検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

モバイルアプリの行動

アプリの使い方を詳しくトラッキング

行動レポートでは、ユーザーによるアプリの利用状況を確認できます。ユーザーについて多岐にわたる情報をトラッキングすることが可能で、これには次のものが含まれます。

  • セッションあたりの合計スクリーン表示回数
  • スクリーンが表示された順序
  • アプリのクラッシュなどの技術的エラーの件数
  • 各アプリ要素が読み込みに要した時間
この記事の内容:

サマリー

ユーザーがアプリのコンテンツをどのように利用しているかについて、概要を表示します。サマリーには、スクリーンの表示回数、クラッシュの回数、スクリーン内で発生したイベントの総数といった指標データが含まれます。特定のレポートに移動して詳細な分析を行うには、[レポート全体を見る] をクリックします。

スクリーン

アプリの各スクリーンのパフォーマンスを評価します。このレポートでは、スクリーンの表示回数、ユニーク スクリーン表示数、スクリーンからの離脱率といった、各スクリーンの利用状況に関する指標データが表示されます。

行動フロー

ユーザーがスクリーンやイベント間をどのように移動したかを視覚化します。このレポートは、アプリ内のどのコンテンツがエンゲージメント維持に効果を発揮しているか調べるのに役立ちます。スクリーン間の移動とイベント間の移動のほか、スクリーンとイベントの移動の組み合わせも表示できます。行動フローにイベントを表示するには、アプリのトラッキング コードであらかじめイベントの設定を行う必要があります。後述のイベントに関するセクションをご覧ください。

行動フロー レポートはビジュアル フロー レポートの 1 つです。フローレポートについてフローレポートの使用をご覧ください。

クラッシュと例外

このレポートでは、アプリで多く発生している例外(技術的なエラー)の名称と短い説明が表示されます。クラッシュは、自動的に他の例外と区別して扱われます。他の例外についての詳細は、アプリ トラッキング コードで定義できます。たとえば、ネットワーク障害や空の検索結果などは、例外として定義しておくと便利なケースが多いでしょう。

アプリのトラッキング コードで例外を定義するには、アプリについて技術的な理解がいくらか必要となるため、アプリのデベロッパーが行うことをおすすめします。キャッシュと例外 - Android SDKキャッシュと例外 - iOS SDK をご覧ください。

アプリの速度

アプリの速度レポートでは、アプリでさまざまなリクエストが読み込みに要した時間を確認することができます。たとえば、ゲームのレベルの読み込みや、検索結果の表示にかかった時間を調べることができます。

アプリの速度レポートの多くは、デベロッパーがアプリのトラッキング コードに追加の設定を行う必要があります。詳しくは、カスタム速度 - Android SDKカスタム速度 - iOS SDK をご覧ください。アプリのトラッキング コードでトラッキングするアクションと読み込み時間を定義するまで、これらのレポートにはデータは表示されません。

追加設定を完了した後は、次の 3 つのタブを切り替えてデータを参照することができます。

エクスプローラ: 「速度のカテゴリ」には、トラッキング対象の読み込み時間に関連付けた名前が表示されます。「平均カスタム速度」には、そのアクションの読み込みにかかった時間の平均値が表示されます。

分布: 「カスタム速度のバケット」には、すべてのトラッキング対象アクションが読み込みに要した時間の合計(秒)が表示されます。また、サンプルが全セッションに対して占める割合も表示されます。

地図表示: 平均カスタム速度の地域的な分布を表示します。色が濃いほど読み込み時間が長いことを示します。

これらのレポートでは、特定のアクションにかかった時間の平均値を割り出すためにデータを使用したユーザーの数を、「カスタム速度のサンプル」として表示しています。アプリの速度レポートでは、既定では総ユーザー数の 1% をサンプルとして使用します。

イベント

イベントとは、ダウンロード、ソーシャル メディアでのおすすめ、広告のクリックなど、読み込みに新しいスクリーンを必要としない、アプリ固有のコンテンツ アクションのことです。イベント レポートは非常にカスタマイズ性が高く、追加設定を済ませるまでは一切データを表示できません。

イベント トラッキングの設定には、アプリへのアクセスと、アプリに関する一定の技術的理解が必要となるため、アプリのデベロッパーが行うことをおすすめします。イベント トラッキング - Android SDK またはイベント トラッキング - iOS SDK をご覧ください。

イベントを設定する際は、各イベントにつき最大 5 つのコンポーネント(カテゴリ)を選んで定義し、トラッキングします。これらのカテゴリに割り当てる値が、イベント レポートにデータとして表示されます。イベント トラッキングでは、設定が整然としているほど、レポートの読み取りや分析も容易になります。詳しい情報やカテゴリの例については、イベントについてをご覧ください。

イベント トラッキングを設定したら、イベント サマリー レポートで、全イベントのパフォーマンスの概要を確認します[上位のイベント] には、最もパフォーマンスが優れているイベントについてのデータが表示されます。スクリーン レポートで、最も人気のあるイベントがどのスクリーンでホストされているか確認することができます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。