マイ AdSense ページにはお客様のアカウントに特化した情報が表示されます。AdSense での成果向上にぜひご活用ください。

コード導入ガイド

広告ユニットコードを WordPress サイトに挿入する

WordPress に広告を掲載するには、プラグインテーマ、またはウィジェットを使用します。#wordpress

WordPress サイトに AdSense 広告ユニットコードを配置するにはいくつかの方法があります。以下にそれらをご紹介します。

ヒント: お客様の AdSense アカウントに必要な広告ユニットを作成したうえで、以下の説明に従って広告コードを追加してください。

プラグイン

コーディングに詳しくないお客様がサイトの特定のプレースメントに広告を配置する場合は、広告プラグインを使用すると便利です。WordPress のプラグイン ディレクトリで必要なプラグインを入手できます。

広告プラグインには、コードの記述や編集を行わずに広告を配置できるオプション機能を備えたものもあります。

プラグインを選択するときは、次の点に注意してください。

  • テーマに合ったプラグインを選択してください。

  • 用意されている機能はプラグインによって異なります。いくつかのプラグインを試して、お客様のサイトに最適なプラグインを見つけてください。

  • Google は、Google 以外が提供するプラグインの動作について一切責任を負いません。

: プラグインによっては、一部の広告フォーマットを実装できない場合があります。プラグインについてご不明な点がありましたら、お使いのプラグインのデベロッパーへ直接お問い合わせください。

WordPress のテーマ

テーマを使用すると、サイト上での広告ユニットの配置を容易に管理できます。AdSense 向けに最適化された WordPress のテーマを選択してください。AdSense 向けのテーマでは、ページに広告コードを挿入したり、WordPress サイトの要素を掲載したりするためのスペースと位置があらかじめ設定されています。

ただし、スペースと位置がすでに決められているため、広告ユニットを好きな場所に配置できない可能性がある点にご注意ください。また、これらのテーマは、お客様のコンテンツに最適なレイアウトをサポートしているとは限りません。

テーマとその使用方法について詳しくは、WordPress.org の公式サイトをご覧ください。

一部のテーマには「広告セクション」が用意されています。使用するテーマに広告セクションがない場合は、テキスト ウィジェットを使用して広告ユニットを追加する方法をおすすめします。

: テーマによっては、一部の広告フォーマットを実装できない場合があります。

テキスト ウィジェット

テキスト ウィジェットも、WordPress サイトに広告ユニットを追加する際に役立ちます。テキスト ウィジェットを使用すると、サイトのテーマで設定されているスペースや位置に広告ユニットを簡単に挿入できます。

テキスト ウィジェットとその使用方法について詳しくは、WordPress.org の公式サイトをご覧ください。

: テキスト ウィジェットによっては、一部の広告フォーマットを実装できない場合があります。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
157
false
false