ 4 の放棄(審査の撤回など)
ヒットと「ステップ = 4」が指定された 1 つ以上の決済アクションを送信(以降の決済ステップまたは購入ステップは送信しない)
TRANSACTION トランザクションが発生したセッション
ヒットと 1 つ以上の購入アクションを送信
TRANSACTION_WITHOUT_CHECKOUT トランザクションが発生したセッション(上部スライス)
このステップで目標到達プロセスを開始(「ステップ = 4」が指定された決済アクションはヒットと送信しない)

ショッピング行動と決済行動の目標到達プロセス

このセクションでは、ショッピング行動や決済行動の分析レポートで、目標到達プロセス内で前のページに逆戻りしたユーザーや、目標到達プロセス内でページをスキップしたユーザー、目標到達プロセスのシーケンスに従わないユーザーが、どのように取り扱われているかを説明します。

以下では、ページ A > ページ B > ページ C の 3 ページで構成される目標到達プロセスを例に説明します。

逆戻り

ページ A > ページ B > ページ C > ページ B > ページ C

このユーザーはページ C からページ B に逆戻りした後、目標到達プロセスのシーケンスを継続し、最終的にページ B とページ C を複数回開きました。

このユーザーがその 1 回のセッション中にページをスキップしなかったため、レポートではこのユーザーが目標到達プロセスの最初から最後まで移動したものとして表示されます。

目標到達プロセスでは、各ページが開かれたセッションの回数が表示されるため、ユーザーはページごとに 1 人ずつカウントされます。

ページのスキップ

ページ A > ページ C

このユーザーはページ B を開きませんでした。

このレポートは、ユーザーがページ B をスキップしたことを示しています。

目標到達プロセスのシーケンスに従わない

ページ B > ページ A > ページ C

このユーザーは 1 回のセッションで 3 つのページをすべて開いたため、レポートではこのユーザーが目標到達プロセスの最初から最後まで移動したものとして表示されます。ユーザーがページを開いた順番は関係ありません。

商品の販売状況

検索と置換フィルタは、標準とカスタムのどちらの商品レベルのディメンションでもサポートされていません。

商品の販売状況レポートでは、商品の掲載結果を次の 2 種類のビューで確認できます。

  • サマリー: 収益、価格、数量の点から見た商品の販売状況。2 つのショッピング行動の指標が含まれます。
  • ショッピング行動: 商品に対するユーザー エンゲージメントの点から見た商品の販売状況(商品と詳細情報の閲覧、カートへの商品の追加とカートからの削除、決済の完了など)。

[サマリー] ビューには次の指標が含まれます。

  • 販売実績
    • 商品の収益(商品 1 個あたりの販売収益)
    • 固有の購入数
    • 数量(販売されたユニットの合計数)
    • 平均価格(商品あたりの平均収益)
    • 平均数量
    • 商品の払い戻し額(払い戻しとしてユーザーに支払われた金額)
  • ショッピング行動
    • Cart-to-Detail 率(商品のカートへの追加回数を商品の詳細情報の閲覧回数で割った値)
    • Buy-to-Detail 率(商品の購入回数を商品の詳細情報の閲覧回数で割った値)

[ショッピング行動] ビューには次の指標が含まれます。

  • 販売実績
    • 商品リストの閲覧回数
    • 商品詳細表示
    • 商品がカートに追加された回数
    • 商品がカートから削除された回数
    • 商品の決済回数
    • 固有の購入数
  • ショッピング行動
    • Cart-to-Detail 率(商品のカートへの追加回数を商品の詳細情報の閲覧回数で割った値)
    • Buy-to-Detail 率(商品の購入回数を商品の詳細情報の閲覧回数で割った値)

利用可能なプライマリ ディメンションは、商品、商品の SKU、商品カテゴリ、商品ブランド、ショッピングの段階です。

レポートの上部にあるグラフを使用して、指定した期間にわたって e コマースの 2 つの指標を比較します。

販売実績

販売実績レポートでは、2 つのプライマリ ディメンションのいずれかで販売状況を評価できます。

  • トランザクション(日付、時間、トランザクション ID)
  • 日付(日付別のトランザクションの累計データ)

販売実績レポートには次の統計情報が含まれます。

  • 収益(e コマース トランザクションによる合計収益。設定に応じて税金と配送料が含まれます)
  • 税金(e コマース トランザクションの税金の合計)
  • 配送料(e コマース トランザクションの配送料の合計)
  • 払い戻し額(トランザクションに対して払い戻された金額)
  • 数量(e コマース トランザクションで売れた商品の数)

商品リストの販売状況

商品リストは、ec.js のタグ設定に基づく、サイト上の商品の論理的なグループを表します。商品リストを使用して表すことができるものは次のとおりです。

  • カタログページ
  • クロスセルのブロック
  • アップセルのブロック
  • 関連商品のブロック
  • 検索結果ページ

商品リストの販売状況レポートでは、次の指標に基づいてサイトの商品リストの成果を確認できます。

  • 商品リストの閲覧回数(商品リストに表示された商品をユーザーが閲覧した回数)
  • 商品リストのクリック数(商品リストに表示された商品をユーザーがクリックした回数)
  • 商品リストのクリック率(ユーザーが商品リストをクリックして商品を閲覧した割合(クリック数÷リストが表示された回数))

利用可能なプライマリ ディメンションは、商品リスト名、商品リスト位置、商品、商品の SKU です。

グラフを使用して、指定した期間にわたって e コマースの 2 つの指標を比較します。

内部プロモーション

内部プロモーションに関するレポートと、内部プロモーションのクリックと閲覧のアトリビューションは、拡張 e コマースのライブラリとヒットタイプにのみ対応しています。

内部プロモーションには、サイトの一部を宣伝するために別の部分に表示するバナーなども含まれます。

内部プロモーション レポートでは、次の指標の点から内部プロモーションの成果を確認できます。

  • 内部プロモーションの閲覧回数(ユーザーが内部プロモーションを閲覧した回数)
  • 内部プロモーションのクリック数(ユーザーが内部プロモーションをクリックした回数)
  • 内部プロモーションのクリック率(ユーザーが内部プロモーションをクリックする割合(閲覧回数/クリック数))

内部プロモーション名はプライマリ ディメンションです。

グラフを使用して、指定した期間にわたって e コマースの 2 つの指標を比較します。

トランザクションの貢献度の割り当て

内部プロモーション レポートでは、トランザクションの貢献度が内部プロモーションのクリックまたは内部プロモーションの閲覧に割り当てられます。

e コマース セッションの各ヒットは、次のように割り当てられます。

  • 0 回または 1 回の内部プロモーションのクリック
  • 0 回以上の内部プロモーションの閲覧

内部プロモーションのクリックのアトリビューション

ヒットに内部プロモーションのクリックが 1 つだけ含まれている場合、トランザクションの貢献度はその内部プロモーションに割り当てられます。

セッションに複数の内部プロモーションのクリックが含まれている場合、トランザクションの貢献度は最後にクリックされた内部プロモーションに割り当てられます。

ヒットに内部プロモーションのクリックが含まれてなくても、そのユーザーの以前のいずれかのヒットに内部プロモーションのクリックが含まれている場合は、トランザクションの貢献度が以前のクリックの内部プロモーションに割り当てられます。

内部プロモーションの閲覧のアトリビューション

上記のどちらの条件も満たしておらず、ヒットに 1 回以上の内部プロモーションの閲覧が含まれている場合、トランザクションの貢献度はセッション内のプロモーションの閲覧すべてに割り当てられます。

オーダー クーポン

オーダー クーポン レポートでは、次の指標の点からオーダーレベルのクーポンの成果を確認できます。

  • 収益(e コマース トランザクションによる合計収益。設定に応じて税金と配送料が含まれます)
  • トランザクション数(サイトで行われた合計購入数)
  • 平均注文額(e コマース トランザクションの平均注文額)

オーダー クーポン コードはプライマリ ディメンションです。

グラフを使用して、指定した期間にわたって e コマースの 2 つの指標を比較します。

商品クーポン

商品クーポン レポートでは、次の指標の点から商品レベルのクーポンの成果を確認できます。

  • 収益(e コマース トランザクションによる合計収益。設定に応じて税金と配送料が含まれます)
  • 固有の購入数(ユーザーが特定の商品または商品セットを購入した合計回数)
  • 購入あたりの商品の収益(1 回の購入あたりの商品の平均収益)

商品クーポン コードはプライマリ ディメンションです。

グラフを使用して、指定した期間にわたって e コマースの 2 つの指標を比較します。

アフィリエイト コード

アフィリエイト コード レポートでは、次の指標の点からアフィリエイト サイトがどの程度 e コマースのパフォーマンスに貢献しているかを確認できます。

  • 収益(e コマース トランザクションによる合計収益。設定に応じて税金と配送料が含まれます)
  • トランザクション数(サイトで行われた合計購入数)
  • 平均注文額(e コマース トランザクションの平均注文額)

アフィリエイトはプライマリ ディメンションです。

グラフを使用して、指定した期間にわたって e コマースの 2 つの指標を比較します。

上記のレポートでショッピング行動、購入行動、経済動向、マーケティング活動を分析する方法をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false