EU に関するデータとプライバシー

Google アナリティクス 4 では、データを収集する際、IP アドレスは記録も保存もしません。

  • アナリティクスでは、EU のドメインやサーバー経由で IP アドレスをログに記録する前に、EU ユーザーから収集されたすべての IP アドレスを削除します。

また、アナリティクスでは次を管理できます。

  • 地域単位で Google シグナルのデータの収集を無効にする
  • 地域とデバイスに関する詳細なデータの収集を地域単位で無効にする

アナリティクスでは IP アドレスは記録されない

Google アナリティクス 4 では、個々の IP アドレスを記録したり保存したりしません。

アナリティクスでは、IP アドレスから「都市」(および取得した都市の緯度と経度)、「大陸」、「国」、「地域」、「亜大陸」(および ID ベースの代替項目)のメタデータを取得することで、大まかな位置情報を提供します。

アナリティクスでは、測定データを収集すると、EU に拠点を置くサーバーですべての IP ルックアップが行われ、トラフィックをアナリティクスのサーバーに転送して処理します。

EU のデータは EU で収集される

Google アナリティクス 4 では、EU 域内で使用されているデバイス(IP 位置情報ルックアップに基づく)からすべてのデータを、EU 域内に設置されているサーバーおよびドメイン経由で収集し、トラフィックをアナリティクスのサーバーに転送して処理します。

現在、コンテンツ セキュリティ ポリシー(CSP)を利用している場合は、設定(img-src ディレクティブと connection-src ディレクティブ)を更新して、次のドメインをアナリティクスで使用できるようにします。

  • *.google-analytics.com
  • *.analytics.google.com

地域に基づいた制御

Google シグナル

Google シグナルを有効にすると、地域ごとにシグナルの収集を有効または無効にできます。Google シグナルの設定を編集し、ある地域での収集を無効にすると、収集済みの過去のデータはアナリティクスに保持されますが、変更後のデータは収集されなくなります。Google シグナルのデータの収集を無効にすると、クロス プラットフォーム レポート、アナリティクス データに基づくリマーケティング リスト、広告レポート機能、ユーザー属性とインタレスト カテゴリが利用できなくなります。詳細

Google シグナルを無効にすると、対象地域のリマーケティングは利用できなくなります。さらに、無効化された地域では、クロスデバイスおよび EVC のモデリング ボリュームが大幅に減少します。リンクした Google 広告アカウントの下位のコンバージョン モデリングとレポートも影響を受けます。

地域とデバイスに関する詳細なデータの収集

地域とデバイスに関するデータの収集を、地域ごとに有効または無効にすることができます。アナリティクスでは、このデータはデフォルトで収集されます。データ収集を無効にすると、次のデータは収集されなくなります。

  • 都市
  • (都市の)緯度
  • (都市の)経度
  • ブラウザのマイナー バージョン
  • ブラウザのユーザー エージェント文字列
  • デバイスのブランド
  • デバイスのモデル
  • デバイス名
  • オペレーティング システムのマイナー バージョン
  • プラットフォームのマイナー バージョン
  • 画面の解像度

設定を編集し、ある地域での収集を無効にすると、収集済みの過去のデータはアナリティクスに保持されますが、変更後のデータは収集されなくなります。

詳細

特定の地域について、地域とデバイスに関する詳細なデータの収集を無効にすると、その地域の推定コンバージョンのボリュームが大幅に減少します。リンクした Google 広告アカウントと検索広告 360 アカウントの下位のコンバージョン モデリングとレポートも影響を受けます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false
false