Google の運用ガイド: 適切なモバイルアプリ ユーザーにアピールする

目標に応じたパフォーマンス評価


ユニバーサル アプリ キャンペーン(UAC)のエキスパートになる

ユニバーサル アプリ キャンペーン向けの Google の教育プログラムの最初のコースに合格すると、認定資格を取得できます。ぜひご登録ください

AdWords に十分なコンバージョン データを供給する

広告主様にとって望ましいユーザーの共通点を AdWords に認識させる際は、学習材料となるデータが豊富であればあるほど、安定して類似のユーザーを発見できるようになります。

AdWords によるデータの収集が進み、価値のある新規ユーザーを高い精度で識別できる段階になれば、UAC のパフォーマンスも安定してきます。たとえば、コンバージョン単価(インストール単価、ユーザー獲得単価)は 1 日単位で見れば一定しませんが、月間の平均値は目標に見合ったレベルに落ち着くはずです。コンバージョン単価の評価は、コンバージョンが少なくとも 100 件に達してから行うのが理想的です。

評価の際はコンバージョン達成までの所要時間を考慮する

ユーザーが広告をクリックしてからコンバージョンに至るまでにかかる時間を忘れないようにしましょう。これを「コンバージョン達成までの所要時間」と呼びます。

AdWords のアトリビューションでは、コンバージョンはクリック発生日に関連付けられます。このため、最近の期間のデータに注目すると、クリックに対応するコンバージョンがまだ発生しておらず、パフォーマンスを正確に評価できない可能性があります。

ヒント

コンバージョン データが十分に蓄積したら、アプリ コンバージョンの発生時期の分布を調べてみましょう。たとえば、広告のクリックから 7 日以内、14 日以内、30 日以内と期間を区切り、各期間に全コンバージョン数の何パーセントが発生しているか確認します。コンバージョンが集中している期間を割り出すことで、典型的な「コンバージョン達成までの所要時間」が見えてきます。設定しているコンバージョン計測期間が、典型的な所要時間に対して十分かどうか確認しましょう。

パフォーマンスを評価する際、分析対象の期間は「コンバージョン達成までの所要時間」と同等またはそれ以上の長さにすることが重要です。また、対になるコンバージョンがまだ発生していない可能性が高い、最近のクリックのデータは、分析対象から外しましょう。

目標コンバージョン単価を評価する

  1. まず、UAC が目標コンバージョン単価を達成できているかどうか調べます。評価対象とする期間は、ご使用の広告の典型的な「コンバージョン達成までの所要時間」に応じて指定します。
  2. 次に、コンバージョン数の増加を目指すか、費用対効果(ROI)の向上を目指すかを判断します。コンバージョン数を増やしたい場合は、目標とする入札単価や予算を引き上げます。現在の投資額から得られる収益を増やしたい場合は、目標入札単価を引き下げます。

 

運用ガイド ニュースレターに登録すると、AdWords 上級者におすすめの方法やサービスの最新情報がメールで届きます。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。