コード導入ガイド

WordPress サイトに広告コードを挿入する方法

WordPress サイトに AdSense 広告コードを配置するにはいくつかの方法があります。ここでは、その一部の方法をご紹介します。

WordPress サイトを紐づける

AdSense を初めてお使いになる場合は、まず、お客様のサイトを AdSense に紐づけていただきます。そのためには、AdSense のホームページでコードをコピーし、お客様のページの HTML(<head> タグと </head> タグの間)に貼り付ける必要があります。WordPress では、次のいずれかの方法でコードを貼り付けることができます。
  • プラグインを使ってコードを挿入します。いずれかのプラグインを使うと、サイトの「ヘッダー」を変更できます。
  • WordPress のテーマ設定を使ってコードを貼り付けます。テーマファイルを直接編集しないことをおすすめします。編集したテーマが更新されると変更内容が上書きされます。
既存のプラグインやテーマの中には、コードを挿入する機能を持つものがあります。パートナー提供による追加リソースとしては次のようなものが挙げられます。
  • Genesis のテーマ(参照
  • Insert Headers and Footers のプラグイン(参照
  • Advanced Ads のプラグイン(参照
  • Ad Inserter のプラグイン(参照

サイトのヘッダーにコードを挿入できないテーマやプラグインもあるのでご注意ください。第三者の不正なテーマやプラグインについて、Google では一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

ページに広告コードを追加する前に、対象となるページが AdSense プログラム ポリシーに準拠していることをご確認ください。サイトや広告プレースメントが Google ポリシーに準拠していないと判断された場合は、広告配信や AdSense アカウントが無効になることがあります。

自動広告コードを追加する方法

自動広告とは、コンテンツを収益化するためのシンブルで革新的な方法を提供する広告フォーマットです。WordPress サイトで自動広告の設定を行うには、自動広告コードをコピーして、サイトの <head> タグと </head> タグの間に貼り付けます。自動広告コードは、お客様のサイトを AdSense に紐づけるときに追加したコードと同じタイプのものです。上の「WordPress サイトを紐づける」で紹介したいずれかの方法で貼り付けることができます。

AMP ページに広告コードを挿入する方法

Accelerated Mobile Pages(AMP)は、収益性が高く高速で美しいサイトにより、すぐれたウェブ体験を実現するオープンソースの取り組みです。詳しくは、サイト運営者様にとっての AMP の利点をご確認ください。

WordPress サイトの AMP バージョンを作成する

AMP バージョンのサイトを作成するには、AMP for WordPress プラグインをご使用になることをおすすめします。AMP for WordPress は、Google が携わったオープンソースのプラグインです。

プラグインをインストールして有効にしたら、テンプレート モードを選択します。

  • ネイティブ: サイトの AMP バージョンを 1 つ使用する場合に選択します。
  • ペア: サイトの AMP バージョンと非 AMP バージョンの両方を使用する場合に選択します。
  • クラシック: WordPress のテーマが AMP と互換性がない場合に選択します。

WordPress のテーマが AMP と互換性がある場合は、どのモードも選択できます。最初に AMP をテストする場合は、ペアを選択してください。テスト後に AMP for WordPress プラグインの設定に移動して、ペアからネイティブにいつでも切り替えられます。

AMP の一般的なサポートについては、AMP プロジェクトのサポートページをご覧ください。AMP for WordPress プラグインをご使用の際に問題がございましたら、AMP for WordPress プラグインのサポート フォーラムで AMP のサポートチームにお知らせください。

AMP ページに広告コードを挿入する

AMP サイトを作成すると、AMP ページに広告を表示できます。AMP for WordPress プラグインで選択したテンプレート モードに応じて、広告コードを挿入する方法が変わります。コーディングに慣れていない場合は、広告プラグインまたはテーマを使用して広告コードを挿入することをおすすめします。

広告コードの挿入方法 ネイティブ ペア クラシック
Advanced Ads プラグイン

(自動広告と広告ユニットの両方に対応)

正解にする 正解にする 正解にする
Ad Inserter プラグイン

(自動広告と広告ユニットの両方に対応)

正解にする 正解にする 正解にする
Insert Headers and Footers プラグイン

(自動広告のみ)

正解にする 正解にする 正解にする
Genesis テーマ

(自動広告のみ)

正解にする 正解にする 不正解にする
: これらのプラグインで問題が発生した場合は、それぞれのサポート フォーラムにお問い合わせください。

広告ユニットコードを追加する方法

お客様の AdSense アカウントに必要な広告ユニットを作成したうえで、以下の説明に従って広告コードを追加してください。

プラグイン

コーディングに詳しくないお客様がサイトの特定のプレースメントに広告を配置する場合は、広告プラグインを使用すると便利です。WordPress のプラグイン ディレクトリで必要なプラグインを入手できます。

広告プラグインには、コードの記述や編集を行わずに広告を配置できるオプション機能を備えたものもあります。

プラグインを選択するときは、次の点に注意してください。

  • テーマに合ったプラグインを選択してください。

  • 用意されている機能はプラグインによって異なります。いくつかのプラグインを試して、お客様のサイトに最適なプラグインを見つけてください。

  • Google は、Google 以外が提供するプラグインの動作について一切責任を負いません。

現在のところ、一部の広告フォーマット(ページ単位の広告やネイティブ広告など)はプラグインを使用して実装できない場合があります。プラグインについてご不明な点がありましたら、お使いのプラグインのデベロッパーへ直接お問い合わせください。
WordPress のテーマ
テーマを使用すると、サイト上での広告ユニットの配置を容易に管理できます。AdSense 向けに最適化された WordPress のテーマを選択してください。AdSense 向けのテーマでは、ページに広告コードを挿入したり、WordPress サイトの要素を掲載したりするためのスペースと位置があらかじめ設定されています。
ただし、スペースと位置がすでに決められているため、広告ユニットを好きな場所に配置できない可能性がある点にご注意ください。また、これらのテーマは、お客様のコンテンツに最適なレイアウトをサポートしているとは限りません。
テーマとその使用方法について詳しくは、WordPress.org の公式サイトをご覧ください。
一部のテーマには「広告セクション」が用意されています。使用するテーマに広告セクションがない場合は、テキスト ウィジェットを使用して広告ユニットを追加する方法をおすすめします。
現在のところ、一部の広告フォーマット(ページ単位の広告やネイティブ広告など)はテーマを使用して実装できない場合があります。
テキスト ウィジェット
テキスト ウィジェットも、WordPress サイトに広告ユニットを追加する際に役立ちます。テキスト ウィジェットを使用すると、サイトのテーマで設定されているスペースや位置に広告ユニットを簡単に挿入できます。
テキスト ウィジェットとその使用方法について詳しくは、WordPress.org の公式サイトをご覧ください。
現在のところ、一部の広告フォーマット(ページ単位の広告やネイティブ広告など)はテキスト ウィジェットを使用して実装できない場合があります。

 

ご不明な点がある場合

コミュニティに質問

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。