[GA4] User-ID のベスト プラクティス

ベスト プラクティス

ユーザー ID は、カスタム ディメンションとして登録しないことが推奨されています。

ユーザー ID のように基数が高いカスタム ディメンションを不必要に作成すると、レポートに悪影響が及び、「(other)」行にデータが集約されるようになります。

このような場合は、User-ID 機能を使用してください。

ユーザーベースのデータの分析

ユーザーベースのデータを操作したり分析したりする際には、以下の機能を使用できます。

使用例

機能

ユーザー セグメントを探索し、個々のユーザーの利用状況を詳しく確認したい。

ユーザーデータ探索

ユーザー プロパティを収集してモニタリングし、問題の発生時にはトラブルシューティングを行いたい。また、ウェブサイトやアプリでのユーザーの行動を把握したい。

DebugView

ユーザー ID に基づいて、レポートから重複を除去したい。

ログインしているユーザーとログインしていないユーザーを比較したい。

レポート用識別子を確認する

ユニバーサル アナリティクスでは、ユーザー ID は特定のユーザー ID レポートでのみ使用されます。したがって、ユーザー ID 非対応のビューで使用する場合や、トラフィックを比較する場合は、ユーザー ID をカスタム ディメンションとして登録します。

一方 GA4 では、レポート用識別子に User-ID が含まれているため、すべてのレポートでユーザー ID の重複除去が可能です。

ログインしているユーザーとログインしていないユーザーを比較する

ユーザー ID に基づいて、リマーケティング オーディエンスを作成したい。

User-ID データに基づいてリマーケティング オーディエンスを作成する
ユーザー ID に基づいて、ユーザー単位のデータを確認したい。

BigQuery Export

GA4 の BigQuery Export では、スキーマにクライアント ID(user_pseudo_id)とユーザー ID(user_id)の両方が含まれます。

アナリティクスのデータを自社データ(CRM のデータなど)と統合して、オフライン コンバージョンを測定できるようにしたい。 BigQuery Export
GA4 のデータで詳細な分析(ML モデルの実行など)を行い、その結果を Google アナリティクスにインポートしたい。 BigQuery Exportオフライン イベントデータのインポート

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー