金融サービス: 制限付き金融商品に関する新しいポリシー(2018 年 6 月)

金融サービスに関するポリシーが 2018 年 6 月に更新されるにあたり、差金決済取引、ローリング スポット FX、金融スプレッド ベッティングの宣伝が制限されるほか、次についての広告が配信できなくなります。

  • バイナリー オプションとその類似商品
  • 暗号通貨および関連コンテンツ(イニシャル コイン オファリング、暗号通貨為替、暗号通貨ウォレット、暗号通貨売買に関するアドバイスを含むがこれに限定されない)

次についての情報集約サイトやアフィリエイトの広告は配信できなくなります。

  • 差金決済取引
  • ローリング スポット FX
  • 金融スプレッド ベッティング
  • バイナリー オプションとその類似商品
  • 暗号通貨とその関連コンテンツ。

差金決済取引、ローリング スポット FX、金融スプレッド ベッティングを提供する広告主様は、Google の承認が必要となります。この承認は、一部の国でのみ有効です。

Google からの承認を得るには、広告主様は次のことを行う必要があります。

  • ターゲットとする国で、関連する金融サービス当局からの認可を取得する
  • 広告とランディング ページがすべての AdWords ポリシーに準拠するようにする
  • 関連する法的要件(複雑な投機的金融商品に関連するものを含む)を遵守する

広告主様は、2018 年 4 月から公開される申請フォームを使って、Google に承認を申請していただけます。

このポリシーは、世界の全地域で、これらの金融商品を宣伝するすべてのアカウントに適用されます。詳しくは、制限付き金融商品の承認についてをご覧ください。

(2018 年 3 月)

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。