Google Ads API(AdWords API)ポリシー

Google Ads API(AdWords API)を使用すると、Google 広告のアカウントやキャンペーンの効率的かつ柔軟な管理に役立つツールを開発することができます。このポリシーは、API の利用形態の規範を定めたものです。API は Google 広告の利便性を補完・強化する形で使用され、広告主に対して透明性と一貫性のあるエクスペリエンスを提供している必要があります。

Google Ads API(AdWords API)の利用規約と以下のポリシーの遵守状況を確認するため、Google は任意の理由とタイミングで API のご利用方法のレビューを要請することがあります。


API の一般的なポリシー

Google Ads API(AdWords API)の利用方法

Google Ads API(AdWords API)は、Google 広告キャンペーンの作成、管理、レポートにのみ利用できます。

API の機能の利用方法は、トークン申請時の内容と一致していなければなりません。ニーズの変化により API の使用方法を変更する場合(レポートツールにキャンペーンの作成や管理の機能を追加するなど)は、こちらのツール変更フォームよりお知らせいただく必要があります。

使用されていないトークン

Google では 90 日間まったく使われていない API トークンを無効にすることがあります。使用がなかったために無効化されたトークンは、いつでも再申請することができます。

必須機能要件

必須機能要件(RMF)とは、一部のツール開発者が Google Ads API(AdWords API)を使用する際に提供を義務付けられる機能を指します。RMF は作成機能、管理機能、レポート機能の 3 つに分類されます。RMF のルールをご確認ください。

準拠を要するルールは、Google Ads API(AdWords API)の使用方法によって異なります。

作成機能
の要件
管理機能
の要件
レポート機能
の要件
フルサービス対応ツール
(広告主、代理店、その他のサードパーティが、Google 広告アカウントのあらゆる管理業務に使用する)
RMF 適用 RMF 適用 RMF 適用
レポート機能専用
(広告代理店やエンドユーザー(広告主)に、レポート参照用のダッシュボードだけを提供する)
RMF 非適用 RMF 非適用 RMF 適用
社内専用
(個々の広告主や広告代理店によってのみ使用され、サードパーティによるツールへのアクセスはない)
RMF 非適用 RMF 非適用 RMF 非適用

RMF は標準権限があるトークンだけに適用されます(標準権限の詳細については、レートシートをご覧ください)。

ツールで提供する機能が極めて限定的な特殊機能で、キャンペーンや広告グループ、広告の作成や管理に使用できない場合、そのツールはフルサービス対応ツールに該当していない可能性があります。この場合、作成機能と管理機能の RMF は適用されません。ツールに RMF ポリシーが適用されるかどうかわからない場合は、Google Ads API(AdWords API)コンプライアンス チームまでお問い合わせください。フルサービス対応のツールに該当するかどうか判断させていただきます。ツールの機能が大幅に変わった場合は、改めて評価を受けることができます。

RMF ポリシーは、どのようにツールを組み合わせて使っても Google 広告の機能や詳細な掲載結果データを確実に利用できるようにするためのものです。RMF のリストには、各機能についての開発者向けのドキュメント類のほかに、ポリシーも記載されています。各機能の具体的な要件について疑問点がありましたら、API コンプライアンス チームにお問い合わせください。

RMF ポリシーに違反した場合、違約金が課されることがあるほか、API レートシートに記載のとおり、トークンのダウングレードが行われることもあります。

情報開示の要件とその他の義務

このセクション(情報開示の要件とその他の義務)の対象となるのは以下の方です。

  • エンドユーザーである広告主に代わってキャンペーンを管理し、広告主向けのソフトウェア ツールを提供する広告代理店やサードパーティ
  • 広告代理店やサードパーティにツールを提供するソフトウェア開発者

このセクションのポリシーは、エンドユーザーである広告主や、Google Ads API(AdWords API)を社内限定でご利用の方には適用されません。

情報開示の要件

Google 広告の基本方針は説明責任を果たすことです。広告主がどのツールを使用しても、Google 広告の掲載結果を正確に理解できるようになっている必要があります。以下の要件は、Google 広告データのレポートと管理において、広告主に対する透明性を確保する方法について説明したものです。

データの不一致についての開示:
エンドユーザーである広告主にフルサービス対応のツールを提供しており、そのツールを Google 広告以外の広告システムの管理にも使ってもらっている場合、アカウントに変更を加える前に、各広告システム間の違いについて理解してもらう必要があります。
 
API ツールで、Google 広告キャンペーンと他の広告プラットフォームとをまたいだデータの一括編集、コピー、インポート、エクスポートといった機能を提供している場合、データ転送による不整合やエラーの発生が起きないよう、プラットフォーム間で互換性がない点について開示しておく必要があります。また、利用者がこういった互換性の問題を解決または回避できるよう、適切な調整を行ったり、データ転送をキャンセルしたりすることができるようにしてください。

: 別の広告プラットフォームのデータを Google 広告にインポートできる API ツールを提供しているとします。たとえば、インポート元のプラットフォームのデータが Google 広告ほど詳細ではない場合(Google 広告では郵便番号レベルでのターゲティングができるのに対して、もう一方のプラットフォームでは都市単位のターゲティングしかできない、など)、この不一致について、データのインポートが完了する前に利用者に開示し、インポートをキャンセルできるようにするか、続行する前にデータを調整できるようにする必要があります。

: Google 広告のデータを別の広告プラットフォームにエクスポートできる API ツールを提供しているとします。たとえばあるデータ変数が、エクスポート先のプラットフォームでは Google 広告と異なる形式で定義されている(あるいはそのデータ変数をそもそも使用しない)場合、この不一致について、データのエクスポートが完了する前に利用者に開示し、エクスポートをキャンセルできるようにするか、続行する前にデータを調整できるようにする必要があります。

遅延データ:
Google 広告の掲載結果データをエンドユーザーである広告主やその他の利用者に表示する際、24 時間を超える遅延が発生する場合は、その旨を利用者に明確に開示してください。

Google サードパーティ ポリシー:
エンドユーザーである広告主に代わって Google 広告の購入や管理を行う広告代理店やその他のサードパーティは、Google のサードパーティ ポリシーを遵守する必要があります。

Google 広告のデータの共有とレポート、他の広告プラットフォームのデータ:
エンドユーザーである広告主に代わって Google 広告の購入や管理を行う広告代理店等が、クライアントの Google 広告アカウント固有のデータ(キーワード、入札単価、キャンペーン設定、掲載結果データ等)を販売、再配布、サブライセンスなどの方法で開示または転送する場合、あらかじめ書面による同意を得る必要があります。

また、ツールを利用する広告主に、Google 広告についての正確な情報、たとえば Google 広告のデータと他の広告プラットフォームのデータを識別する方法などを伝える必要があります。他の広告プラットフォームのデータもレポートに表示する場合、Google 広告のデータはそれ以外のデータとは別個に表示しなければなりません。もう一方のプラットフォームのデータや総合データと比べ、より詳細な Google 広告のデータを利用できる場合(Google 広告では地域別のレポートを郵便番号レベルで提供しているのに対して、他のデータソースでは都市や都道府県のレベルでしか提供していない、など)、Google 広告のデータは詳しいほうのレベルでレポートする必要があります。総合的な掲載結果データ(Google 広告のデータと他のプラットフォームのデータを合わせたデータ)は、Google 広告のみのデータが別途わかりやすい場所に提供されていれば、レポートに表示しても構いません。

: 複数の広告プラットフォーム(例: AdCenter、Yahoo、Yandex など)の掲載結果データをまとめて地域別の総合データとして表示するツールの場合、Google 広告の地域別の掲載結果レポートと必須フィールドも表示できるようにします。

その他の義務

クロスプラットフォーム機能:

クロスプラットフォーム機能についてのポリシーは、以下の条件に当てはまる方が対象です。

  • エンドユーザーである広告主、広告代理店、およびエンドユーザーに代わってキャンペーンの管理を行うその他のサードパーティが使用するソフトウェア ツールを開発する方
  • 複数の広告ネットワークやプラットフォームをまたいで、キャンペーン設定をコピー、インポート、エクスポート、または最適化できるツールを提供している方

このポリシーは、エンドユーザーである広告主や Google Ads API(AdWords API)を社内限定でご利用の方には適用されません。

Google 広告と他の広告プラットフォームとの間でキャンペーン設定をコピー、インポート、エクスポート、または最適化できるツールを提供している場合、どの処理も任意の方向で(たとえば Google 広告から Yahoo にコピーすることも、Yahoo から Google 広告にコピーすることも)できるようにしてください。

: キャンペーン設定やその他のデータを Google 広告からコピーして、Yahoo、Bing Ads、Yandex などにエクスポート、またはそれらのプラットフォーム向けに最適化することができるツールの場合、逆にそれらのプラットフォームからキャンペーン設定やその他のデータをコピーして Google 広告にエクスポート、または Google 広告向けに最適化できるようになっている必要があります。

広告主による利用停止:
エンドユーザーである広告主が、ツールの利用を停止できるようにしてください。広告主から依頼があった場合、3 営業日以内に、自社のサービスおよび開発者トークンと広告主の Google 広告キャンペーンとの関連付けを解除し、利用者が Google 広告アカウントを完全にコントロールできる状態に戻す必要があります。

データのセキュリティ:
広告主の Google Ads API(AdWords API)データを、エンタープライズ データにおける一般的なセキュリティ基準に照らして安全と言える環境に常に置くことができるよう、あらゆる合理的な努力をする必要があります。また、Google Ads API(AdWords API)によって転送するデータはすべて、128 ビット SSL 暗号化またはそれ以上の強度で(Google との直接的な通信については Google Ads API(AdWords API)サーバーが受け付けているプロトコルと同等またはそれ以上の強度で)安全を確保してください。

禁止されている行為

TargetingIdeaService や TrafficEstimatorService のスクレイピング

TargetingIdeaService(TIS)と TrafficEstimatorService(TES)は、広告主や広告代理店がプログラムによってキーワードを生成し、Google 広告のキーワードおよび入札単価戦略を最適化するのに役立ちます。TIS または TES からのデータを、Google 広告キャンペーンの作成と管理以外の目的で収集することは禁止されています。広告代理店または独立 Google 広告開発者の方が、外部 API ツールを通してクライアント(利用者)に TIS または TES のデータを提供する場合、必須機能要件(キャンペーンの作成、管理、レポート)をすべて満たしている必要があります。

Google 検索のスクレイピング、スクレイピングによるデータの購入

Google 検索結果ページやその他の Google のプロパティをスクレイピングすることはできません。また、スクレイピングされた Google のデータをサードパーティから間接的に入手することも、禁止されています。Google 以外の正当なデータソースから入手した検索データを含むレポートを公開する場合、データソースとデータ収集手法をレポートで開示する必要があります。

補助的なトークン

エンドユーザーである広告主やその他のサードパーティのクライアントにツールを提供する際、ツール使用の条件として、利用者に Google Ads API(AdWords API)トークンを申請させることはできません。エンドユーザーによるこのようなトークンの申請は却下されます。

一般に、Google Ads API(AdWords API)トークンは 1 社につき 1 つしか割り当てられません。複数必要な場合はご相談ください。

API トークンの自動使用の許可

広告代理店、エンドユーザーである広告主、その他のサードパーティが独自に Google Ads API(AdWords API)トークンを取得しなくてもよいように、自社の Google Ads API(AdWords API)トークンを使用させることはできません。クライアント(広告代理店やエンドユーザー)が Google 広告を自動的 / プログラム的に使用する場合は、必ず独自に Google Ads API(AdWords API)トークンを取得して使用する必要があります。また、自社が持つ API トークンを、別途提供する API を介して間接的に使用させることはできません。エンドユーザーがツールを使って Google 広告アカウントに手動またはプログラムによる変更を行う際は、自動アクセス権を与えるのではなく、ツールへの手動ログインによって利用してもらう必要があります。

: 広告代理店やエンドユーザーである広告主に広告管理ソフトウェアをライセンス供与している場合、利用者がスクリプトによって自動的またはプログラム的に Google Ads API(AdWords API)にアクセスできるような独自 API を開発することはできません。

なおこのポリシーは、自社で Google Ads API(AdWords API)を自動的またはプログラム的に使用することを制限するものではありません。サードパーティが(独自に API トークンを取得する代わりに)お客様の API トークンを流用して、Google Ads API(AdWords API)をプログラム的または自動的に利用できるようにすることを禁止したものです。

Google 広告ポリシーの違反

Google Ads API(AdWords API)を利用するユーザー、およびそのユーザーのツールを使用するユーザー(エンドユーザーである広告主など)は、Google 広告のポリシーGoogle 広告利用規約に準拠する必要があります。

: Google Ads API(AdWords API)開発者トークンに関連付けられたクライアント センター(MCC)アカウントがポリシー違反によって強制停止された場合、Google Ads API(AdWords API)の利用を続けるには、そのアカウントをすぐに修正する必要があります。

Google のブランディングや商標の不正な使用

Google Ads API(AdWords API)のユーザーは、Google のブランド使用に関するガイドラインを遵守する必要があります。

: Google Ads API(AdWords API)ツールで、Google 広告管理画面の外見や使用感を模倣することや、Google のサービスであると誤解させるようなことは禁止されています。

Google の活動の妨害

Google は、利用規約やこれらのポリシーの遵守状況を確認するため、Google Ads API(AdWords API)のアクティビティを監視・監査することがあります。こういった監視や監査を妨害することや、その他の方法で Google Ads API(AdWords API)の利用状況を Google から秘匿することは禁止されています。妨害行為があった場合、これらのポリシーへの違反と見なされます。

Google Ads API(AdWords API)クライアント(利用規約の定義による)は、Google Ads API(AdWords API)の適切な動作に干渉したり、干渉を試みたりすることはできません。各 Google Ads API(AdWords API)クライアントは、割り当てられた開発者トークンを、Google Ads API(AdWords API)仕様に沿って Google に提示する必要があります。

ポリシーの施行

連絡先情報

クライアント センター アカウントの API センターに登録された連絡先情報を、常に最新の状態に保ってください。連絡先メールアドレスには、API 関連の連絡先をすべて含むエイリアスを登録することをおすすめします。API センターに登録されたメールアドレスは、コンプライアンス関連のご連絡の際のメインの連絡先となります。API チームからの要請や通知に対応していただけなかった場合、これらのポリシーに対する違反と見なされ、スタンダード アクセスがベーシック アクセスにダウングレードされたり、API トークンが取り消されたりすることがあります。また、要請があった場合は、追加のご連絡先情報をご提供ください。

デモアカウント

Google から要請があった場合、7 日以内に API ツールのデモアカウントをご提供ください。デモアカウントは、ポリシーの遵守状況を確認できるよう、実際のツール(または実際のツールと同じ機能)を備えている必要があります。デモをご提供いただけなかった場合や、虚偽のアカウントを提供する試みが見られた場合は、これらのポリシーに対する違反と見なされます。

違反の通知と違約金

これらのポリシーに違反した場合、Google Ads API(AdWords API)アカウントに登録されているメールアドレスに通知が送られ、ペナルティなしで違反事項を修正できる猶予期間が与えられることがあります。Google Ads API(AdWords API)レートシートに記載されたレートに従って、違約金の請求前にアラートが送信されることもあります。

ポリシーに違反すると、スタンダード アクセスからベーシック アクセスへのダウングレード、Google Ads API(AdWords API)の使用に対する他の割り当ての制限、API トークンの取り消しなど、追加のペナルティが適用される可能性があります。

お問い合わせ

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。