広告コードの導入

自動広告について

自動広告は、シンプルかつ革新的な方法でコンテンツを収益化できるフォーマットです。自動広告では、サイト上のすべてのページにコードを 1 つ配置します。これによりサイトをスキャンして、高い掲載結果が得られる可能性が高く増収を見込める場所に、自動的に広告を掲載します。

メリット

自動広告には次のようなメリットがあります。

  • 増収が見込める。レイアウト、コンテンツ、既存の Google 広告に基づいてページを分析し、新たな掲載場所を特定できます。
  • 使いやすい。広告コードを 1 つ配置するだけで掲載できます。いったんコードを配置すると、サイトや広告設定に変更を加えた場合でも自動広告が自動的に調整されます。
  • 広告をサイトに合わせて配信できる。自動広告設定では、サイト上のどこに広告を表示するかを柔軟に指定できます。
  • モバイルに対応している。自動広告は、すべての画面サイズに合わせて自動的に調整されます。アンカー広告やモバイル全画面といったモバイル専用のフォーマットにも対応しています。

自動広告の仕組み

自動広告では、Google のスマート テクノロジーを使用して次のことが行われます。

  • ページ構成を把握する。
  • ページに掲載されている既存の Google 広告を検出する(他の広告ネットワークからの広告は検出できません)。
  • ページのレイアウト、ページ上のコンテンツの量、既存の Google 広告といったさまざまな要素に基づいて、自動的に新しい広告を掲載する。

サイトに変更を加えた場合は、その変更が自動的に検出され、ページの再分析が行われます。

AMP ページがある場合

AMP ページに広告を自動的に配置したい場合は、AMP 向け自動広告をご利用ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。