検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

カスタム キャンペーン

トラフィックを呼び込んだキャンペーンを特定するためのパラメータを URL に追加します。

キャンペーンで使用しているリンク先 URL にキャンペーンのパラメータを追加すると、該当のキャンペーンの全体的な効果に関するデータを収集し、キャンペーンが特に高い効果を発揮している場所も把握できるようになります。たとえばサマーセール キャンペーンで大きな収益が発生しているものの、複数のソーシャル アプリに広告を配信しているため、どのアプリが特に収益性が高いユーザーを呼び込んでいるのかを把握する必要がある場合に効果的です。メールや動画広告、アプリ内広告など、複数のタイプのキャンペーンを実施している場合でも、成果を比較し、マーケティング効果が特に高いものを把握できます。

ユーザーが参照リンクをクリックすると、追加されたパラメータがアナリティクスに送られ、キャンペーン レポートに関連データが表示されるようになります。

この記事の内容:

パラメータ

URL に追加できるパラメータは次の 5 種類です。

  • utm_source: プロパティにトラフィックを誘導した広告主、サイト、出版物、その他を識別します(Google、ニュースレター 4、屋外広告など)。
  • utm_medium: 広告メディアやマーケティング メディアを識別します(CPC 広告、バナー、メール ニュースレターなど)。
  • utm_campaign: 商品のキャンペーン名、テーマ、プロモーション コードなどを指定します。
  • utm_term: 有料検索向けキーワードを特定します。検索広告キャンペーンにタグを設定する場合は、utm_term を使用してキーワードを指定することができます。
  • utm_content: 似通ったコンテンツや同じ広告内のリンクを区別するために使用します。たとえば、メールのメッセージに行動を促すフレーズのリンクが 2 つある場合は、utm_content を使用して別々の値を設定し、どちらが効果的か判断できます。

それぞれのパラメータに値を割り当てる必要があります。それによって、パラメータと値の各ペアにキャンペーン関連の情報が含まれるようになります。

たとえばサマーセール キャンペーンの場合は、次のようにパラメータと値のペアを使うことができます。

  • utm_source = summer-mailer: サマーセール用のメール キャンペーン経由のトラフィックを識別
  • utm_medium = email: メール キャンペーンとアプリ内キャンペーン経由のトラフィックを識別
  • utm_campaign = summer-sale: キャンペーン全体のトラフィックを識別

これらのパラメータを使用すると、カスタム キャンペーンの URL は次のようになります。

https://www.example.com/?utm_source=summer-mailer&utm_medium=email&utm_campaign=summer-sale

URL にパラメータを追加する際は、どのようなケースでも utm_sourceutm_mediumutm_campaign を使用する必要があります。

utm_termutm_content は省略できます。

utm_ は、これらのパラメータ用の必須のプレフィックスです。

カスタム キャンペーンの設定方法

パラメータと値は手動で URL に追加できます。または、プラットフォームごとに用意された次の URL 生成ツールを使って URL を生成し、パラメータを追加することもできます。

重要: Android アプリを宣伝する場合は、Google Play の URL 生成ツールを使用します。iOS アプリを宣伝する場合は、iOS キャンペーン トラッキング URL 生成ツールを使用します。それ以外の場合は、Google アナリティクス キャンペーン URL 生成ツールを使用する必要があります。

手動設定

カスタム キャンペーンを手動で設定する場合は、疑問符を使用して URL とパラメータを区切ります。また、パラメータと値のペアは等号(=)でつなげ、それぞれのペアをアンパサンド(&)で区切ります。たとえば次のようになります。

https://www.example.com/?utm_source=email_campaign&utm_medium=email&utm_campaign=summer-sale

URL にパラメータを追加する順番に決まりはありません。なお、アナリティクスでは大文字と小文字が区別されるため、utm_source=googleutm_source=Google は別の値と認識されます。定義した値はすべて大文字と小文字が区別されます。

技術面の概要については、キャンペーンとトラフィックの参照元をご覧ください。

URL の例

  • http://www.example.com/?utm_source=exampleblog&utm_medium=referral&utm_campaign=summer-sale
  • http://www.example.com/?utm_source=newsletter1&utm_medium=email&utm_campaign=summer-sale
  • http://www.example.com/?utm_source=newsletter1&utm_medium=email&utm_campaign=summer-sale&utm_content=toplink

カスタム キャンペーンのデータを確認する方法

キャンペーン レポートを確認する手順は次のとおりです。

  1. Google アナリティクスにログインします。
  2. 目的のビューに移動します
  3. [レポート] を開きます。
  4. [集客] > [キャンペーン] の順に選択します。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。