検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

オンライン マーケティングについて知っておきたいポイント

成果につながるウェブサイトの条件

オンライン マーケティングを利用することで、ユーザーをウェブサイトに誘導することができます。では、肝心なウェブサイトの使い勝手はどうでしょう。ユーザーが商品やサービスを購入しやすいように工夫されているでしょうか。確認してみましょう。

広告にリンクしているウェブサイトを開き、以下のチェックリストに従って、ご自身のウェブサイトを確認してみましょう。



 

はっきりと目立つように見出しが表示されていますか?


はい。はっきりと目立つように見出しが表示されています。

合格です。各ページの内容がすぐにわかるよう、見出しをはっきりと表示することが大切です。ユーザーのサイト滞在時間が長くなり、最終的にはコンバージョンの達成につながります。

いいえ。はっきりと目立つように見出しが表示されていません。

ウェブサイトのすべてのページに、はっきりと目立つ見出しを追加してください。ページの内容がすぐにわかればユーザーのサイト滞在時間が長くなり、最終的にはコンバージョンの達成につながります。

 

ウェブサイトはモバイル使用に対応していますか?


はい、対応しています。

問題ありませんが、ユーザーを顧客に変えるには、サイトをスマートフォンやノートパソコンなどのさまざまな端末に対応させる必要があります。サイトをテストすると、モバイルへの対応度と読み込み速度を評価して、サイトの改善方法をご確認いただけます。

いいえ、対応していません。

ユーザーを顧客に変えるには、サイトをスマートフォンやノートパソコンなどのさまざまな端末に対応させる必要があります。サイトをテストすると、モバイルへの対応度と読み込み速度を評価して、サイトの改善方法をご確認いただけます。


商品の魅力やサービスのメリットが明記されていますか?


はい。メリットが明記されています。

合格です。サイト訪問者に、商品やサービスの魅力がすぐにわかるようにしましょう。さらに、項目を箇条書きにするなど、メリットをわかりやすく伝えることも大切です。

いいえ。メリットが表示されていません。

どのようなメリットがあるかはユーザーにとって重要な情報です。サイト訪問者に、商品やサービスの魅力がすぐにわかるようにしましょう。さらに、項目を箇条書きにするなど、メリットをわかりやすく伝えることも大切です。

 

画像や動画を活用していますか?


はい。画像や動画を取り入れています。

合格です。写真、動画、画像などでユーザーの関心を引き付けることで、商品やサービスの魅力を効果的に伝えることができます。ただし、やりすぎに注意してください。写真や動画が多すぎるとサイトの読み込みに時間がかかり、ユーザーが途中でサイトを離れてしまう可能性があります。

いいえ。画像や動画を取り入れていません。

目を引く写真、動画、画像などをウェブサイトに取り入れ、商品やサービスの魅力を効果的に伝えましょう。ただし、やりすぎに注意してください。写真や動画が多すぎるとサイトの読み込みに時間がかかり、ユーザーが途中でサイトを離れてしまう可能性があります。

 

行動を促すフレーズが明確に表示されていますか?

行動を促すフレーズとは、ユーザーに期待する行動やその方法です。たとえば、商品購入ページの「今すぐ購入」ボタンや、電話番号の隣の「今すぐお電話」がこれにあたります。


はい。行動を促すフレーズが明確に表示されています。

合格です。ユーザーに期待する行動が明記されていれば、サイト訪問者が商品やサービスの購入に至る可能性が高まります。

いいえ。行動を促すフレーズが明確に表示されていません。

ユーザーに期待する行動が明記されていれば、サイト訪問者が商品やサービスの購入に至る可能性が高まります。

ウェブサイトを訪れたユーザーに期待することは何でしょうか。目的を明確にして、それを達成できるようウェブサイトを改善します。電話での問い合わせ、商品のオンライン購入など、サイト訪問者に期待する行動とその方法を明示します。

 

広告主様の連絡先はウェブサイト上の分かりやすい場所に表示されていますか?


はい。連絡先は分かりやすい場所に表示されています。

合格です。ユーザーの信頼を得るうえで、問い合わせ先が明記されていることは重要です。初めてのユーザーも安心して利用できます。

他にも、次のような方法でウェブサイトの信頼性を高めることができます。

  • ウェブサイトに関するお客様の声や第三者の評価を掲載します。
  • 事業内容など、ビジネスに関する情報をすべて公表します。
  • ユーザーに個人情報の入力を求める場合は、その理由と目的を明確に伝えます。
  • ウェブサイトに広告やスポンサー リンクを掲載する場合は、その他のコンテンツと明確に区別します。
いいえ。連絡先は分かりやすい場所に表示されていません。

競合サイトとの差別化を図るには、ウェブサイトの信頼性を高め、初めてのユーザーも安心して利用できるようにすることが大切です。その第一歩として、問い合わせ先を明記しましょう。

他にも、次のような方法でウェブサイトの信頼性を高めることができます。

  • ウェブサイトに関するお客様の声や第三者の評価を掲載します。
  • 事業内容など、ビジネスに関する情報をすべて公表します。
  • ユーザーに個人情報の入力を求める場合は、その理由と目的を明確に伝えます。
  • ウェブサイトに広告やスポンサー リンクを掲載する場合は、その他のコンテンツと明確に区別します。
 

ウェブサイトで最も重要な情報は何でしょうか。ウェブサイトを初めて訪れたユーザーでも、その情報をすぐに見つけることができますか?


はい。重要な情報をすぐに見つけることができます。

合格です。ウェブサイトを訪れたユーザーに商品やサービスを購入してもらうには、重要な情報がすぐに見つかるようにしておく必要があります。

優れたウェブサイトを作成するヒントをいくつか紹介します。

  • 重要な情報はページの上部に表示する - ユーザーがサイトを訪れたとき、すぐに目に入る位置に重要な情報を表示しましょう。ページを下方向にスクロールしなくても大切な情報を確認できるようにしてください。
  • 小さいサイズの画面にも対応する - ターゲットはデスクトップ パソコンだけではありません。ユーザーは、スマートフォンやタブレットなど、さまざまなデバイスから常時インターネットにアクセスしています。デバイスの画面サイズが小さいと、目的の情報を見つけにくくなります。すべてのサイト訪問者が目的の情報を見つけられるよう、あらゆるデバイスに自動的に対応できるウェブサイトを作成しましょう。
  • ナビゲーションをシンプルにする - すっきりとシンプルでわかりやすいウェブサイトにしましょう。
    • リンクの数を制限する
    • ポップアップなど、ウェブサイトのナビゲーションを妨げる機能を使用しない
    • サイトの読み込み時間をできるだけ短くし、ユーザーが途中で離れないようにする
  • 詳細情報へのリンクをわかりやすく表示する - 宣伝している商品の詳細情報をすぐに参照できるようにしましょう。たとえば、「詳細」リンクを目立つ位置に配置します。
いいえ。重要な情報をすぐに見つけることができません。

ウェブサイトを訪れたユーザーに商品やサービスを購入してもらうには、重要な情報がすぐに見つかるようにしておく必要があります。ユーザーがウェブサイトを訪れたとき、商品やサービスに関する重要が最初に目に入るようにしてください。

優れたウェブサイトを作成するヒントをいくつか紹介します。

  • 重要な情報はページの上部に表示する - ユーザーがサイトを訪れたとき、すぐに目に入る位置に重要な情報を表示しましょう。ページを下方向にスクロールしなくても大切な情報を確認できるようにしてください。
  • 小さいサイズの画面にも対応する - ターゲットはデスクトップ パソコンだけではありません。ユーザーは、スマートフォンやタブレットなど、さまざまなデバイスから常時インターネットにアクセスしています。デバイスの画面サイズが小さいと、目的の情報を見つけにくくなります。すべてのサイト訪問者が目的の情報を見つけられるよう、あらゆるデバイスに自動的に対応できるウェブサイトを作成しましょう。
  • ナビゲーションをシンプルにする - すっきりとシンプルでわかりやすいウェブサイトにしましょう。
    • リンクの数を制限する
    • ポップアップなど、ウェブサイトのナビゲーションを妨げる機能を使用しない
    • サイトの読み込み時間をできるだけ短くし、ユーザーが途中で離れないようにする
  • 詳細情報へのリンクをわかりやすく表示する - 宣伝している商品の詳細情報をすぐに参照できるようにしましょう。たとえば、「詳細」リンクを目立つ位置に配置します。
 

店舗やサービスについてウェブユーザーに知ってもらうにあたり、Google マイビジネスソーシャル メディアなどを総合的に活用していますか?



Building your online presence

はい。自社サイト以外でも、オンライン サービスを積極的に活用しています。

合格です。ウェブは広大な空間です。ウェブサイト以外でも、さまざまなオンライン サービスを積極的に活用することで、多くのユーザーに情報を届けることができます。

たとえば、無料の Google マイビジネスでは、Google 検索、Google マップに最新情報を掲載し、デバイスを問わず多くのユーザーに働きかけることができます。

また、無料のソーシャル メディアを利用して情報を掲載したり、専用のページを作成したりする方法もあります。

いいえ。自社サイト以外のオンライン サービスは積極的に活用していません。

ウェブは広大な空間です。ウェブサイト以外でも、さまざまなオンライン サービスを活用することで、多くのユーザーに情報を届けることができます。

こうしたサービスの多くは、無料で手軽に利用できます。まずは、無料の Google マイビジネスをご活用ください。Google 検索、Google マップに最新情報を掲載し、デバイスを問わず多くのユーザーに働きかけることができます。

また、無料のソーシャル メディアを利用して情報を掲載したり、専用のページを作成したりする方法もあります。

 

いかがでしたか?上記のいずれかの質問で「いいえ」と答えた場合は、ウェブサイトの改善をご検討ください。ユーザーの利便性が向上するのはもちろん、AdWords の予算を効果的に活用できます。

ウェブサイトを改善してより良い結果を得る方法と、AdWords サポートへのお問い合わせ方法もご確認ください。ウェブサイトや AdWords に関する無料コンサルティングを受けることができます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
AdWords ご利用ガイド

ご利用ガイドを参照して AdWords を始めましょう。