サイトの広告掲載率を最適化する

成果の高い広告に絞り込んで配信

収益の維持・拡大とユーザー エクスペリエンス向上を両立し続けるのは、簡単なことではありません。広告掲載率の調整機能を利用すれば、ユーザーに表示する広告、特に収益性の低い広告の掲載数を、推定される収益への影響を確認しながら減らすことができます。

広告掲載による収益の多くは、実際には比較的少数の広告インプレッションから生じていることが一般的です。特に収益性が高い広告だけに絞って表示することで、収益への影響を最小限に抑えつつ、サイトのユーザー エクスペリエンスを向上させることができます。


サイトでの広告掲載数を、掲載可能な総数の 70% まで絞りたい場合、[広告掲載率] ページのスライダーを動かして、広告掲載率を 70% に設定します。広告掲載率とは、サイトからご提供いただいた広告ユニットに対して、実際に広告が配信される頻度のことです。広告掲載率を 70% に設定した場合、広告ユニットに広告が供給される頻度が、全体の 70% 以内まで絞られます(その際、収益性の高い広告から優先的に表示されます)。[見積もり収益] 欄には、(過去の収益データに基づいて)その設定で収益にどのような影響が出るかが表示されます。
広告掲載率の変更による収益への影響は、サイトのトラフィックを分析して予測しています。このため、サイトのトラフィックが少ない場合は、収益の変化予測が長期的な収益の動向と正確に一致しない可能性があります。たとえば、サイトで週に通常 100 件程度の広告リクエストが発生していて、そのうち 1 件だけが収益性の高い広告表示につながっているとします。収益の大部分が 1 つの広告から発生しているため、収益の予測はこの傾向を大きく反映したものになります。その後トラフィックが増えるにつれて、このような収益性の高い広告がデータに与える影響は少なくなり、収益の予測精度が高まります。

広告掲載率の設定方法

広告掲載率の設定手順は次のとおりです。

  1. AdSense アカウントにログインします。
  2. まだオプトインしていない場合は、新しい AdSense 管理画面にオプトインします。
  3. 左側のナビゲーション パネルで [広告の設定] をクリックします。
  4. [広告掲載率] をクリックします。
  5. [広告掲載率] ページで、スライダーを使って広告の掲載数を調整します。調整によって生じる収益への影響も、同時に確認することができます。
  6. [適用] をクリックします。

    これにより、指定された新しい広告掲載率に基づいて、収益性の高い広告から優先的に配信されるようになります。

サイト向けに設定した広告掲載率が適切かどうかわからない場合

現在の広告掲載率と別の広告掲載率で、テストを実施することをおすすめします。テストを実施するには、[広告掲載率] ページで [テストを設定] をクリックします。

テストが終了してから数日間は、広告掲載率ツールの収益予測の精度に影響が出る可能性があります。

最も収益性の高い広告と低い広告を見極める際は、次の要素をバランスよく考慮してください。

  • 入札方法(クリック単価制、インプレッション単価制など)
  • 広告ユニット(リンクユニットや関連コンテンツ ユニットなど、一部の特殊なケースを除く)

広告掲載率についてのよくある質問

広告が配信されなかった場合、広告ユニットはどのように表示されますか?

表示形式は、広告ユニットに配信できる Google 広告がない場合にお客様が指定した処理に応じて異なります。たとえば、デフォルトの設定を使用する場合は広告ユニットが折りたたまれますが、それができない場合は空白スペースが表示されます。

広告掲載率は自動広告にも影響しますか?

はい。広告掲載率は、お客様のアカウントを通じて配信されるすべての広告(自動広告広告ユニットなど)に適用されます。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。