サイトリンク アセットの要件

Google はヘルプセンターの翻訳版を提供しています。ただし翻訳版の内容によって実際のポリシーが変更されることはありません。ポリシーに基づく措置は、公式言語である英語版の記述に沿って実施されます。この記事を別の言語で閲覧するには、ページ末尾のプルダウン メニューから言語を選択してください。

サイトリンクを使用すると、広告に追加のリンクを表示できます。サイトリンクには、標準の Google 広告ポリシーと以下の要件が適用されます。

リンクテキストの繰り返し

以下は許可されません。

赤い x マーク 複数のサイトリンクで同じリンクテキストを使用すること

: それぞれのサイトリンクに異なるリンク先を割り当てる場合でも、リンクテキストを再利用することはできません。

URL の重複

以下は許可されません。

赤い x マーク 同じキャンペーンや広告グループで、複数のサイトリンクのリンク先として同じランディング ページやコンテンツを割り当てること

赤い x マーク サイトリンクのリンク先として同じランディング ページやコンテンツを割り当てること

: 同じウェブページにある別のタブへのリンク、同じウェブページにある別のアンカーや別のフラグメント識別子へのリンク

: リンク先のコンテンツが他と異なると判断されるには、そのウェブページのコンテンツの約 80% が他のどこにもない独自コンテンツであることが必要です。

第三者の URL

以下は許可されません。

赤い x マーク 広告の最終ページ URL のドメインと一致しないサイトリンク URL

: リンクには通常、広告 URL と同じドメインを割り当てますが、限られた状況下では、第三者のサイトにリンクを割り当てることもできます。たとえば、特定のオンライン販売店(Amazon や Best Buy)、Facebook ページ、Twitter アカウント、YouTube 動画、LinkedIn のプロフィール、Instagram アカウントなどが挙げられます。その場合、リンクテキストからリンク先の内容がわかるようにしてください。また、テキストに完全なドメイン名を含めます。

たとえば、YouTube 動画にリンクする場合は、リンクテキストに「YouTube.com の動画へリンク」などと表示します。
 

サイトリンクの句読点と記号

以下は許可されません。

赤い x マーク ユーザーの目を引くことだけを目的として、リンクテキストまたは説明文に使用された不必要な句読点と記号

: 感嘆符、文頭の句読点、► 記号の追加

関連ポリシーと一般的な不承認ケース

次の Google 広告ポリシーは、特にこの広告フォーマットとの関連性が高く、不承認の原因となることが多いものです。詳しくは、ポリシーに違反した場合をご覧ください。

関連性が不明確

情報はすべて宣伝するサービスや商品と関連性があるものでなければなりません。たとえば、送信する広告の各フィールドには、宣伝する商品と関連性があり、同一の広告主様に対応した情報を入力する必要があります。詳しくは、関連性が不明確なケースについてのポリシーをご覧ください。
サイトリンクの場合、リンク先にどのような商品、サービス、その他のコンテンツが掲載されているかを、リンクテキストが明確かつ正確に示している必要があります。

商標

商標権所有者様から申し立てがあった場合、Google は広告またはアセットを削除することがあります。広告文、アセット、およびビジネス情報における商標の使用は、広告主様が責任を持って適切に管理してください。詳しくは、商標に関するポリシーをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
7872303314371105767
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
73067