検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

広告枠の管理

自サイトの広告枠の認定販売者を ads.txt で宣言する

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者をより自由にコントロールし、偽物の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

ads.txt の使用は必須ではありませんが、Google は使用を推奨します。ads.txt ファイルを設置すれば、購入者が偽物の広告枠を判別できるため、サイト運営者としても偽物の広告枠に流出するはずだった収益を取り戻せることになります。

AdSense 向けの ads.txt を作成する

Google を自サイトの広告枠の認定販売者として宣言する場合、次のように ads.txt を作成します。

  1. テキスト ファイル(.txt)を作成します。
  2. ファイル内に次の 1 行を含めます。

    google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

    重要: 「pub-0000000000000000」の部分はご自分のサイト運営者 ID に置き換えてください。
  3. 作成した ads.txt をルートドメインでホストします(例: https://example.com/ads.txt)。

    ここで「ルートドメイン」とは、IAB による ads.txt の仕様で定義されているとおり、Public Suffix List に含まれるドメイン名から 1 レベル下のドメインを指します。たとえば「co.uk」は Public Suffix List に含まれるため、「google.co.uk」はルートドメインと見なされますが、「maps.google.co.uk」はルートドメインと見なされません。

この手順は、Google AdSense サイト運営者様向けの ads.txt 作成方法を示したものです。他の SSP やアド エクスチェンジ向けの ads.txt 作成については、該当サービスが提供しているドキュメント類を確認するか、該当サービスに問い合わせてください。

ads.txt ファイルに記載される情報

ads.txt ファイルの各行が認定販売者 1 件に対応します。各行には必須の情報が 3 種類、任意で記載できるフィールドが 1 種類あります。

<フィールド 1>, <フィールド 2>, <フィールド 3>, <フィールド 4>

  • <フィールド 1>: 広告配信システムのドメイン名(必須)。

    SSP、アド エクスチェンジ、ヘッダー ラッパーなど、入札者の接続先システムのカノニカル ドメイン名です。システムの運用ドメインが親会社のドメインと異なる場合は、運用ドメインを指定できます。実際の運用ドメインを指定しておくと、WHOIS 検索や IP の逆引きでシステムの所有権を明確に示すことができます。使用するべきドメイン名を明記したドキュメントを、SSP ないしアド エクスチェンジが提供していることが理想的です。

    Google のサイト運営者のアカウントの場合、ドメイン名は常に google.com になります。

  • <フィールド 2>: サイト運営者のアカウント ID(必須)。

    フィールド 1 で指定した広告システム内で、販売者または再販者のアカウントに関連付けられている識別子です。トランザクション(たとえば OpenRTB の入札リクエスト)において SSP やアド エクスチェンジが指定したフィールドに使用される値と同一である必要があります。OpenRTB の場合、通常は publisher.id フィールドが該当します。OpenDirect の場合、通常はサイト運営者の組織 ID が該当します。

    Google のサイト運営者のアカウントの場合、各アカウントに表示されているサイト運営者 ID(例: pub-0000000000000000)を使用します。この ID を確認する方法は次のとおりです。

    宣言には接頭辞 pub- と 16 桁の数字コードのみを指定し、サービス固有の接頭辞(ca-ca-video- など)は削除してください。複数の Ad Exchange アカウントや AdSense アカウントを通じて収益化を行っている場合は、アカウントごとに行を分け、それぞれに対応する pub- コードを入力する必要があります。
  • <フィールド 3>: アカウントまたは関係のタイプ(必須)。

    アカウントのタイプを列挙型の値で指定します。

    • 値が「DIRECT」の場合、フィールド 1 のシステム内のフィールド 2 のアカウントを、サイト運営者(コンテンツ オーナー)が直接コントロールしていることを示します。これは通常、サイト運営者と広告システムが直接のビジネス契約を結んでいることを意味します。

      フィールド 2 で指定したアカウントを直接コントロールしている Google サイト運営者の場合、「DIRECT」と指定します。

    • 値が「RESELLER」の場合、サイト運営者が別のエンティティに、フィールド 2 のアカウントのコントロールと、フィールド 1 のシステムを通した広告枠の再販を委任したことを示します。これら以外のタイプも今後追加される可能性があります。このフィールドのデータを解析する際は、大文字と小文字を区別しないようにします。

      フィールド 2 で指定したアカウントを直接コントロールしていない Google サイト運営者の場合、「RESELLER」と指定します。たとえば、Ad Exchange アカウントでネットワーク パートナー管理を使用している場合、直接管理していない広告枠に対しては「RESELLER」と指定します。

  • <フィールド 4>: 認証機関の ID(省略可能)。

    認証機関で広告システムを一意に識別する ID です。この ID はフィールド 1 に指定されているエンティティに関連付けられます。現在の認証機関は Trustworthy Accountability Group(TAG)であり、このフィールドには TAG ID を指定します。

    Google のサイト運営者のアカウントの場合、TAG ID は f08c47fec0942fa0 です。

よくある質問

AdSense で ads.txt ファイルについてのアラートが表示されました。ads.txt に問題があるサイトを特定するにはどうすればよいですか?

管理画面に ads.txt アラートが表示された場合は、[自分のサイト] ページでこの問題に関係するサイトの一覧を確認できます。

問題があるサイトを所有していない場合やサイトから収益を得ていない場合は、サイトの認証機能を有効にし、これらのサイトの確認を解除することをおすすめします。

ルートドメインにファイルを追加できません。どうすればよいですか?

ads.txt の使用は必須ではなく、実装しなかったからといって収益に影響が出るわけではありません。ただし、ルートドメインにすでに ads.txt ファイルが存在する場合は、ウェブマスターに連絡して、自分のサイト運営者 ID をファイルに追記してもらいましょう。

Google は ads.txt をどのように使用するのですか?

ルートドメインに ads.txt ファイルが置かれている場合、Google はファイルの記載内容から、そのルートドメインでの広告配信が許可される Google 販売者アカウントを認識します。

お客様が特定のサイトでの広告配信をリクエストすると、Google はそのサイトのルートドメインに ads.txt ファイルがあるかどうかを確認します。ads.txt ファイルがない場合は、販売者に関する選別は行われません。ads.txt ファイルがあり、お客様のサイト運営者 ID がファイルに正しく記載されている場合は、そのリクエストに対してオークションが開かれ、配信権を獲得した広告が返されます。ads.txt ファイルがあり、お客様のサイト運営者の ID がファイルに正しく記載されていない場合は、そのリクエストに対してオークションは開かれません。

Google のシステムでは、自動チェックにより ads.txt ファイルの新規追加や更新が検出されます。ads.txt ファイルを更新または削除した場合、変更内容が Google のシステムに反映されるまでに最大 24 時間かかりますので、あらかじめご了承ください。

Google ではルートドメインの ads.txt ファイルのみがサポートされますか?2017 年 9 月の ads.txt v1.0.1 への仕様更新に伴い、サブドメインの ads.txt ファイルもサポートされるようになりますか?

Google では、2017 年中はルートドメインの ads.txt ファイルのみクロールおよび使用し、サブドメインの ads.txt ファイルは無視されます。このため、サブドメインへの広告配信を許可する販売者についても、ルートドメインの ads.txt で指定する必要があります。2018 年の初めには、サブドメインに置かれた ads.txt ファイルのクロールと使用を開始する予定です。その際には、あらためて詳細をお知らせします。

Google では 2017 年 9 月の ads.txt v1.0.1 への仕様更新に伴い、リダイレクトがサポートされるようになりますか?

ads.txt v1.0.1 への仕様更新に伴い、Google では元のルートドメイン外への単一の HTTP リダイレクトがサポートされるようになります(例: example1.com/ads.txt から example2.com/ads.txt へのリダイレクト)。

元のルートドメイン内であれば、複数のリダイレクトもサポートされます。たとえば次のようなリダイレクトは可能です。

  • example.com/ads.txt から www.example.com/ads.txt へのリダイレクト
  • example.com/ads.txt から subdomain.example.com/ads.txt へのリダイレクト
  • example.com/ads.txt から example.com/page/ads.txt へのリダイレクト
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。