「金融商品およびサービス」ポリシーの更新(2019 年 11 月)

Google は参考用としてヘルプセンターの翻訳版を提供していますが、翻訳版の内容によって実際のポリシーが変更されることはありません。ポリシーに基づく措置は、公式言語である英語版の記述に沿って実施いたします。この記事を別の言語で閲覧するには、ページ末尾のプルダウン メニューから言語を選択してください。

2019 年 11 月に「金融商品およびサービス」ポリシーを更新いたします。それに伴い、債務整理サービス、債務管理サービス、およびクレジット回復サービスの宣伝が制限されます。

クレジット回復サービスに関する広告の掲載は全面的に禁止されます。

債務整理サービスおよび債務管理サービスに関する広告の掲載は、Google の認定を受けた場合に限り許可されます。認定は一部の国でのみ取得できます。

Google の認定を受けるには、債務整理および債務管理サービスの広告主様は、広告の掲載先となる国の関連規制機関または社会的に認知された関連団体による登録、認可、または承認を受ける必要があります。

広告主様は、申請フォームが公開され次第、Google に認定の申請をしていただけます。詳しくは、債務サービスの認定に関するページをご覧ください。

このポリシーは、これらのサービスを直接宣伝するすべてのアカウント、見込み顧客獲得を目的としたサイト(リード ジェネレーター)、および消費者と第三者サービスの仲介者に対して、世界の全地域で適用されます。

(2019 年 10 月)

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。