記事内広告を作成する

記事内広告を作成するには:

  1. AdSense アカウントにログインします。
  2. [広告] をクリックします。
  3. [広告ユニット] をクリックします。
  4. [+ 新しい広告ユニット] をクリックします。
  5. [記事内広告] をクリックします。
  6. 記事内広告ユニットに名前を付けます。
    掲載結果をトラッキングする際に便利なよう、記事内広告ユニットの名前の前に「ネイティブ」などの接頭辞を付けることをおすすめします。
  7. コンテンツに合わせて広告のスタイルを設定します。詳しくは、記事内広告の設定をご覧ください。
  8. プレビュー領域でコンテナの幅を変更してみて、さまざまな画面サイズで広告がどのように表示されるかを確認します。幅を変更するには、ドラッグ ハンドルを使用します。

    なお、記事内広告はデフォルトでレスポンシブ形式です。

  9. [保存してコードを取得] をクリックします。
  10. 記事内広告のコードをコピーして、該当ページの HTML ソース内に貼り付けます。

    おすすめの配置は、記事の冒頭から 2 段落下の位置です。

重要: 同じページに複数の記事内広告を配置する場合は、なるべく記事閲覧の妨げとならないよう、広告と広告の間に十分なコンテンツが表示されるようにしてください。
ページにこの広告のフォーマットを自動的に表示する場合
自動広告でこのフォーマットを有効にすることができます。自動広告では、機械学習を使って効率よく収益化できるよう最適な広告掲載場所が決定されるため、時間を節約できます。

記事内レスポンシブ広告のサイズ

記事内広告はレスポンシブ広告であり、ユーザーが使っているデバイスに応じてサイズが自動的に調整されます。縦表示のモバイル端末では、記事内広告は画面サイズの横幅いっぱいに表示されます。モバイル端末でその他の表示方法を使用している場合やパソコンの場合、記事内広告の横幅は常に、親コンテナ(<div><iframe> など)の幅と等しくなります(記事内広告の最小幅は 250 ピクセルです)。記事内広告の高さは、AdSense で自動的に調整されます。

記事内広告ユニットの掲載結果のトラッキング

広告ユニット レポートを表示すると、記事内広告ユニットの掲載結果をトラッキングできます。手順は次のとおりです。

  1. [レポート] ページにアクセスします。
  2. 広告ユニット レポートを開きます。
  3. 記事内広告ユニットを選択します。
  4. [フィルタ] をクリックします。

    これで、記事内広告ユニットの掲載結果データを表示できるようになります。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。