レスポンシブ広告ユニットの改善

2019 年 9 月 13 日

Google では 2019 年 8 月 21 日にレスポンシブ広告ユニットのサイズを改善し、パソコンでのパフォーマンス改善を図りました。また、すべての種類のデバイスにサイズの組み合わせを追加できるようにして、レスポンシブ広告ユニットの柔軟性を高めました。

こうした変更を行った結果、レスポンシブ広告ユニットがそれ自体を含んでいる HTML 親コンテナ(<div> など)のサイズを変更できるようになりました。これにより、サイト運営者様のページ上のあらゆるサイズの広告に、レスポンシブ広告ユニットが自動的に適応することが可能になりました。

なお、レスポンシブ広告ユニットを適切に機能させるため、高さが固定または制限されているコンテナ内には配置しないでください(詳しくは、技術的な注意事項をご覧ください)。一部のデバイスやブラウザでレスポンシブ広告ユニットの高さが高すぎてしまう場合は、それを含むコンテンツの高さが固定または制限されている可能性があります。

レスポンシブ広告の高さを制限する場合は、レスポンシブ広告コードを修正してください。次の例は、レスポンシブ広告コードを修正して高さを 90 ピクセルに固定し、幅が 400~970 ピクセルの範囲で変わるように指定する方法を示すものです。

<ins class="adsbygoogle"
   style="display:inline-block;min-width:400px;max-width:970px;width:100%;height:90px"
   data-ad-client="ca-pub-1234"
   data-ad-slot="5678"></ins>
<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});</script>

その他の例や高度な実装方法については、レスポンシブ広告コードの修正方法をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。