検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

モバイル アプリの集客

モバイルアプリのインストールや起動の頻度を調べます。

集客レポートでは、アプリの集客状況に関するデータを確認できます。これには新規ユーザー数の合計、最も人気のある端末やオペレーティング システムといった情報が含まれます。また、アプリのダウンロードやインストールの頻度、集客におけるマーケティング キャンペーンの効果も把握できます。

新規ユーザー レポートでは、アプリを導入したユーザー群の特徴を調べることができます。参照元レポートは、アプリのダウンロード数や起動数を伸ばすために最適化する必要のあるチャネルを特定するうえで役立ちます。Google Play の参照フローレポートは、Google Play ストアからのアプリのダウンロード数とインストール数を、視覚的にわかりやすい双方向形式で表示します。

この記事の内容:

新規ユーザー

このレポートには、初回起動回数についての情報が表示されます。初回起動回数とは、アプリがその端末で初めて開かれたセッションの数を指し、新規ユーザーの総数、それらのユーザーが使用していたオペレーティング システム、アプリのバージョン、国 / 地域などを確認できます。なお、「ユーザー」には、新規ユーザーとリピーター(指定した期間中に 1 回以上アプリを開いたことのあるユーザー)の両方が含まれます。

すべてのユーザーに関する詳しいデータや、ユーザーによるアプリの利用状況については、ユーザー レポート行動レポートでご確認いただけます。

アプリ マーケット

ユーザーがどのマーケットプレイスからお客様のアプリをダウンロードしているのかを把握することができます。このレポートには、Google Play などのネイティブ オペレーティング システムとサードパーティ プラットフォームの両方が表示されます。

アプリ マーケット レポートでは、お客様のアプリのダウンロード数が最も多いマーケットプレイスを確認し、マーケットプレイスごとに成果を参照することができます。たとえば、アプリのダウンロード数が複数のマーケットプレイスで一定であれば、それぞれのマーケットプレイスを対象としたキャンペーンへの投資が効果を発揮していると判断できます。逆に、マーケットプレイスによって成果に差がある場合は、戦略を再考し、成果が高いマーケットプレイスを対象としたキャンペーンを残してそれ以外のキャンペーンは運用を停止します。

Google アナリティクスにマーケットプレイスを認識させるためにはアプリ インストーラ ID が必要ですが、この ID に対応していないマーケットプレイスもあります。こうしたマーケットプレイスのデータは、このレポートでは「(not set)」として表示されます。また、Google アナリティクスにキャンペーン データを送信しないマーケットプレイスもあります。そうしたマーケットプレイスの場合は、[参照元/メディア] ディメンションにデータが表示されません。

参照元

参照元レポートでは、iOS アプリ用の iTunes Store や Android アプリ用の Google Play を含む各マーケットプレイスでのアプリの動向に関するデータを確認できます。ユーザーがアプリを見つけるまでの経緯(マーケットプレイスでお客様のページにトラフィックを呼び込んでいるコンテンツなど)や、ダウンロードやインストールにつながっている要素を特定できます。

詳しくは、モバイルアプリ参照元レポートについてご覧ください。

Google Play 参照フロー

Google Play の参照フローの概要では、集客プロセス(アプリを見つけてから起動するまで)の各段階をユーザーがどのように移動しているかを視覚的にわかりやすく説明します。

詳しくは、Google Play 参照フローについてご覧ください。

AdWords レポート

AdWords レポートを利用すると、AdWords 広告をクリックしてモバイルアプリをインストールし、利用開始したユーザーのその後の操作に関する指標を確認することができます。いずれのレポートも、検索ネットワークやディスプレイ ネットワークの成果を正確に把握したり、Google Play にアクセスしているユーザーを詳細に分析したりするうえで役立ちます。

AdWords レポートを使用するには、AdWords と Google アナリティクスのアカウントをリンクさせ、自動タグ設定を有効にする必要があります。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。