検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

リアルタイム レポートの使用

この記事の内容:

表示されるデータの種類

利用できるレポートは、[サマリー]、[地域]、[トラフィック]、[コンテンツ](モバイルアプリのプロパティの場合は [スクリーン])、[イベント]、[コンバージョン] の 6 種類です。すべてのレポートで、以下のデータを確認できます(左から右の順)。

  • アクティブ ユーザー数
  • 直近 30 分間ごとのヒット数
  • 直近 60 秒間ごとのヒット数

レポートのディメンションをクリックすると、そのディメンションを基準にリアルタイム レポートの分割表示ができます。また、検索ボックスに値を入力すると、その値に対応したリアルタイム レポートのセグメントが追加されます。セグメントはリアルタイム レポートの操作中も維持されます。ただし、標準セグメントはリアルタイム レポートには適用されません。

サマリー レポート

リアルタイムのサマリー レポートには、アクティブ ユーザーの参照元が表示されます。また、これらのユーザーがサイトを訪問する際に経由したページや、その地域も表示されます。たとえば 1 日限りのキャンペーンを展開している場合は、そのキャンペーンを参照元とするアクティブ ユーザー数を確認できるほか、アクティブ ユーザーが適切なランディング ページや地域を経由しているかを確認できます。

[上位のソーシャル関連のトラフィック] セクションでは、ソーシャル メディアからの参照のグループ分けは [ソーシャル レポート] と共通しているため、参照元としてトラフィックを呼び込んだソーシャル ネットワークをすべて確認することができます。

地域

リアルタイムの地域レポートには、アクティブ ユーザーの所在地が表示されます。また、直近 30 分間における各都市から閲覧されたページ数(またはスクリーン数)も表示されます。

トラフィック

このレポートは、ウェブ プロパティに対してのみ表示されます。

リアルタイムのトラフィック レポートには、現在サイトに滞在しているユーザーの参照元となったメディアやソースが表示されます。特定のサイトやキャンペーンを経由したアクティブ ユーザーの割合を確認することができます。

コンテンツ / スクリーン

リアルタイムのコンテンツ(またはスクリーン)レポートには、直近 30 分間で閲覧されたページまたはスクリーンが表示されます。たとえば今日投稿したコンテンツの人気が高いかどうかを確認できます。

表の上にある [ページビュー数(またはスクリーン ビュー数)(直近 30 分間)] をクリックすると、直近 30 分間における各ページの総ページビュー数を確認できます。

イベント

リアルタイムのイベント レポートには、イベントのリアルタイム配信が表示されます。表には、直近 30 分間における上位 20 のイベント カテゴリがイベントに反応したユーザー数の順で表示されます。また、各行には全ユーザー数に対する割合も表示されます。表内のイベント カテゴリをクリックすると、そのカテゴリのアクティビティのみを確認できます。

表の上にある [イベント(直前の 30 分間)] をクリックすると、直近 30 分間におけるイベントの総数をイベント カテゴリ別に確認できます。

コンバージョン

このレポートには、URL へのアクセスとイベント目標に基づくコンバージョンのみが表示されます。
リアルタイムの目標の完了を確認するには、リアルタイムのコンバージョン レポートを使用します。表には、セッション内でのアクティブ ユーザーによる上位 20 の目標完了、ユーザー数、ユーザー総数に対する割合が表示されます。表内の目標をクリックすると、その目標に対するコンバージョン関連のアクティビティのみを確認できます。

表の上にある [目標のヒット数(直前の 30 分間)] をクリックすると、直近 30 分間におけるコンバージョン数を目標別に確認できます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。