検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

広告の掲載先

AdWords では、広告のターゲット設定、ターゲットとするユーザー、広告の種類に応じて、ウェブ上のさまざまな場所に広告を掲載できます。

この記事では、広告の掲載先と広告が表示されるユーザーについて説明します。

Targeting channels

Google 検索と他の検索サイト

お客様が提供している商品やサービスについて検索したユーザーに広告を表示することができます。広告を作成する際に、一連のキーワードを設定します。キーワードとは、広告掲載のきっかけとなる語句のことです。キーワードに設定された語句でユーザーが検索すると、検索結果の上か横にテキスト広告が表示されます。

  • Google の検索サイトの場合: Google 検索の場合、広告は検索結果の上や下に表示されます。Google Play、Google ショッピング、Google マップ(マップ アプリを含む)の場合、検索結果の横、上、下に表示されます。
    Search Network ads on results page
  • Google 検索パートナーの場合: 広告は、Google 検索パートナーのウェブサイトに検索結果と共に表示されます。テキスト広告は、Google ビデオなどの Google のサイトに加えて、Google 以外の多数のウェブサイトにも掲載されます。

ユーザーがアクセスしているウェブサイト

ウェブサイトを閲覧中のユーザーに広告を表示することもできます。Google ディスプレイ ネットワークでは、テキスト広告、イメージ広告、動画広告を掲載できます。

Display Network ads

Google ディスプレイ ネットワークは、AdWords 広告を掲載するウェブサイトの集まりです(Google Finance、Gmail、Blogger、YouTube といった Google の一部のウェブサイトも含まれます)。モバイルサイトやアプリも、このネットワークの一部です。

お気に入りのニュースサイトや Gmail アカウントに AdWords 広告が表示されるのは、それらが Google ディスプレイ ネットワークに含まれているためです。

広告は、選択したターゲティング方法に基づいて表示できます。ディスプレイ ネットワークでは、次のような方法で広告のターゲット設定を行うことができます。

  • 提供している商品やサービスに関連するキーワードやトピックを指定する
  • 特定のウェブサイトまたはページを指定する
  • 興味や関心、属性、ウェブサイトへのアクセス履歴などをもとに特定のユーザー層を指定する

詳しくは、ディスプレイ ネットワークでの広告の掲載先をご覧ください。

さまざまな端末

外出先でウェブサイトへのアクセスや検索を行うユーザーに対して広告を表示できます。

  • モバイル端末やタブレットで Google 検索を利用したユーザーに、テキスト広告が表示されます。
  • ハイエンド モバイル端末(iPhone や Android 搭載端末など)やタブレットから Google ディスプレイ ネットワークのサイトにアクセスしたユーザーには、テキスト広告、イメージ広告、動画広告が表示されます。
  • ディスプレイ ネットワークに参加しているモバイルアプリにも広告が表示されます。

指定した地域や言語

テキスト広告の場合、国全体や特定の地域を指定して、その地域のユーザーに広告を表示できます。その地名で検索したユーザーにも広告が表示されます。

また、ユーザーの言語をターゲットに設定して、顧客となる可能性の高いユーザーにアプローチすることができます。複数の言語がターゲットに含まれる場合は、言語別にキャンペーンを作成し、各言語で広告やキーワードを作成します。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
false
AdWords ご利用ガイド

AdWords の基本を学びましょう。