[最適化] タブ

自動広告テスト

自動広告テストでは、さまざまな設定をサイト上で比較して、どの設定が効果的かを確認できます。たとえば、複数の広告フォーマットや広告読み込みをテストしたり、自動広告を使用している場合と使用していない場合のパフォーマンスを比較したりできます。テストを実施するサイトでは AdSense コードの編集は必要ありません。

: 指定した期間で 1 つのサイトに設定できる有効な自動広告テストは 1 つだけです。

自動広告テストを作成する

  1. AdSense アカウントにログインします。
  2. [最適化] 次に [テスト] をクリックします。
  3. 他に実施しているテストがある場合は、[新しいテスト] をクリックします。
  4. 「自動広告」カードで [自動広告] をクリックします。
  5. テストを設定するサイトを選択します。
    ヒント: 特定のサイトを探す場合は検索やフィルタを使用してください。
  6. 広告設定のプレビューで、テストパターンについて変更する自動広告設定を選択します。[元の設定を表示] スイッチを使用すると、元の設定とテストパターンを切り替えることができます。
    : ページ除外はテスト対象外のため、ページ除外オプションはグレー表示されます。
  7. [テストを実施] をクリックします。
  8. テストに名前を付けます。
  9. [テストを実施] をクリックします。テストのステータスが [進行中] になり、データの収集が始まります。
: 最初のテスト結果が表示されるまで、数日かかる場合があります。

自動広告テストを評価する

[テスト] ページへアクセスし、テストを確認してください。テスト対象ページで [設定を比較] をクリックすると、元の設定とテストパターンが表示されます。

十分なデータが収集されていれば、元の設定とテストパターンを比較して、どちらのほうが掲載結果がよいかを確認できます。自動広告テストの結果は、広告ユニットも含めたサイト全体への影響を示すもので、自動広告に限定されるものではないことをご了承ください。特に既存の広告ユニットを使用しているサイトで、自動広告の影響について理解を深める際に役立ちます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。