検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

新たな顧客の獲得につながる広告作成

広告の掲載状況を確認する

 

キャンペーンの作成が終わったら、広告の掲載状況を確認します。

お支払いとご請求の仕組み

お支払い方法は、お支払いの設定とお支払いの手段で決まります。ほとんどの広告主様は、AdWords へのお支払いに自動支払いをご利用になっています。このお支払いタイプでは、広告費用が発生した後に請求が行われます(費用の管理上必要なときはいつでも手動支払いにすることができます)。

自動支払いでは、次のいずれかの早い方が発生した時点でメインのお支払い方法に自動的に請求が行われます。

  • 最後の請求から 30 日経過した時点
  • アカウントの費用が事前に設定したご利用限度額に達した時点

ご利用限度額の仕組み

ご利用限度額は、当初は規定の額に設定されています。その後は、アカウントの費用が 30 日の請求期間が経過する前にご利用限度額に達するたびに、規定の最高額に達するまで段階的に引き上げられていきます。限度額はアカウント、国、通貨によって異なるため、現在設定されている限度額はご自身のアカウントでご確認ください。アカウントの費用が急速に増えた場合は、ご利用限度額を若干上回る額が請求される場合もあります。

ご利用限度額が増額されても、通知やメールでのお知らせはありませんので、アカウントで随時ご確認ください。

請求の頻度を減らしたり、1 回あたりの請求額を増やしたい場合、請求頻度の変更方法をご覧ください。

今すぐ試す: ご利用限度額を確認する

ご利用限度額を確認するには:

  1. AdWords にログインします。
  2. 歯車アイコン をクリックし、[請求とお支払い] を選択します。
  3. [概要] ページが開き、現在の差引残高が表示されます。
  4. 灰色の進捗状況バーの下にご利用限度額と、現在、費用が限度額の何パーセントに達しているかが表示されます。

今すぐアカウントで試す

 

お支払い情報を確認、管理する

歯車アイコン からアクセスする [請求とお支払い] ページでは、広告費用のお支払いと管理に関する機能がまとめられています。

以下は、このページで可能な作業の例です。

過去の料金の履歴の概略を確認する

[料金の履歴] をクリックすると、アカウントの過去のお支払い、クレジット、請求調整額、広告費用などが表示されます。この情報は並べ替えやフィルタが可能なほか、スプレッドシートとして出力したり印刷したりすることもできます。期間を指定して、過去のお支払いやご請求内容をご確認いただくこともできます。

お支払い方法を更新する

お支払い方法の追加、予備のクレジット カードの登録、お支払い設定の確認などが行えます。また、[お支払い方法] では、手動での支払いから自動支払いへ切り替えることもできます。

請求とお支払いの設定を確認する

[設定] をクリックすると、請求先住所、ペイメント プロファイル ID 番号、その他の連絡先情報を確認することができます。プロモーション コードをご利用になる場合は、ページの下部にある [プロモーション コードを管理する] をクリックしてください。

お支払いを行う
歯車アイコン 、[請求とお支払い] の順にクリックし、ページ上部付近の [お支払い] ボタンをクリックすると、お支払いを行えます。
プロモーション コードを適用する

Google と Google のパートナー企業が、AdWords のプロモーション コードを配布することがあります。プロモーション コードを利用すると、アカウントでクレジットやその他の特典を受け取ることができます。プロモーション コードを適用するには、歯車アイコン をクリックし、[請求とお支払い] を選択して、[設定] をクリックします。ページの一番下までスクロールして、[プロモーション コードを管理する] をクリックしてください。

詳しくは、プロモーション コードの使用方法プロモーション コードの問題解決ガイドをご覧ください。

 

詳しくは、お支払い方法と設定についてご覧ください。


Google 検索ネットワークの広告をプレビューで確認する

広告が実際に掲載されているかどうかを確認するには、Google で実際に検索をする代わりに、AdWords の広告プレビューと診断ツールをご利用ください。このツールを使うと、広告の実際の掲載結果データに影響を与えることなく、検索ネットワーク広告の Google 検索結果ページでの掲載状況を簡単に確認できます。

このツールで特定の検索語句や地域を入力すると、どの広告が検索結果ページに表示されるかを確認できます(注: Google ディスプレイ ネットワークに掲載されている広告では使用できません)。

今すぐ試す: 広告プレビューと診断ツールを使用する

AdWords アカウントの [運用ツール] タブからアクセスすることにより、広告プレビューと診断ツールを最大限に活用することができます。手順は次のとおりです。

  1. AdWords アカウントにログインして [ツール] タブをクリックし、[広告プレビューと診断] を選択します。
  2. 広告プレビューと診断
  3. キャンペーンに含まれているキーワードか、それに関連するキーワードを入力します。
  4. その他の設定(国、言語、デバイス)も必要に応じて変更します。特定の国や言語、デバイスに広告を表示するよう設定している場合は必ず指定してください。
  5. [プレビュー] をクリックします。
  6. 指定した条件で広告が掲載可能かどうかが示されます。Google 検索結果の最初のページに表示される資格がある場合は、緑色でハイライト表示されます。

今すぐ試す

また、http://www.google.com/AdPreview からは広告プレビューと診断ツールのクイック バージョンにアクセスできます。


検索結果での広告のランク付けの方法

広告が検索結果のできるだけ上位に表示されるようにするには、検索結果での広告のランク付け方法を理解する必要があります。このセクションでは、広告のランク付けの仕組みについて見ていきましょう。

広告オークションの順位を上げる

AdWords では、広告の表示機会が発生するたびに、どの広告をどの順番で表示するかを決める広告オークションが行われます。広告ランクという指標によって、ページ上での広告の掲載順位が決まります。

Insights on the AdWords Auction

広告ランクは次の要素によって決まります。

  • 入札単価 - 最もよく使われる入札タイプであるクリック単価制(CPC)では、「入札単価」が上限クリック単価、つまり広告のクリック 1 回に対してお支払いいただける額の上限になります。
  • 広告の関連性: キーワードと広告の関連度を表す指標です。
  • ランディング ページの利便性: 広告をクリックしたユーザーに対する、ウェブサイトのランディング ページの関連性と利便性を表す指標です。
  • 推定クリック率 - 該当するキーワードで表示された広告がクリックされる可能性を表す指標です。
  • 広告表示オプションやその他の広告フォーマットの効果の予測 - 関連性やクリック率、検索結果ページでの広告表示オプション(サイトリンクや電話番号表示オプション)や広告フォーマットのアピール度といった要素が考慮されます。

したがって、たとえ競争相手が自分より高い入札単価を設定していても、広告やランディング ページの質が高ければ、有利な掲載枠を獲得することが可能です。広告ランクや広告の掲載順位の詳細

広告の掲載順位を上げるには

広告オークションは Google 検索が行われるたびに繰り返され、その時点での競合状況と広告主様が使用している広告によって毎回結果が変わる可能性があるります。つまり、広告の掲載順位が一定でなくても不自然ではなく、むしろ毎回変動するのが普通です。

掲載順位を高めるには、広告とランディング ページの質を向上させるか、入札単価を調整するのが効果的です。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
オンライン広告でより多くのお客様にアプローチ

AdWords を使うと、Google 検索に広告を掲載してローカル検索を行うユーザーにアピールできます。料金が発生するのは、広告がクリックされた場合のみです。[詳細]

AdWords に申し込む