住所表示オプションの要件

住所表示オプションを使うと、特定のビジネス拠点に関連した店舗やサービスの住所、電話番号、その他の情報(営業時間や評価など)を広告に含めることができます。住所表示オプションには、標準の AdWords のポリシーと以下の要件が適用されます。

住所表示オプションは、Google マイビジネス(GMB)アカウントから情報を得ており、Google マイビジネスが現在サポートされている国々でのみ利用可能です。お客様のビジネスや住所の画像に関する情報は、AdWords ではなく GMB で直接管理されます。

場所の所有者による承認

次のようなケースは許可されません。

特定のビジネス拠点について、そのビジネス所有者の承認を得ずに宣伝すること

関連するポリシーと不承認となる一般的なケース

次の AdWords ポリシーは、特に住所表示オプションとの関連性が高く、不承認の原因となることが多いものです。ポリシーに違反した場合に適用される措置をご確認ください。

誤解を招くコンテンツ

情報はすべて正確で、宣伝対象となるサービスや商品を適切に表している必要があります。詳しくは、誤解を招くコンテンツに関するポリシーをご覧ください。

関連性が不明確

情報はすべて宣伝するサービスや商品と関連性があるものでなければなりません。たとえば、送信する広告クリエイティブの各フィールドには、宣伝する商品と関連性があり、同一の広告主様に対応した情報を入力する必要があります。詳しくは、関連性が不明確なケースについてのポリシーをご覧ください。 住所表示オプションでは、特にビジネス拠点が複数ある場合に、宣伝の対象となる特定の場所と関連性があるようにします。

商標

商標権所有者様から申し立てがあった場合、Google は広告を削除することがあります。広告文、アセット、およびビジネス情報における商標の使用は、広告主様が責任を持って適切に管理してください。詳しくは、商標に関するポリシーをご覧ください。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。