この記事では、Google アナリティクス 4 プロパティについて説明します。ユニバーサル アナリティクス プロパティを使用している場合は、ヘルプセンターのユニバーサル アナリティクスのセクションをご覧ください。

[GA4] 行数の上限

レポートの行数の上限は、そのレポートでクエリ参照される表の種類によって異なります。

ほとんどのレポートでは、そのレポート専用に設計された比較的小さいサマリー表をクエリ参照します。この場合の上限は 5 万行です。

その他、個々の実装に応じた状況(例: 特定のプロダクト連携と関連付けられた表がレポートのクエリ参照の対象となる場合)によっては、行数の上限が 5 万行を上回ることもあります。実装に応じた状況は場合によって異なるため、上限は一定しませんが、5 万行より少なくなることはありません。

レポートのデフォルト クエリを変更した場合(たとえば比較やセカンダリ ディメンションを追加した場合)、レポートのクエリ参照の対象が、より大きなサマリー表に切り替わることがあります。この場合の上限は 200 万行です。

レポートのクエリで返されるデータの件数が、行数の上限を超えた場合、超過分のデータは「(other)」行にまとめられます。この場合、超過分の行は「(other)」とまとめられてしまうためディメンション情報が表示されませんが、取得された全データの指標の合計は正確な値です。(other)エントリの詳細

レポートの行数が上限よりも少ないケースもあります。これは、レポートの参照先の表に含まれるディメンションの値(レポートの行に対応)の種類が、行数上限よりも少なかったためです。たとえば、ディメンション A についてのクエリ参照を行うレポートで、クエリ対象の表にディメンション A の値が 4 万種類しかなかった場合、レポートに表示されるデータの行数も最大 4 万行となります。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false