検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

品質スコアを確認する

設定したキーワードがランディング ページや広告とどの程度関連性があるか調べるには、品質スコアを確認します。

現在の品質スコアとその基準スコアは、4 つの品質スコア ステータス列(品質スコア、ランディング ページの利便性、広告の関連性、推定クリック率)で確認できます。

また、過去の品質スコアとその基準スコアも、4 つの掲載結果データ列(品質スコア(過去ベース)、ランディング ページの利便性(過去ベース)、広告の関連性(過去ベース)、推定クリック率(過去ベース))で確認できます。

この記事では、現在と過去の品質スコアとその基準スコアを確認する方法について説明します。

はじめに

品質スコアの決定基準についてご不明な場合は、まず最初に品質スコアについての記事をご覧ください。

手順

ご利用中の AdWords がリニューアル版か従来版のどちらのバージョンかお選びください。詳細

品質スコアは [キーワード] タブで確認できます。品質スコアを確認する方法はいくつかあります。

キーワード診断を行う

  1. 画面上部の [キャンペーン] タブをクリックします。
  2. [キーワード] タブを選択します。
  3. 任意のキーワードのステータスの横にある白い吹き出し(Ad disapproval bubble)をクリックすると、そのキーワードの品質スコアの詳細情報として、推定クリック率広告の関連性ランディング ページの利便性に関する評価を確認できます。

品質スコア列を有効にする

  1. 画面上部の [キャンペーン] タブをクリックします。
  2. [キーワード] タブを選択します。
  3. データ表の上にあるツールバーの [表示項目] メニューをクリックします。
  4. [表示項目を変更] を選択します。
  5. [品質スコア] を選択します。
  6. 現在の品質スコアと、そのコンポーネントのステータスを確認するには、以下から該当するものを選択して掲載結果データの表に追加します。
    1. 品質スコア
    2. ランディング ページの利便性
    3. 広告の関連性
    4. 推定クリック率
  7. 過去の品質スコアと、そのコンポーネントのデータを確認するには、日単位で分割表示して、以下から該当のものを選択して掲載結果データの表に追加します。
    1. 品質スコア(過去)
    2. ランディング ページに利便性(過去)
    3. 広告の関連性(過去)
    4. 推定クリック率
  8. [適用] をクリックします。
品質スコア

今すぐ試す

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
AdWords ご利用ガイド

AdWords の基本を学びましょう。