検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

ウェブサイトの管理

AdSense クローラについて

クローラは、ウェブページのコンテンツの解析とインデックス登録に使用されるソフトウェアで、スパイダーまたはボットとも呼ばれます。AdSense クローラは、関連性の高い広告を配信するため、サイトにアクセスしてコンテンツを分析します。

AdSense クローラについて留意すべきポイントは次のとおりです。

  • クローラ レポートの更新は週 1 回です。

    クロールは自動的に実行されるため、クロールの頻度を増やすご要望にお応えすることはできません。

  • AdSense クローラは Google クローラとは異なります。

    2 つのクローラは別個のものですが、キャッシュを共有しています。これにより、2 つのクローラが同じページをリクエストする事態を防ぎ、サイトの帯域幅を節約するよう努めています。同様に、Search Console クローラも別個のクローラです。

  • AdSense クロールの問題を解決しても、Google クロールの問題の解決にはなりません

    [クローラ アクセス] ページに表示される問題を解決しても、Google 検索結果での掲載順位は変化しません。Google でのサイトのランキングの詳細については、Google の検索結果にサイトを表示する方法をご覧ください。

  • クローラは URL 単位でインデックスを登録します。

    AdSense クローラは、site.com と www.site.com には別々にアクセスしますが、site.com と site.com/#anchor を区別したりはしません。

  • クローラは robots.txt ファイルで禁止されているページやディレクトリにはアクセスしません。

    Google クローラと AdSense Mediapartners クローラはどちらも robots.txt ファイルを尊重し、robot.txt ファイルでアクセスが禁止されているページやディレクトリをクロールすることはありません。

    ただし、User-agent: * の行でロボットのクロールがブロックされているページに広告を掲載している場合、AdSense クローラはページのクロールを継続します。AdSense クローラによるページのクロールを停止するには、robots.txt ファイルで User-agent: Mediapartners-Google を指定する必要があります。詳細
  • クローラは Google の広告タグが実装されている URL にのみアクセスを試みます。

    Google 広告を掲載しているページだけが送信するリクエストに応じて、クロールが行われます。

  • クローラはリダイレクト元のページにアクセスを試みます。

    他のページにリダイレクトするページ(リダイレクト元のページ)がある場合、クローラはリダイレクト元のページにアクセスしてリダイレクトが設定されていることを確認する必要があります。このため、クローラによるリダイレクト元ページへのアクセスがアクセスログに記録されます。

  • クローラがサイトにアクセスする頻度。

    現在のところ、Google のクローラがサイトのコンテンツをインデックスに登録する頻度を調整することはできません。クロールはロボットにより自動的に行われます。ページを変更した場合、Google のインデックスに変更が反映されるまでに 1、2 週間かかる場合があります。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。