この記事では、Google アナリティクス 4 プロパティについて説明します。ユニバーサル アナリティクス プロパティを使用している場合は、ユニバーサル アナリティクスのセクションをご覧ください。ユニバーサル アナリティクスは、2023 年 7 月 1 日(アナリティクス 360 プロパティの場合は 2023 年 10 月 1 日)をもってデータ処理が停止されます。

[GA4] Firebase レポート

アプリに関する分析情報と、アプリを使用するユーザーの行動に関する分析情報を入手する

Firebase レポートには、アプリのユーザーやユーザーの行動に関するデータなど、Firebase に接続したアプリに関する主な指標の概要が表示されます。Firebase 向け Google アナリティクス SDK を設定すると、Google アナリティクスでこのレポートを使用したり、Firebase コンソールでマイレポートを使用したりしてアプリに関するデータを確認できます。

Firebase レポートにアクセスする

Firebase レポートにアクセスするには、左側のナビゲーションで [レポート] > [Firebase] をクリックします。アプリケーションに Firebase 向け Google アナリティクス SDK を追加すると、レポートが左側のナビゲーションに表示されます。

ユーザーのアクティビティの推移

「ユーザーのアクティビティの推移」カードには、過去の月(30 日)、週(7 日)、日(1 日)にアプリを使用したユーザーの数が表示されます。このカードを使用すると、長期的なアクティビティの変化と短期的なアクティビティの変化を比較して確認できます。

このカードには、user_engagement イベントが記録される、デバイスのフォアグラウンドでアプリを操作したユーザーのみが含まれます。

過去 30 分間のユーザー

「過去 30 分間のユーザー」カードには、リアルタイム レポートのデータに基づく、過去 30 分間にアプリを使用したユーザーの数が表示されます。カードには分ごとのデータがバーで表示されます。バーにカーソルを合わせると、その時間(分)のユーザー数が表示されます。このカードには、過去 30 分間にアクティビティが発生した上位 5 つの国も表示されます。

最新のアプリのリリース概要

「最新のアプリのリリース概要」カードでは、アプリの各バージョンの最新リリース状況(Android、iOS など)が表示されます。バージョンを選択すると次のようなダッシュボードが開き、アプリに関する分析情報を確認できます。ダッシュボードには、Firebase コンソールの最新リリース レポートと同じ情報が表示されます。

アプリの安定性の概要

「アプリの安定性の概要」カードで、アプリのクラッシュの影響を受けていないユーザーの割合(%)を確認できます。このカードは Firebase Crashlytics のデータを使用しています。

Firebase Crash Reporting のレポート API を使って Android に記録された例外は、クラッシュとしてカウントされます。Crash Reporting の精度を高めるには、Firebase Crashlytics に更新してください。

ユーザー維持率

[ユーザー維持率] グラフには、最初の 42 日間に再度サイトやアプリにアクセスしたユーザーの割合が日別に表示されます。ユーザーが初めてアクセスした日のユーザー維持率を 100% としています。日ごとにユーザー数が減少するにつれて、ユーザー維持率は減少します。

コホート別のユーザー アクティビティ

「コホート別のユーザー アクティビティ」カードには、ある日に獲得したユーザーが、別の日に獲得したユーザーよりもアプリを再度使用する割合が高いかどうかが表示されます。各行はコホートを表し、一番下の行は最新のコホート、一番上の行は最初期のコホートとなります。色が濃くなるほど、アプリを再度使用するユーザーの割合がコホート内で高くなることを意味します。アプリを再度使用するユーザーが少なくなると、色が薄くなります。グラフには、維持率の概要レポートへのリンクが含まれています。

ページのタイトルとスクリーン クラス別の表示回数

「ページのタイトルとスクリーン クラス別の表示回数」カードには、ユーザーが各画面を表示した回数がスクリーン クラス別に表示されます。スクリーン クラスは、現在フォーカスされている UIViewController または Activity になります。Google アナリティクスでは、アプリを接続するとスクリーン クラスに関する情報が自動的に収集されます。

イベント名別のイベント数

「イベント名別のイベント数」カードには、一定の期間中に各イベントが発生した回数と、前の期間からの変化率が表示されます。カードにはイベント レポートへのリンクが含まれています。

イベント名別のコンバージョン数

「イベント名別のコンバージョン数」カードには、ユーザーが各コンバージョン イベントを発生させた回数が表示されます。アナリティクスでは一部のイベントがコンバージョンとして自動的に収集されますが、任意のイベントにコンバージョン イベントとしてマークを付けることもできます。

ユーザーあたりの平均購入収益額

「ユーザーあたりの平均購入収益額」のグラフは、in_app_purchase イベントと purchase イベントによる購入収益を個別のユーザー数で割った値の経時変化を示しています。

広告ユニット別のパブリッシャー広告インプレッション数

「広告ユニット別のパブリッシャー広告インプレッション数」カードには、一定の期間内の広告ユニットあたりの広告インプレッション数と、前の期間からの変化率が表示されます。カードにはパブリッシャー広告レポートへのリンクが含まれています。

関連資料

Firebase トピックのデータについて詳しくは、次の記事をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false