検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

データ共有設定

Google アナリティクス アカウントには複数のデータ共有設定があります。これらの設定では、お客様が Google アナリティクスのデータ収集方法(JavaScript トラッキング コード、モバイル SDK、Measurement Protocol など)を使って集めたデータを Google と共有する方法をカスタマイズして、どの程度オープンに(または限定的に)Google とデータを共有するかを、ご希望に合わせて設定できます。これらの設定の対象となるのは、Google アナリティクスを使ってウェブサイトやモバイルアプリ、その他のデジタル端末などから集めたデータの共有方法に限ります。Google アナリティクス アカウントに関するデータやアカウントの使用状況に関するデータ(プロパティの数や、使用されている追加機能の種類など)は、共有設定の対象になりません。

アカウント データにアクセス可能な Google 担当者(ベンダーを含む)は、Google 内部のアクセス ポリシー規約に同意する必要があります。また、データアクセスには適切な認証が必要です。つまり、すべてのアクセスが SSL で行われ、セキュリティ チェックのために記録され、Google 担当者が顧客のデータにアクセスする際には、事前に Google が認めたコンピュータしか使用できません。

この記事の内容:

データ共有設定を変更する

この機能を使用するには編集権限が必要です。

データ共有設定は、Google アナリティクス アカウントへのお申し込みの際に指定する必要がありますが、アカウントの [管理] セクションで後からいつでも変更できます。

データ共有設定を変更する方法は次のとおりです。

  1. Google アナリティクスにログインします。
  2. [管理] タブを選択して、編集するアカウントに移動します。
  3. [アカウント] 列で [アカウント設定] をクリックします。
  4. 設定を編集したら、[保存] を選択します。

各データ共有設定の詳細とメリット

アカウントの設定を確認し、ここに記載された情報を参考にして、共有設定をオンにするかオフにするかを決めてください。3 つすべての共有設定をオフにした場合、お客様の Google アナリティクス データは Google アナリティクス サービスの運用と管理での参考データとしてのみ使用されます。

Google のサービス

この設定をオンにすると、Google がデータにアクセスし、そのデータを分析することで、オンラインでの行動や傾向を把握することができるようになります。このデータは、広告キャンペーンを作成、管理、分析するのに使用される AdWords システムツールなどの Google のサービスを向上するのに使用されます。

ベンチマーク

集計された匿名データは、業界全体の動向をより的確に把握するうえで有効な機能の開発や出版物の作成に役立てられます。

この設定をオフにしても、Google アナリティクスと、アカウント プロパティと明示的にリンクされた他の Google サービスには引き続きデータが提供されます。集計されたデータは匿名化されるため、アカウントや組織、ユーザーの識別に使用されることはありません。

この設定をオンにした場合はすると、Google アナリティクス データが、強力なツールの開発や、マーケティング活動や分析作業に役立つガイダンスの提供に利用されます。ベンチマーク データを使用すると、業界におけるご自身の立ち位置を把握したり、モバイル トラフィックが前年比増といった重要なマーケット トレンドを明らかにする調査や分析を行ったりすることが可能になります。

テクニカル サポート

サービスの提供や技術的な問題の解決のため、Google アナリティクスの担当者がお客様のアカウントにアクセスする必要が生じる場合があります。この設定をオンにすると、Google のサポート担当者がお客様のデータにアクセスして、技術的な問題の解決をサポートすることができます。この設定をオフにした場合、Google 担当者が問題の解決をサポートできない可能性があります。

この設定をオンにすると、お客様のアカウントに問題が発生した場合に、Google のサポート担当者がアカウントにアクセスして、問題の解決とサポートにあたることができます。

アカウント スペシャリスト

Google のスペシャリスト(セールス スペシャリストとマーケティング スペシャリスト)は、Google サービスの利便性が向上する方法を見つけ出すトレーニングを受けています。1 番目の設定をオンにすると、Google のスペシャリストがお客様のアカウントを確認し、さまざまな導入戦略や設定方法を検討し、それぞれの有効性を判断できるようになります。また、プレミアム アカウントや標準アカウントをご利用の場合は、マーケティングに役立つ情報として利用方法のアドバイスを受けることができます。さらに、プレミアム アカウントをご利用のお客様は、セールス スペシャリストに最適化のヒントを尋ねることができます。2 番目の設定をオンにすると、Google のセールス エキスパートもお客様のアカウントにアクセスできるようになるため、お客様の状況に合わせて綿密にカスタマイズしたご提案が可能になります。

両方の設定をオンにした場合は、Google アナリティクスのセールスチームが、広告掲載における費用対効果の改善をサポートできるようになります(例: キーワードの掲載結果を分析して改善提案を行います)。また、Google アナリティクス マーケティング チームから毎月メールでお送りする掲載結果レポートで、ユーザー獲得などの戦略的アプローチの改善方法を提案することが可能になります。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。