ユーザー指標の識別方法

「ユーザー数」指標と「アクティブ ユーザー」指標には、お客様のサイトやアプリを使用したユーザーの数が表示されます。

Google アナリティクスでは、トラフィックがどのユーザーに由来するかを確認するために、各ユーザーに関連付けられた固有の ID が各ヒットと合わせて送信されます。使用される ID は、Google アナリティクスのクライアント ID で、_ga という単一のファーストパーティ Cookie に保存されます。クライアント ID に加えて User ID 機能を使用すると、ユーザーがサイトやアプリにアクセスする際にさまざまな端末を使用しても、正確にユーザーを識別できます。ID について詳しくは、デベロッパー向けドキュメントの Cookie とユーザーの識別をご覧ください。

2017 年初頭、Google アナリティクスでは、高い精度と低いエラー率(通常 2% 未満)でより効率的にユーザー数をカウントするため、「ユーザー数」指標と「アクティブ ユーザー」指標の計算方法を変更しました。この 2 つの指標は、すべての標準レポートで利用できます。以前の計算方法と新しい計算方法では、ユーザー数にわずかに違いが生じる場合があります(以下の説明を参照)。ただし、非サンプリング レポートBigQuery Export では、引き続き以前の計算方法が使用されるため、ユーザー数に違いは生じません。

この新しい計算方法は、2016 年 9 月までのユーザーデータにさかのぼって適用されます。レポートに 2016 年 9 月より前のデータが含まれている場合は、サンプリングが行われます。2016 年以前のデータが含まれている非サンプリング レポートが必要な場合は、後述の手順を参照して、新しい計算方法を無効にしてください。

2017 年 8 月以降のカスタム表のデータには、新しい計算方法が適用されています。

 

以前の計算方法
この記事では、場合によってフィルタ適用後のビューに不正確な「ユーザー数」が表示される理由と、レポート間で「ユーザー数」の不一致が発生する理由について説明します。なお、ビューに適用したフィルタを解除する手順は次のとおりです。
  1. Google アナリティクスにログインします。.
  2. [管理] をクリックします。
  3. [ビュー] 列のメニューで、フィルタが適用されていないビューを選択します。ビューにフィルタが適用されているかどうかわからない場合は、リストからビューを選択して、[ビュー] 列で [フィルタ] をクリックします。ビューにフィルタが適用されている場合は、フィルタの一覧が表示されます。
  4. ビューを選択したら、[レポート] を開いてレポートに戻ります。

概要

「ユーザー数」指標と「アクティブ ユーザー」指標には、お客様のサイトやアプリを閲覧または操作したユーザーの数が表示されます。

Google アナリティクスでは、レポートのリクエストの種類に応じて、「ユーザー数」の計算に 2 通りの方法を使用します。その結果、レポートによってユーザー数に違いが生じる場合があります。 この記事の説明は、アクティブ ユーザー指標にも適用されます。

詳細

背景情報

Google アナリティクスでは、レポートにすばやくデータを表示できるように、サンプリングされていない予備集計のデータ表を作成して、毎日更新しています(この処理の詳細については、サンプリングの仕組みをご覧ください)。予備集計のデータ表は、標準レポートの期間の変更など、一般的なレポートのリクエストを適切に処理できる設計になっています。たとえば、レポートがリクエストされると、Google アナリティクスは予備集計のデータ表の各指標を参照し、その結果を使用してレポートを作成します。レポートの期間を 8 月 1 日~8 月 31 日から 8 月 1 日~9 月 1 日に変更した場合は、9 月 1 日の予備集計データ表の各指標が照会され、合計数に加算されます。

この方法はほとんどの指標に対応しています。ただし、ページビュー数やスクリーン ビュー数などの指標はシンプルで値が毎日加算されるだけですが、ユーザー数はもっと複雑な計算が必要になります。こうした指標の場合は、単に予備集計表で加算や減算を処理するだけでなく、レポートで選択した期間に応じて指標を再計測する必要があるのです。たとえば、ユーザーが 8 月 31 日と 9 月 1 日の 2 日間にわたってウェブサイトを訪問した場合、アナリティクスでは、この 2 日間でこのユーザーを 1 人のユニーク ユーザーと認識します。レポートの期間を 8 月 1 日~8 月 31 日から 8 月 1 日~9 月 1 日に変更した場合、Google アナリティクスではレポートのユニーク ユーザー数にそのまま差分を追加することはできません。なぜなら、この値は複雑な計算に基づいており、予備集計表の合計値に単純に加算できるものではないからです。その代わり、この指標は、レポートで期間の変更がリクエストされるたびに、リアルタイムで計算する必要があります。

この問題への解決策として、ユーザー数の計算に対応する 2 通りの方法が用意されています。表示中のレポートの種類に合わせて最適な計算方法が自動的に選択されます。

計算方法 1: 計算済みデータ

この計算方法は、指定期間のセッション数とセッションの時刻のみに基づきます(セッションの時刻はクライアント側の時刻とも言い、デバイス上のウェブブラウザなどの技術により特定されます)。この計算結果は予備集計のデータ表に加算できるため、たとえばレポートの期間が変更された場合などは、この表を参照してすばやくデータを取得し、レポートに表示することができます。

計算方法 1 は、ディメンションが期間(日付、週、月など)の場合にのみ使用します。具体的には、ユーザー サマリー レポートでセグメントが適用されていない場合、またはカスタム レポートでディメンションに期間のみが適用されている場合に使用します。期間以外のディメンションを選択してユーザー数を表示する場合は、計算方法 2 の表(下記参照)を使用して、リアルタイムでユーザー数を算出します。

この計算方法では非サンプリング データを迅速に取得できますが、デメリットもあります。この方法ではセッション数とクライアント側の時刻を使用するため、ユーザーのクライアント側の時刻が正しくない場合や、ユーザーのセッションの全部ではなく一部を除外するレポートビューを表示している場合は、データに矛盾が生じる可能性があります。

データの矛盾を回避するには、セッションをまたいでも変わらない、期間以外のディメンション(ブラウザ、オペレーティング システム、携帯端末など)を選択してカスタム レポートを作成します。これにより、Google アナリティクスでは計算方法 2 が使用されます。

計算方法 2: データをリアルタイムで算出

計算方法 2 は、トラフィックに関する永続データの割り当て、収集、保存の方法に基づいて行われます。この方法をカスタマイズするソリューションは多数ありますが、永続データの割り当てと保存の最も一般的な方法は、ウェブブラウザで管理する Cookie を使用することです。

計算方法 2 では、予備集計したデータ表ではなく、常に未処理のセッション データの表を参照するため、大量のデータセットを処理する強力な計算能力が必要となります。この計算方法では、データを処理してレポートに上げるまでの時間が、計算方法 1 より多くかかります。これは、予備集計の表に保存された処理済みのデータを参照、取得できないため、値がリアルタイムで計算されるからです。この計算は、リクエストが送信されるたびに行われます。なお、一定の条件を満たしている場合はサンプリングが行われることがありますが、Google アナリティクス 360 アカウントのユーザーは非サンプリング レポートにアクセスすることができます。

計算方法 2 はカスタム レポートで使用します。この方法を使用すると、ブラウザ、市区町村、参照元など、あらゆるディメンションでのユーザー数を計算できます。

なお、参照元やメディアなどの一部のディメンションを使用する場合は、同じユニーク ユーザーが複数のバケットでカウントされることがありますのでご注意ください(特定のユーザーが同じ期間にオーガニック検索と有料検索から訪問した場合など)。このため、そうしたディメンションでユーザー数を表示すると、各行の値を合計しても、合計値と一致しないことがあります。

新しい計算方法と以前の計算方法を切り替える

  1. Google アナリティクスにログインします。.
  2. [管理] をクリックして、編集するプロパティに移動します。
  3. [プロパティ] 列の [プロパティ設定] をクリックします。
  4. [ユーザー分析] で、[レポートでユーザー指標を有効にする] のスイッチを [オン] または [オフ] に設定します。
    [オン] にすると新しい計算方法が、[オフ] にすると以前の計算方法が使用されます。

計算方法を切り替えると、元データからレポートの指標を計算する方法が変更されますが、元データ自体に変更が加えられることはありません。

アナリティクス 360 では、デフォルト設定は [オン] です。

アナリティクス スタンダードでは、デフォルト設定は [オフ] です。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。